ブログを始めて最初にするべきことは、検索エンジンにブログを出すために「Google Search Console」の登録をすることですね。

これは誰もがマストで行うことだと思うのですが、Bingへの対策は疎かにしがちです。

特にブログを始めたばかりの方は一人でも多くのユーザーにアクセスをしてもらうためにも、Bingウェブマスターツールも導入しておきましょう。

今回はそんなBingウェブマスターツールの登録方法をご紹介します。

Bingウェブマスターツールが必要な理由

Bingの検索エンジン対策をしたほうが良い理由を説明していきます。

普段スマホやPCで検索するときGoogleやYahoo!を利用している人が多いと思います。

主要40カ国の検索エンジンシェア調査。Googleがシェアトップでないのは中国・ロシアのみによると、日本のPCユーザーの約8%がbingを利用しているようです。

僕も普段Googleで検索していますが、会社のPCでIEを開くとデフォルトでbingが入っていたりします。

過半数のユーザーはGoogleを利用していますが、Bingユーザーの流入も確保することができればアクセスアップを狙えますね。

特に初心者の方は積極的にこの少ない層を狙っていきましょう。

Bingウェブマスターツールの登録方法

Bingウェブマスターツールを登録する

ではBingウェブマスターツールの登録方法を説明していきます。

まずはBingウェブマスターツールにいってアカウント登録をします。

以下のサイトに遷移しましたら「サインイン」をクリックしてください。

 

Bing Web マスター ツールに登録する

 

MicrosoftかGoogleかFacebookのアカウントがあればすぐにアカウントを作ることができますので、好きなものを選択してください。

僕はGoogleとFacebookに登録していたので、Googleで登録します。

登録できたら、Bing webマスターのトップ画面に入り、赤枠で囲っている所に自分のブログのURLを入力して「追加」ボタンをクリックしましょう。

 

サイトマップの登録をする。

続いては、サイトマップの登録に移ります。

 

「URL」には先ほど登録した「https://~」を入力し、「サイトマップの追加」には「https://●●●.com/sitemap.xml」を入力しましょう。

その他の項目も入力できましたら「追加」してください。

ブログの所有権を確認する

次に所有権の確認をしていきます。

この作業が完了すると、Bing webマスターで自分のサイトのデータが登録されることになります。

 

赤枠の中に入っているコードをすべてコピーしてください。

続いて、ダッシュボードの外観から「テーマの編集」をクリックしましょう

 

テーマの編集画面になったら、テーマヘッダー(header.php)をクリックしてください。

 

headerを選択しましたら</head>を見つけて、</head>の一つ上の所に先ほどbingでコピーした認証コードを貼り付けてください。

その後「ファイルを更新」を押してください。

設定することができましたら、Bingマスターツールのページに戻ります。

「確認」を押して、サイトURLが反映されていればOKです。

これで初期設定は全て完了になります。

ここで登録さえしていれば、あとは勝手にbingにブログが登録されるので、非常に便利です。

まだ、登録をしていない方はぜひ登録しておきましょう!

WordPressオススメプラグイン「pubsubhubbub」をご紹介!更新した記事を早くインデックスしてもらおう

WordPressブログのコピー対策をしておこう!プラグイン「WP-CopyProtect」を紹介

初心者にオススメの海外FX業者

海外FX業者で日本人の口座開設者数No1!
口座開設するだけで3,000円の証拠金が貰えるだけでなく+100%の入金ボーナスキャンペーンも実施中。
日本語にも対応しており、FX初心者にも利用しやすいおすすめ業者!

 

Anzo Capital 特徴 メリット

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

おすすめの記事