仮想通貨

仮想通貨を始めるのは今からでも遅くない!0→1へステップアップする方法を伝授

2017年12月から翌年1月にかけて仮想通貨バブルで世間が大賑わいになったことは今や昔の話。

1月中旬に日本最大手の取引所「Coincheck」がハッキングに遭い、それと同タイミングでバブル崩壊。そこから長い長い冬の時代が到来しました。

バブル期に仮想通貨の存在を知り、「始めたいな、でももう遅いよな」と思って未だに触れていない人も一定数いるかと思います。

そんなみなさんに一言だけ言っておきます。

絶対今すぐ始めよう!仮想通貨は最高の投資(金稼ぎ)だよ!

ということで、今回は仮想通貨投資をやってみたいけど、始め方もわからないし、始めても実際に稼げるかわからないよ、って方に向けて記事を書かせていただきます。

仮想通貨ってどういうもの?

仮想通貨ってどういうもの?

”仮想通貨”や”ビットコイン”という単語は聞いたことがあるけど、仮想通貨やビットコインって一体どういうものなの?という方が大半だと思います。

なので1から説明していきますが、仮想通貨とは2009年に最初に発行された「ブロックチェーンを基軸に作られたデジタル通貨」です。

ブロックチェーンという高度な技術を用いたデジタルのお金と捉えてください。最近では、通貨ではなく資産として表現されたりもしていますが、デジタルの空間で取引されるゴールド(金)のようなものです。

プチあどまん
プチあどまん
デジタルのお金ということはわかったけど、そのブロックチェーンってやつは一体どういう役割を果たしているの?

仮想通貨の主な特徴を簡単にまとめました。

  • データの改ざんや複製ができない
  • 海外送金や決済を安い手数料で行うことができる
  • 資産運用(投資)ができる

それでは、これら3つの特徴を一つずつ見ていきましょう。

データの改ざんや複製ができない

仮想通貨を支えているブロックチェーンは、データの改ざんや複製ができないことが特徴です。

ブロックにデータが保存され、それが特殊な形で繋がっています。それをブロックチェーンというのですが、この仕組みが過去の事実を改ざんできないようにしています。

また、このデータは一つのパソコンや、データベースに管理されているのではなく、世界各国のパソコンで分散して管理しているため、一つのパソコンがハッキングに遭ったとしても、ブロックチェーンに保存されている記録を変えることはできません。

海外送金や決済を安い手数料で行える

もう一つの特徴としては、送金が手軽に行えるところです。

具体例を出すと、海外送金などの手数料が非常に安いです。普段使っている円やユーロを送金する場合、送金する先の通貨に換金する必要があるため、手数料が5,000円くらいかかってしまいます。個人による少額の場合の送金コストを考えると、非常に高いですよね。

また、国内の銀行間(他行宛て)での手数料は270~432円ほどかかってしまいます。

仮想通貨を利用することで、安い手数料で海外に通貨を送金することが可能になります。

一番分かりやすい具体例を出すと、出稼ぎ労働者が祖国の家族に送金することが大きな問題となっています。そのような人たちも仮想通貨を使うことによって”迅速に””安く”送金することができるようになります。

また、発展途上国と先進国との間の送金コストが低下することによって、先進国からのアウトソーシングにも使うことができるため、国際的な観点で考えても仮想通貨が実用化されると便利になります。

あどまん
あどまん
日本で過ごしていると、あまり仮想通貨の必要性を感じることができませんが、他国に目線を移してみると色々分かりますね。

仮想通貨で資産運用ができる

上記の特徴があることで、仮想通貨の資産価値が高まり、投資対象として注目を浴びるようになりました。

現状、日本では仮想通貨を決済の手段として使える環境がまだ整っていないですし、そもそも日本だとあまり必要に迫られていないので、基本的には投資対象として使われています。

ビットコインと仮想通貨って違うの?

「ビットコイン=仮想通貨」と認識している人が多いです。

もちろん間違ってはいませんが、誤解をしています。

ビットコインは仮想通貨というカテゴリの中に包括されています。

イメージとしては以下の図のような感じです。

仮想通貨>ビットコインということです。

現在、この世に出回っている仮想通貨は約2,000種類あり、毎月新しいプロジェクトが出ては消え、出ては消えを繰り返して日々成長していっています。

ちなみに、ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼んでいて、10倍はよくある話として、100倍以上価格が高騰した通貨もあり、夢があります。

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、

  • ETH(イーサリアム)
  • NEM(ネム)
  • XRP(リップル)

これらビットコイン以外の通貨を”アルトコイン”と呼びます。

仮想通貨投資はなにから始めたらいいの?

仮想通貨投資の始め方は本当に簡単なのでさっそくですが、始めてみましょう。

基本的な流れとしては以下です。

仮想通貨の流れ

①仮想通貨取引所の口座開設
②日本円を仮想通貨取引所に入金
③取引所で通貨を買う。
④価格が上がったら売る。

これが仮想通貨投資を行うための基本的な流れです。

まずはこれだけ登録しよう!「bitbank(ビットバンク)」

bitbank

それでは投資を行うためのスタートラインとして仮想通貨取引所の口座開設を行いましょう。

bitbank(ビットバンク)では、他の国内取引所と比較しても、ビットコインやリップルを安く購入することができるので非常にオススメです。

bitbankの口座登録は
こちらから

bitbankは取引画面が非常に使いやすい

bitbankは取引画面が非常に使いやすいです。

こちらはパソコンでの取引画面ですが、左側にチャートがあって、右側で通貨の取引ができます。

こちらはスマホ画面です。スマホで手軽に取引できるのは非常にありがたいです。

bitbankの登録方法

bitbank公式サイトへログインしてください。

メールアドレスを入力するところがあるので、アドレスを入力して「新規登録」をクリックしてください。

bitbankからメールが届くので、そこに記載されているURLをクリックしてください。
すると、好きなパスワードを入力し、利用規約にチェックを入れて登録完了です。

基本情報の登録

続いて、「基本情報の登録」を行います。

赤で囲っている必要事項を一つずつ入力していってください。
登録名と日本円を入金する銀行口座は同じ名前でお願いしますね。

必要事項を記入できたら次へ進んでください。

続いて、取引の目的と職業を回答をしてください。ここはbitbank側のアンケート調査なので、何を選択しても影響はありません。ただ、一番下は「外国の重要な公的地位にある者に該当しません。」を選択してください。

「確認」をクリックすると基本情報の登録が完了です。

本人確認のアップロード

やっとここまできました。最後は本人確認をして終わりです。

顔写真付きの身分証明書が必要なので、おそらく運転免許証かパスポートで確認すると思います。

裏表の写真を撮って、アップロードしたら口座登録完了です。

僕は2営業日くらいで審査結果が来たので、遅くても1週間以内には確実に審査が完了するかと思います。

bitbankの口座登録は
こちらから

2段階認証をお忘れなく

仮想通貨では2段階認証という設定を必ず行っています。

2段階認証というのは、普通のログインの後にもう一度パスワードを入力して行う設定のことですが、ハッキングリスクなどが高い仮想通貨では必ず設定しておきましょう。

まず、ログインしたら「セキュリティ」から「二段階認証」の設定をクリックしてください。

すると、以下のような画面になるので、もし「GoogleAuthenticator」をインストールしていなければしてください。すでにインストールしている方はQRコードをスキャンし、アプリに表示された数字を入力して設定完了です。

正直ログインのたびに2段階認証を求められるのでめんどくさいです。ただ、この設定をしておけばセキュリティに関してはほぼ心配する必要がなくなるので、必ず設定しましょう!

「bitbank(ビットバンク)」はスマホアプリも充実

bitbank(ビットバンク)はアプリも非常に使いやすいので、ぜひインストールしておきましょう。

今から仮想通貨投資を始めても、もう遅くない?

今から仮想通貨を始めても、遅くない?今更じゃない?と思っている方は多いと思います。

ユーザー数から見ていきましょう

ビットコインのユーザー数や利用状況はいくつ?|国内・海外の記事に書かれていたのですが日本の取引所に登録しているユーザーは約200万人、半分がアクティブユーザーだと仮定した場合100万人です。

日本の人口は1.27億人なのでもし100万人だった場合、1%未満となります。

1月半ばから現在にかけて大暴落してしまい、ユーザーはさらに離れていったので、もっと少なくなったのではないかと考えられます。

そして、マーケティングでよく出てくる「イノベーター理論」を見てみましょう。

(引用:https://bizamurai.com/4472)

⒈イノベーター(Innovators:革新者):
冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人。市場全体の2.5%。
⒉アーリーアダプター(Early Adopters:初期採用者):
流行に敏感で、情報収集を自ら行い、判断する人。他の消費層への影響力が大きく、オピニオンリーダーとも呼ばれる。市場全体の13.5%。
⒊アーリーマジョリティ(Early Majority:前期追随者):
比較的慎重派な人。平均より早くに新しいものを取り入れる。ブリッジピープルとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
⒋レイトマジョリティ(Late Majority:後期追随者):
比較的懐疑的な人。周囲の大多数が試している場面を見てから同じ選択をする。フォロワーズとも呼ばれる。市場全体の34.0%。
⒌ラガード(Laggards:遅滞者):
最も保守的な人。流行や世の中の動きに関心が薄い。イノベーションが伝統になるまで採用しない。伝統主義者とも訳される。市場全体の16.0%。

このイノベーター理論を踏まえると、僕たちはまだまだイノベーターです。

有名企業らと比較して時価総額の視点で考えてみよう

続いては仮想通貨全体の時価総額の視点で考えていきます。

2018年10月時点での仮想通貨全体の時価総額は約2000億ドルです。

と言われても、高いのか低いのか想像できないと思うので、他の企業や資産価値のあるものと比較していました。

どうでしょうか。これらと比較して考えてみても、まだ仮想通貨全体の時価総額はP&Gとほぼ同等のものです。

仮想通貨は上記でも説明したように、ビットコインだけでなく、あらゆる企業がブロックチェーン事業に取り組み、現在では約2,000以上にも渡る通貨がこの世に生まれています。

もちろん、その大半は価値のないものかもしれませんが、その2,000通貨全てを合算して、ようやくP&Gに並ぶことができています。

そして、なんと株式市場の1%未満です。

「インターネット以来の発明」と言われている仮想通貨市場がこの程度の時価総額で終わることは考えれません。ゴールド(金)に取って代わる資産価値にもなり得ますし、国の発行している法定通貨の代わりとなり、決済の主流になる可能性も秘めています。

このインターネット以来の大革命がこのまま留まることを想像する方が難しく、むしろスタートラインから飛び出したばかりだと思っています。

さいごに

仮想通貨を始めるのはとても簡単で、すぐにできます。

まだまだ仮想通貨で稼げるチャンスは眠っているので、ぜひ始めたいなと思っている人は仮想通貨投資をやってみてください。きっとハマるはずですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で