病院の受診とED治療方法について

勃起不全症(ED)は文字通り何らかの原因によって正常に勃起が起こらなくなった状態をいいます。その原因には様々なものがあり、生活習慣病による動脈硬化の進行、心理的要因、神経障害などが代表的なものとして挙げられます。このED治療は近年病院での治療が主流となってきています。それはなぜかというと、非常に効果的なED治療薬が日本においても処方箋医薬品として病院で処方されるようになったためです。日本においてはバイアグラ(シルデナフィル)が最初に区政労働省の承認を受け、発売されました。バイアグラに続いて、レビトラ(バルデナフィル)とシアリス(タダラフィル)も発売され、現在日本では3種類のED治療薬が臨床応用されています。
病院を受診して主に行われる治療法はこれらED治療薬を用いた薬物療法です。心因性のEDの場合にはカウンセリングも行われることがあります。生活習慣病が原因の場合にはそちらの治療も行われます。しかし主流となるのはバイアグラ、レビトラ、シアリスによる治療です。これらの治療薬はいずれも同じ作用機序を有しています。血管平滑筋弛緩に寄与するサイクリックGMPを分解する酵素のホスホジエステラーゼVの働きを阻害することによって血管平滑筋が弛緩し血管が拡張します。これによって陰茎海綿体へ流れ込む血液量が多くなり、勃起を引き起こしやすくなるのです。
ただこの種の薬には併用薬との飲み合わせが問題となるケースがあります。狭心症治療薬、不整脈治療薬、高血圧治療薬などを使用中の方は飲むことができない場合もあるので注意が必要です。個人輸入でED治療薬を安価に輸入することも盛んに行われていますが、併用薬のある方にとっては、飲み合わせのチェックをしてもらえることが病院を受診する利点とも言えるでしょう。
↓どのED治療薬がいいかわからなかったらコチラで確認
ED治療薬の選び方
↓服用しやすいバリフの購入はコチラから
バリフは食事やアルコールの影響を受けにくい
↓ED治療薬は通販がお得!
レビトラを通販するなら