wordpress

【必須プラグイン】Ps AutoSitemapでサイトマップを自動生成!設定方法をご紹介

ブログの記事が増えると、過去にどのような記事があったのか見つけることに苦労します。

そしてアクセスしてきてくれたユーザーに過去の記事を見せたくてもなかなかそのような機会がありません。

そんな時に役立つのが自動で目次ページを生成してくれるプラグインが「PS Auto Sitemap」です。

そんな「PS Auto Sitemap」の設定方法をご紹介していきます。

WordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」とは

PS Auto Sitemapとは公開している記事を目次形式で自動で生成してくれるプラグインツールです。

このような感じで、一つのページに記事を並べてくれるので、訪問者が記事を探す時に非常に役に立ちます。

それでは、早速ですがこの「PS Auto Sitemap」の設定方法を説明していきます。

Ps Auto Sitemapのインストール・設定方法

Ps Auto Sitemapのインストールをする

まずはWordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」画面に進みましょう。

「Ps Auto Sitemap」で検索すると、一番はじめに出てくるので、「今すぐダウンドード」→「有効」で設定完了です。


Ps Auto Sitemapの設定を行う

そして次はダッシュボードの『設定』にある、「Ps Auto Sitemap」をクリックしてください。

各項目ごとに説明をしていきます。

  • ホームページの出力:ブログタイトルのテキストリンクを生成するか
  • 投稿リストの出力:投稿ページのテキストリンクを生成するか
  • 固定ページリストの出力:固定ページのテキストリンクを生成するか

こちらはこだわりがないのであれば、チェックで問題ないです。

次々行きましょう。

こちらの項目は、

  • サイトマップを表示する記事:サイトマップを表示するのに必要なID
  • 出力階層制限:記事カテゴリーを何階層まで表示するのか
  • 先に出力するリスト:投稿ページ、固定ページ、のサイトマップを先に表示するか
  • カテゴリーと投稿の表示:同マップ内で表示をするか、投稿を分割で表示するか

となります。

こちらも画像の通り設定していただければ大丈夫です。

設定が終わったら次に進みましょう。

こちらは、

  • 除外カテゴリ&除外記事:サイトマップに載せたくない記事やカテゴリを設定
  • スタイルの変更:サイトマップのデザインを変更できる
  • キャッシュの使用:キャッシュを使用するかどうか

以上となります。

全ての設定が終わったら必ず『変更を保存』をクリックして保存してください。

Ps Auto Sitemapの固定ページを作成する

続いては、設定したPs Auto Sitemapの固定ページを作成をしていく作業に移りましょう。

次は上記の部分からショートコードをコピーします。

「2.」のところにある「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」をコピーをしてください。

コピーをしたら固定ページでサイトマップを作成します。

『固定ページの新規追加』から作成画面に移りましょう。

上記のように「テキスト」エディタにて、<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>をコピペしてください。

※「ビジュアル」エディタではなく、「テキスト」エディタです!

張り付けましたら、固定ページのタイトルを『サイトマップ」にして、記事を公開しましょう。

「固定ページ一覧」にて以下の赤枠で囲っているIDを確認してください。

このIDをコピーをして、もう一度Ps AutoSitemapの設定画面にいきます。

ここの「サイトマップを表示する記事」の部分に先ほどコピーしたIDを貼りつけてください。

貼りつけて保存すれば、固定ページにサイトマップが表示されるようになります。

これでインストール、設定が完了です!

まとめ

サイトマップを作ることで読者も情報が探しやすくなりますし、
自分にとってはアクセスアップも見込めますね。

プラグインを使えば一瞬で設定できるので、ぜひ使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で