wordpress

【必須プラグイン】Table of Contents Plusで目次を作って滞在時間及び離脱率をUPしよう

本にも、ブログの記事にも「目次」は必須です。

読み手がなにがどこに書かれているのかを一目で把握することができるので、必ず目次は設定しておきましょう。

この目次を自動表示させるオススメプラグインが「Table of Contents Plus」です。

Table of Contents Plusは定番プラグインの一つですね。

目次の存在は、滞在時間や離脱率とも深く関わってきます。ぜひ導入しておきましょう。

Table of Contents Plusの使い方

この記事を読んでいるということはおそらくプラグインのインストール方法はすでに知っている状態だと思いますので、「Table of Contents Plus」を有効化させた状態から説明していきます。

Table of Contents Plusの設定方法

Table of Contents Plus

管理画面の左側メニュー「設定」からTOC+で設定画面に入ることができます。

基本設定で細かいカスタマイズができるので、ブログのデザインや目的に合わせて設定してください。僕は上記のように設定しています。

また「上級者向け」から、CSSの適用や表示させる見出しレベルの設定も行うことが出来ますが、よほど拘りがある方以外は、基本設定のみ変更すれば問題ないかと思います。

目次によって、滞在時間や離脱率に影響を与えれる

僕は普段目次から自分の探している項目を見つけて、飛んでいます。ブログは文字数2,000~5,000字くらいなので遡ればいいだけですが、本なんて目次がないとどこに何が書かれているのかさっぱりわかりませんよね。

目次は「読みたい内容があるか」「読みたい内容はどこか」がわかるので、非常に重要です。

本よりボリュームが小さいとはいえ、記事の目次も目的は同じでして、記事を読んでもらえるかどうかに関わってくるということです。

実際に目次を設置する前と設置後では、離脱率や、滞在時間に影響を与えるということは多く人が実感しているようで、僕自身もそう感じます。(もちろん他にも要因はあるかと思いますが)

そして、離脱率や、滞在時間もSEO対策にもなりますので、ユーザーファーストの精神であろうがなかろうが、自分のためにも必ず導入しておきたいプラグインツールです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で