ガジェット

Macbookの画面がつかないときの4つの対処法!真っ暗で起動しない方はぜひ!

「よっしゃ!ブログ書くぞ!」と意気揚々とMacを起動すると、

画面が真っ暗のまま
電源ボタン押しても反応なし

あどまん
あどまん
おいおい、嘘やろ…?勘弁してくれよ(汗)

壊れてしまえば新調すれば良いだけの話 。

と言えるのは、お金に余裕のある人だけ。パソコンは決して安くない買い物です。

できれば修理に出さずに、今すぐ直ってほしいと思って色々試してみると案外すぐに修復できたので、僕と同じ状況になったあなたに解決方法をご紹介します。

この方法はMacbookやMacbook Pro、Macbook Airに使えますが、Windowsなどではできないのでご注意ください。

Macが起動しないときに試す対処法

Macが起動しないときの対処法

Macが起動しない(画面が真っ暗のまま)場合の対処法は4種類あります。

それぞれ解説していきますので、試してみてください。

  • 電源をつないでみる
  • NVRAM(PRAM)のリセット
  • MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセット
  • Appleのジーニアスバーを利用する

ただシンプルに電源アダプターをつないでみる

まずはとりあえず、電源アダプターを繋いでみましょう。

僕もMacを起動させようとした時に、何回か真っ暗のままだったことがあるんですけど、電源アダプターを繋いで電源ボタンを押すと意外に起動します。

ただ、充電が切れている可能性があります笑

あと、充電が切れている以外にも、電源アダプターを繋いで電源ボタンを押すとなぜか起動するらしいです。(友達の体験談)

なので、もし起動しなかったら電源アダプターを繋いでみましょう。

NVRAM(PRAM)のリセット

続いては、NVRAMのリセットです。

手順としては以下となっています。

SMCリセットの手順

①システム終了するまで電源ボタンを押す。

②電源を入れ、すぐに「optioncommandPR」の4つを同時押し、15秒ほど押し続ける
③「じゃーん」というMacの起動音が鳴るので「optioncommandPR」を抑えながら、電源ボタンを離す。

④もう一度「じゃーん」鳴ったら再起動完了

これで修復する人が多いようです。

▶︎Apple公式サイト(MacでNVRAMまたはPRAMをリセットする)を参考にする。

MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセット

上記のNVRAM(PRAM)リセットで起動しない場合はSMCリセットを試しましょう。

電源ボタンを押しても起動しない、電源アダプターを繋いで電源を押しても起動しない、NVRAMリセットも反応しない場合などはSMCのリセットが必要です。

SMCリセットの手順

①システム終了するまで電源ボタンを押す。

②「command + option + shift」を同時に押しながら「電源ボタン」を押す。

③押しているボタンを全て同時に離す。

④電源ボタンを押してMacを再起動。

あどまん
あどまん
僕はこれで起動しました!いや〜ほんとによかったです。直らなかったら絶&望の極みでしたね。

世の中にはこれでも起動しない方もいると思うので、もしそうなった場合は次の対処法に移りましょう。

▶︎Apple公式サイト(MacでSMCをリセットする)を参考にする。

Appleのジーニアスバーを利用する

上記の方法を試しても起動しない場合は、自分で対処することは諦めましょう。必要以上にいじってしまうと取り返しのつかない故障をする可能性もありますし、修理に出しても余計に費用がかかってしまう恐れもあります。

なので、近くのAppleのジーニアスバーを予約しましょう。

あどまん
あどまん
ジーニアスバーとはAppleの修理屋さんが直してくれる所です。ここに行けば大抵のことは解決してくれますよ。

▶︎関連記事:Apple公式サイトでジーニアスバーの予約

Appleストアが近くにない場合

地方などでは、Appleの直営店がない地域もあります。

そういうときは、正規サービスプロバイダ店や非正規ショップなりApple修理屋に依頼しなければならないです。

ただし、Apple公式サイト(ジーニアスバー)ではオンラインでジーニアスバーの問い合わせができますので、こちらで一度連絡をとってみはいかがでしょうか。
こちらでは、正規サービスプロバイダのショップがどこにあるのか調べることができます。

もしもの場合に備えて

もし急遽なにか対応しようとした際に動かなくなったら困るので、そういう時に備えてサブ機が必要だなと思いました。

とはいえ、サブ機を持つほどではないと思う人も多いと思うので、パソコンではなく、タブレットをサブ機として持っておくことをオススメします。

最近のタブレットはよっぽどのことじゃない限り、PCと同じことができるので、至急対応に迫られたとしても応急処置として重宝します。

僕も一台タブレットは持つようにしています。キーボードと組み合わせたら非常に便利なので、まだ持っていない方はぜひ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で