おすすめアプリ

おすすめアプリ「Feedly(フィードリー)」をご紹介!情報収集には欠かせない神アプリ!

インターネットには膨大な情報が流れています。

今の時代は知りたいことがあっても、手元にあるスマホ一台で完結しますよね。

ただ、あまりにも膨大すぎて情報収集が追いつかない、知りたい情報も見逃してしまう。そのような人たちのために僕が普段から愛用している神アプリを紹介しようと思う。

その名も「Feedly(フィードリー)」

Feedlyとは?

Feedlyは、登録したサイトやブログを効率良く情報収集することのできるRSSアプリ。パソコンやスマホで共有のアカウントを使っておけばデバイス問わず、いつでもどこでも利用することのできる優れたRSSリーダー。

自分が良く見ている好きなサイトやブログを登録しておけば、このアプリひとつで一括管理してくれます。GoogleChromeやSafariでブックマークしていても、それをひとつずつアクセスして、更新していないか確認するのもめんどくさいですよね。

このアプリでは、更新された記事が上から表示され、「あとで読む」や「お気に入り」などの機能もあるので、リアルタイムで確認することができなくても、あとで読めるようにできます。記事の見逃しを防げますね。

Feedlyの始め方

それでは、Feedlyの始め方をご紹介していきます。ほんまに便利なのに、始め方も超楽ですよ。

まずは、Feedlyにアクセスしてください。

ログイン方法は多岐に渡り、Feedlyでアカウント作成しても、いいし、FacebookやTwitter、Googleと連動してログインすることも可能。

正直、Feedlyに興味をもっている方はGoogle,Facebook,Twitterアカウントのどれかひとつは間違いなく持っていますよね。。w

どれでログインしても問題ないので、アカウント持っているアプリを選択して、ログインをしてください。

ログインすると、トップページに遷移されます。ここで好きなサイトやブログを登録していきます。

真ん中に検索欄があるので、ここに登録したいサイトのURLを入力してください。また、その下に#ハッシュタグで興味のあるサイトを探すこともできます。例えば、#Techだとギズモードや、アスキーなどのガジェット系サイトが候補として上がってきます。

僕は最近もっぱら仮想通貨関連の記事ばかり読んでいるので、日々欠かさずアクセスしている「Coinpost」を登録します。

すると、候補でしっかりでてきました。

Coinpostをクリックすると以下のように画面になりますので、フォローをしてください。また、Coinpostを読む人が興味を持ちそうな類似サイトも候補としてかなり出てくるので、拘りなく多くの情報が欲しい人は片っ端からフォローするのもいいですね。

少なくともCoinpostを読んでいる他の人が登録しているとFeedly側で判別してくれているので、そう外してはいないと思います。

ちなみに、キーワードで登録したい場合は「Keyword alerts」のタブから検索することもできます。

「FOLLOW」をクリックされましたら、次はカテゴリを作成です。

Feedlyはカテゴリごとにサイトを管理するため、カテゴリを作成するため「NEW FEED」を押してください。

やはり、こちらもありがたいことに候補ですでに仮想通貨関連のカテゴリがありますね。どれでもいいので、僕はカッコつけて「Cryptocurrency」を選択しておきますw

カテゴリを作ると、フォロー完了です。

他のサイトもこの手順で登録をしまくります。

僕は仮想通貨以外に、広告代理店で働いているため、広告関連のブログも登録しています。

なので、このようなカテゴリに分けています。記事が更新されたら新着順に表示されているので、非常に便利です。

表示方法も複数選べる

やっぱり自分の好きなサイトを読むなら、自分の好きな表示スタイルで管理したいですよね。(僕だけか?)

Feedlyでは、表示方法が4つあります。自分で一つずつ選択していくほうが一番しっくりする方法だと思いますが、一応紹介しておきます。

Title-Only View

こちらはタイトルだけの表示ですね。ちょっと見づらいですね。

Magazine View

僕はこちらにしています。画像とタイトルを表示するマガジン風スタイルです。

こちらが視覚的に一番気持ちいいような気がします。(理由が雑)

Cards View

まぁ、これでもいいですねwスマホでは変わりますが、PCだとマガジンビューとあまり変わらないです。

Article View

こちらは一番おすすめできませんね。最初から記事がきてしまうので、どのような記事が上がっているのか確認することができません。ただ、一方で、どの記事も欠かさずに確認したいんだ!!って方にはおすすめです。そういう気持ちも非常に素敵ですよね。

僕も根気強さがあれば全ての記事を読みたいです。

登録したサイトの削除、移動、リネームも簡単できる

もしサイトを登録しまくって、不要に感じたらすぐに削除することができます。

Feedlyのトップ画面の左側にある歯車をクリックしてください。

すると登録しているサイト一覧が出てくるので、サイトにチェックすると、リネーム、カテゴリの移動、フォロー外しができます。

Feedlyはアプリもある

Feedlyは当然ios、Androidどちらにも対応しているので、アプリで始めたい方は以下からインストールどうぞ。

 Feedly - Smart News Reader

Feedly – Smart News Reader
開発元:DevHD
無料
posted withアプリーチ

僕は仕事中や、家にいるときはパソコンで見ていますが、外出しているときや、寝る間にパソコンを開くのが面倒なときはスマホから見ているようにしています。

正直情報収集で記事を読むだけならパソコンでもスマホでも変わりませんしね。どちらでログインしてもデータは連動されているので、便利です。

さいごに

今回はFeedlyの紹介でした。

今はスマートニュースやグノシーなどのキュレーションアプリが非常に流行っていて情報収集も便利な時代になりました。スマートニュースなどのキュレーションでは、一般的なニュースや時事を、RSSリーダーでは自分の好きなサイトやブログだけを集めて情報収集するように、うまく使い分けることで効率的に情報収集ができそうですね。

僕も今までTwitterで情報収集を行なっていましたが、Feedlyにすることで、情報収集の抜け漏れもなくなり、すごく捗っています。ぜひ、使って見てください。では。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で