マッチングアプリ

仕事が忙しくて出会いのない女の子が彼氏を作る方法7選をご紹介!【地方の人必見】

人生をより充実させるためには間違いなく「パートナー」の存在は必要不可欠。

友達が彼氏と仲良くしている姿をインスタやFacebookで見て羨ましく思っている方、年齢的にもそろそろ結婚を視野に入れないとなぁと思っている人、、様々です。

恋愛は生きる上で欠かせません。

しかし、

「どこで出会えるのかわからない」
「全然理想の人と出会えない」

彼氏が欲しいと思っている人の大半はこう思っているはず。

そう考えているうちにだんだんめんどくさくなって、もういいやとなり、気づいたらドラマに出てきそうな干物女になっていた。。

そういう風にならないためにも、今回は彼氏を作る方法をご紹介します。

彼氏を作る方法をご紹介

彼氏を作る王道なパターンをいくつかピックアップしてみました。

現状出会う方法は下記のいずれかに該当するのではないでしょうか。

合コンで彼氏を作る

合コンで彼氏を作るのはかなり王道ですね。

合コンは基本的にフリーの方同士で行われますし、いい出会いがあれば彼女が欲しいって思っている人が多いです。(ヤリ目の人も多数いるので気を付けてくださいね)

そのため、合コンで意気投合できれば、彼氏を作る可能性は一気に上がるでしょう。

  • 男性が全額出してくれるパターンもあるが、基本的に2,000円ほどの出費がかかる。
  • 趣味などが不一致の可能性もあるので、話す内容に困ることがある。
  • 全然面白くない男たちがきて、場が凍る場合がある。
  • ライバルが真横(友達)にいるので、取り合いをしないように。

会社で彼氏を作る

会社で彼氏を作ることも社会人あるあるですね。

会社だと常日頃から接していますし、相手の性格などもわかっていると思うので、意外にトントン拍子で付き合える可能性も高いです。

しかし、気を付けなければいけないのが別れた時ですね。

気まずくなって仕事に支障がでるようなら避けておいた方が賢明でしょう。僕の周りにも同期同士で付き合って、別れた後にすごい気まずい関係になった人がいました。このような方は周囲にも気を遣わせてしまうので、リスクがあるので慎重に行きましょう。

過去(中学・高校・大学)の知人と付き合う

意外に過去の知人を振り返ってみるともしかしたら出会いがあるかもしれません。

中学生のときなんて、髪の毛のセットもしてませんし、考え方も幼いですし、ヤンキーみたいな人たちが脚光を浴びる世界なので、実は宝が眠っている可能性があります。

高校生、大学生の知人も同様のことが言えますね。一回原点に立ち返ってみると、そこには運命の出会いがあるかもしれません。

過去の知人にアプローチする方法として、ひとつ例を挙げさせていただきますね。

  1. Facebookの「知り合いかも」から申請
  2. 数日後に連動されたインスタグラムの「知り合いかも」に出てくるので申請
  3. 知人がストーリーを上げたらコメントやスタンプでリアクションをとる
  4. すると、「久しぶり!」などのコメントがDMでくる可能性アリ。
    ⇒こういうパターンは基本女の子から切らない限り続きます。

これで、数年間連絡を取っていなかった相手でもごく自然にコミュニケーションをとることができます。

嘘だと思いますか?意外にうまく行くのでぜひ試してみてください。

趣味で彼氏を作る

趣味で彼氏を作ることも一つの手段ですね。

僕は男ですが、僕の場合は「野球、仮想通貨、ファッション」です。

例えば、野球なら野球観戦コミュニティのようなものがありますし、Twitterで野球好きアカウントと仲良くしていくことで出会いがあるかもしれません。

女性だとなんでしょうか。スポーツ観戦とかやっぱりいいと思いますけどね。
スポーツ系や音楽系は出会いの巣窟と言っても過言ではありません。

必ず各SNSにコミュニティがありますので、自分の趣味にあったコミュニティを見つけ出し、積極的に参加してみましょう。

共通の趣味がある時点で、話すネタには困らないですし、同じ感性を持っているため付き合うハードルは低いです。

街コンで彼氏を作る

街コンで彼氏を作ることも選択肢の一つですね。

街コンに10回以上行っている友人の話を聞く限り、イケメンは全然おらず、むしろ「ほんまに結婚できるんかいな。。」みたいな人が多くいるそうです。

なので、街コンはあまりオススメできませんので、最終手段と思っていいでしょう。

しかし、お互い彼氏、彼女を作りたいと思っている人が集まっているため、付き合うハードルは低いと思います。

ナンパをされて彼氏を作る

正直これができる人はそもそも男の子に困っていないですよね。

ナンパで付き合うカップルを僕は何回も見てきました。

おすすめの場所はクラブや飲み屋です。

  • 飲み屋:恵比寿横丁、銀座コリドー街、渋谷肉横丁、六本木MEZZO等
  • クラブ:V2TOKYO(六本木)、muse(西麻布)、ATOM(渋谷)等
  • マッチングラウンジ:相席屋、オリエンタルラウンジ等

こんなところで彼氏できるわけないだろ!ぷんぷん!と思っているかもしれませんが、僕の友達はクラブで彼氏を作って、今も仲良く続いています。

クラブなんてヤリ目ばかりだろ!!とお考えの女性の皆さん。コツがあります。

ヤリ目回避の方法
  • クラブにいると絶対声をかけられます。
  • 連絡先も交換されます。
  • しかし絶対に身体を許してはいけません。
  • そこのラインを越さないように仲良くしていきましょう。
    (ヤルことをゴールだと思っている男は多いので、簡単に身体を許すとゲーム終了です)
  • ヤリ目なら諦めますし、本当に好きだと思われていたら健全なデートができます。
  • 夜ではなく昼に誘ってみたときの反応でわかります。

そして、仮にクラブで彼氏にしたい人がいなくても、クラブで出会った男に合コンをセッティングしてもらい、そこから派生させていくという方法もあります。

大学の友達や会社の同期に「合コンしよう」って言いづらいですけど、合コンで知り合った人は相手もそういう出会いを求めている可能性が高いため、実現性は◎です。

今や女子大生やOLも普通に利用しているマッチングアプリが一番オススメ

今まで、いろいろと彼氏を作るきっかけを紹介してきましたが、僕の周りで最も人気なのは断然マッチングアプリです。

またマッチングアプリの紹介か~と思っているかもしれませんが、実際に会えます。断言します。

マッチングアプリのメリット
  • お互い出会いを求めている
  • 女性は完全無料
  • プロフィールでお互いのことが知れる
  • お互いが気になる状態(=マッチングが成立)から始まる。
  • 利用者が多いので、失敗しても次に行ける
  • 例え失敗しても実生活に支障を及ぼさない

マッチングアプリのメリットは沢山あります。まず、女性の利用は完全無料です。合コンや街コンに参加した場合は女性でも少額とはいえ、お金がかかります。

マッチングアプリに関しては、ベッドに転がりながらでも、複数の相手とメッセージをやりとりすることができますし、お互いが少しでも良いなと思っている人(=マッチングした人)と連絡をとっているため、ゴールまでの効率が非常に良いです。

良い人が来るかもわからない合コンや街コンにわざわざ行くのも時間の無駄じゃないですか?

ただ、マッチングアプリにはデメリットもあります。

マッチングアプリのデメリット
  • 詐欺写真に騙される可能性がある。
  • たまにアムウェイみたいな勧誘目的の人がいる。
  • ヤリ目の男も多い
  • コミュニケーションの成り立たない男もいる。

一番懸念されるところは実際に会ってみると写真と全然違うことですね。最近はSNOWなどで自撮でかなり盛ることができますし、口元隠しておけば基本的に可愛くなれます。

なので、いざ会ってみると、え?みたいなことにもなってしまいますので、注意が必要ですね。

まぁこれに関しては、男も女もお互い様ですけどね!

マッチングアプリと出会い系の違いを比較してみた

マッチングアプリは今や誰もが気軽に使っているサービスですが、まだネガティブな印象を持っている人が多いのも事実です。

あどまん
あどまん
マッチングアプリと出会い系って似ているようで、全然異なります。不信感が強い人はぜひこちらの比較表を見てください。

マッチングアプリと出会い系サイトの比較表

マッチングアプリ 出会い系アプリ
目的 恋活・婚活・やや遊びも 遊び・パパ活・ママ活・浮気不倫
料金体系 月額固定・オプションあり メッセージポイント制
年齢確認 あり なし
サポート 24時間体制の
目視によるパトロール
自己責任
男性 大学生〜社会人
恋活・婚活目的
10~50代のパパママ活
やりモクの遊び目的
女性 大学生〜社会人
恋活・婚活目的
10~50代の
パパママ活目的
サクラ 少ない あり
パパ活 禁止 たくさんいる
既婚者 禁止 たくさんいる
Facebook 連携あり なし

このように、マッチングアプリは出会い系サイトと異なり、クリーンな運営を行っています。

実際に利用してみればわかりますが、サクラも本当に少ないですし、会うことも簡単にできます。(実際に男性と会っている知り合いが何人かいますよ)

ここからはオススメアプリをご紹介していきます。

メンタリストDaiGoとのコラボで話題のマッチングアプリ!相性で相手を探すならwith(ウィズ)

メンタリストDaigo監修のwith(ウィズ)です。

20~30代のユーザー層が多いことで知られるwithは「婚活より恋人探し」をしたい人におすすめのマッチングサービスです。

こちらの年齢別の表を見てみますと、20代が圧倒的に多いです。

若者に訴求するような広告を打っていたり、Daigoが監修しているという安心感から若い層から支持を得ていますね。

あどまん
あどまん
僕のめちゃくちゃ仲のイイ友人もwithで彼女を作っていました。やっぱり趣味などが最初から分かっているため、会話もスムーズに出来ますし、距離を縮めるのは簡単らしいですよ。

withの登録はこちら

東カレデート

国内初の「入会審査制」マッチングサービスの東カレデートです。

人気メディア「東京カレンダー」からリリースされているマッチングサービスで、特徴は何と言っても男女共に審査があり、なんとイケメンがかなり多いです。

審査はユーザーによって行われる。

東カレデートはユーザーによって審査が行われます。

なんと男性審査通過率は30%とかなり低く、メンバーを非常に厳選していることが伺えますね。

あどまん
あどまん
30%の審査を通ったハイスぺ男子ばかりがいるようなので、もしお付き合いできたら生活にも困ることはなさそうですね。僕が女性なら絶対にここで出会いたいですww

東カレデートにオススメな方

東カレデートにオススメな人は以下の通りです。

東カレデートにオススメな方
  • ハイスペック男子を求めている人
  • 東京に住んでいる人(地方はユーザーが少ない)
  • 港区女子に憧れている人

地方で検索してみましたが、正直ユーザーの少なさは否めません。なので、関東に住んでいる方は登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

東カレデートで大人のお付き合いがしたい方は登録↓

東カレデートの
登録はこちら

Pairs(ペアーズ)

続いては、ザ・王道マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」です。

Pairs(ペアーズ)の会員数は驚異の800万人超えを突破し、未婚の4人に1人が利用しているマッチングアプリの最大手です。

あどまん
あどまん
このPairs(ペアーズ)は男女共に、とにかくユーザー数が多いです。
ユーザー数が多いとどういうメリットがあるかと言いますと、

「地方の人でもたくさん候補者がいる」
「検索条件を細かく設定しても候補者が多い」
ことですね。

さらに現在100,000のコミュニティがあって、「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」や、「趣味はカフェ巡り」「お米は固いのが好き」などの、自分の趣味や、好きなもので、運命の相手と繋がることもできるので、ミスマッチを軽減することができますね。

特徴は、まさに王道マッチングアプリといった感じで、豊富な検索機能があり、本人確認もしっかりしている、有名メディアにも多数ピックアップされていたりと、安心安全に利用できますね。

 

Pairs(ペアーズ)にオススメな方

 

Pairs(ペアーズ)にオススメな方
  • マッチングアプリ初心者
  • 20~40代の女性
  • ユーザー数多いので地方の人も◎
  • 細かい検索で探したい人
  • イケメンの若い男性と出会いたい人

Pairsの
登録はこちら

CROSS ME


サーバーエージェントグループの関連会社「株式会社プレイモーション」が運営しているCROSS MEは、「すれ違い」機能を使って近くの人とマッチングするサービスです。

GPS機能をオンにして、ウロウロしているだけで、その周辺にいた人とマッチングすることができるので、まさに「すれ違いを恋のきっかけ」というコンセプト通りですね。

あどまん
あどまん
恵比寿や赤坂だとかなり色んな人とすれ違いました。最初は「どこですれ違ったんですかね~ww」みたな会話をすれば楽しく続きますよ。

CROSS MEにオススメな方

CROSS MEにオススメな人は以下の通りです。

CROSS MEにオススメな方
  • 近くの人と気軽に会いたい人
  • 東京に住んでいる人(地方だとすれ違う人が少ない)

すれ違いが発生しないといけないので、地方だとなかなか厳しいです。ですので、首都圏に住んでいる方や、近くにいる人とすぐに会いたいような人にはオススメのアプリです。

CROSS MEの
インストールはこちら

 

彼氏を作るためには自分を磨く必要があります。

いかがでしょうか。

男性が彼女を作ることは難しくても、女性が彼氏を作ることはよっぽど理想のハードルを高めに設定しない限り、簡単です。

最大の難関は、出会う機会がないこと、これに尽きると思っています。

なので、少しでも出会う機会も作って、幸せなハッピーライフを築いてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で