wordpress

【オススメプラグイン】サイトの読み込みを高速化させる「a3 Lazy Load」の設定方法

SEO対策において、Googleは明言こそしていないものの、Webサイトの表示速度も評価の一つとされています。

SEO対策うんぬんの前に自分自身がWebサイトを閲覧している際に、表示速度が遅いページだと離脱したくなりますよね。

離脱を避けるためにも、今回オススメするプラグインツール「a3 Lazy Load」はぜひインストールしておきましょう。

設定方法をご紹介します。

a3 Lazy Loadとは

a3 Lazy Loadの役割は何かといいますと、画像や動画の読み込みを遅らせることで、Webサイトの表示を高速化させるプラグインツールです。

通常は画像や動画などの表示を全て読み込むため、サイトに負担がかかります。サイトや回線によってはそれが影響して、表示がかなり遅くなってしまうことも多々あります。

そのようなサイトを運用している方はぜひ、ぜひインストールしてください。

a3 Lazy Loadのインストール方法

それでは、インストール方法について説明していきます。

「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

右上の赤枠の検索で「a3 Lazy Load」を検索してください。

すると一番最初に「a3 Lazy Load」が出てきますので、「今すぐインストール」→「有効」でインストール完了です。

a3 Lazy Loadの設定について

有効化すると次のような画面が表示されます。

断言します。何も設定する必要がありません。

強いて言えば、一番下にある「Image Load Threshold」で400pxに設定するくらいでしょうか。

僕は何も設定せずに使っていますが、全く問題ございません。

もし設定した場合は、Save Changesをクリックすることをお忘れなく。

a3 Lazy Loadの効果について

実際にどのくらいの効果があるのか試してみましょう。

Gooleの速度計測サイト「PageSpeed Insights」で計測できます。

とりあえず、目に入った東カレデートを退会する方法をご説明。再登録はいつからできる!?の記事で計測してみました。

まずは、プラグインの有効前の結果です。

おいおい、嘘やろwwこんなに悪いんですか。。正直ショックです。

続いて、「a3 Lazy Load」を有効にした状態で計測してみます。

!?かなり向上しましたね。

これはたまたまかもしれませんが、少なくとも間違いなく効果はあることがわかりました。(僕の家の回線が絶望的すぎて数値が悪いことが発覚しましたw)

少しでも表示速度を早めるためにもぜひ、インストールしておきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「a3 Lazy Load」のインストール方法や設定方法についてのご紹介でした。

画像の多いメディアサイトなどの場合、どうしても全部読む込んでしまうとサイトの表示が重くなります。

サイトが重くなると離脱率が高くなりますので、できればブログをやっている皆さんは必須でインストールしておくことをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で