糖尿病性EDの速攻治療について

糖尿病とは血液の糖分濃度が高いままになってしまう病気になります。
そしてEDと深く関係することのある病気とされています。

糖尿病とEDが同時に発症している人は多く、糖尿の男性患者の約4割はEDの症状があるという自覚があります。
勃起をスムーズに行うためには脳はもちろん海綿体や神経、血流など様々な臓器がちゃんと機能しなければなりません。
糖尿病は性的な刺激を脳から陰茎に伝える神経回路に障害をおこし勃起が阻害され、体内の血管に動脈硬化をおこします。
内腸骨から陰茎に至る動脈に動脈硬化がおこると、勃起力はかなり落ち込みます。
性器のところにある海綿体の毛細血管は特に細い動脈のため一番動脈硬化をおこしやすい動脈です。
そう考えるとEDは動脈硬化が進行している兆候である可能性があります。

糖尿病性のEDなのかは血液検査によって診断します。
血液中のヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値で血糖値がコントロールできているかがわかります。
血液中のヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値と併せて糖尿病を発症してからどのぐらいの期間が経過しているかや、動脈硬化の進み具合を診断します。
糖尿病とEDは合併する割合がとても高いですので中折れをしてしまったり勃起が不十分であったりという自覚があるときには合併症の診断をお勧めします。

糖尿病性EDの人は血液中のヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値や他の病気で服用しているお薬などを確認します。
その上で速攻の効果が期待できるED治療薬を服用を開始し、効き目の速攻具合なども経過をみていきます。
糖尿病を併発している人でもバイアグラなどの服用は速攻の効果が認められていて実際にたくさんの治療できたという実績があります。