wordpress

Broken Link Checkerでいち早くリンク切れURLを対処しよう。設定方法をご紹介

ブログを書いていると、参照記事として他サイトのURLを貼ったり、Youtubeの動画やTwitterを引用する場合がありますよね。

しかし、久しぶりに自分の記事を読み返していると、貼っていたリンクが切れていたり、動画が消されていた経験はないでしょうか?

今回はそのような事態を未然に防ぐプラグインツール「Broken Link Checkerのインストール方法や設定方法についてご紹介していきます。

Broken Link Checkerとは

Broken Link Checker」は、張っているサイトのリンクが切れた際に通知してくれるプラグインです。

ブログを読んでくださっているユーザーからすると、リンクしているサイトをクリックして、消えていたら嫌ですよね。なんやねん的な。

そして、ブロガー側もリンクありきで記事を書いているのに、知らぬ間に切れていたらたまったもんじゃないです。

それらを未然に防ぐために「Broken Link Checker」をインストールしておきましょう。

Broken Link Checkerのインストールについて

それでは、「Broken Link Checker」のインストール方法をご説明していきますね。

Broken Link Checkerのインストール方法

Broken Link Checkerのインストール方法は非常に簡単です。

まず、「プラグイン」⇒「新規追加」をクリックしてください。

右上の赤枠に「Broken Link Checker」と検索すると↓の図のようにBroken Link Checkerが出てきますので、「今すぐインストール」→「有効」でインストール完了です。

非常に簡単ですね。続いては「Broken Link Checker」の設定方法についてご説明していきます。

Broken Link Checkerの設定について

設定方法について

ダッシュボード画面から「設定リンクチェッカー」をクリックしてください。

「リンクチェッカー」が「Broken Link Checker」のことです。

それでは、見ていきましょう。

「ステータス」を見ますと、2個のリンクエラーがありました。

「各リンクのチェック」は高頻度ですと、サーバーに負担がかかるため、デフォルトの72時間で問題ございません。

その他の項目においても、そのままで大丈夫です。

が、念のために確認していきます。

含まれるリンクを探すタブについて

「含まれるリンクを探す」に関しては変更する必要がなさそうです。

チェックするリンクの種類タブについて

「チェックするリンクの種類」を確認しても、どうやらデフォルトのままで問題ないようです。

もし万が一変更するのであれば、その都度変更を保存」を忘れないように気をつけてくださいね。

プロトコル&APIタブと高度な設定タブ

「プロコル&API」及び「高度な設定」に関しても変更する必要はございません。

再三のご注意ですが、設定を変更しましたら変更の保存」を忘れないように。

エラーの確認方法

先ほどの「2個のエラーを発見しました」をクリックすると、どのようなエラーが起こっているのか詳細を確認することができます。

なるほど。僕のブログの場合、

  1. Youtubeの動画がなくなっている。
  2. 画像がエラーを起こして表示されていない。

この2つが原因のようです。

解決策として、URLを変更するか、リンク解除をしましょう。

どちらにしても、ウェブサイトの信頼性にも関わってきますので、早めに対応するようにしておきましょう。

以上がBroken Link Checker」のインストール方法と設定のご説明となります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Broken Link Checker」のご紹介でした。

記事数が増えてくると、リンクも増えますし、自分が気づかないところでリンク切れは多々発生します。

なので、この「Broken Link Checker」を設定して、リンク切れが起こった際にはすぐに気づいて対処できるようにしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で