ブログをやっているとAmazonのリンクを貼る機会がありますよね。

わざわざAmazonのサイトまで行ってアフィリンク発行するのも効率が悪い、、そのような方のために、今回はWordPress内で完結することのできる「Amazon JS」をご紹介します。

Amazon JSとは?

Amazon JSは、AmazonアソシエイトのコードをWordPress内で検索し、ブログ記事に貼り付けるだけでAmazon広告を作成することができるプラグインです。

このプラグインがないと、Amazonアソシエイトで商品を探し、コードをコピーして、記事に貼り付けるという非常に非効率というかめんどくさい作業が生じます。

「AmazonJS」はWordPress内の記事編集画面で商品を探すことができるため、非常に効率良くアフィリンクを貼り付けることができます。

※ちなみに、このプラグインを使用する場合、事前にAmazonのアソシエイトの登録が必要です。

Amazon JSのインストール方法

Amazon JSはプラグイン検索では表示されないため、以下URLからAmazon JS」をダウンロードしてください。

URLhttps://ja.wordpress.org/plugins/amazonjs/です。

 

「プラグイン」⇒「新規追加」⇒「プラグインのアップロード」を選択してください。

「ファイルを選択」をクリックし、ダウンロードしたファイルを選びます。

選んだら「今すぐインストール」をクリックします。

 

 

赤枠の「プラグインを有効化」しますと、「Amazon JS」が使えるようになります。

Amazon JSの設定について

続いて、Amazon JSの設定をやっていきましょう。

「設定」⇒「Amazon JS」をクリックしてください。

「Amazon JS」の設定では「アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」が必要になります。

そのため、赤枠で囲っている「ここ」をクリックして上記2つを取得しましょう。

 

AmazonでアクセスキーIDシークレットアクセスキーを取得しましたら「Amazon JS」に戻って、入力してください。

 

 

続いて、アソシエイトタグの設定でして、「Amazon.co.jp」の項目にアソシエイトタグを入力してください。

 

アソシエイトタグは以下の赤枠の部分に載っています。

 

 

「表示設定」「アナリティクス設定」「カスタマイズ」については自由に設定すれば大丈夫です。僕はデフォルトのままで使用しています。

設定できたら「変更を保存」をクリックして設定完了です。

記事に埋め込む方法

記事に商品リンクを埋め込む方法についてですが、記事作成画面の「メディアを追加」の横に赤枠で囲っているAmazonアイコンをクリックしてください。

 

商品のキーワードを入力し「検索」をクリックします。

商品が表示されますので、「選択」をクリックし、テンプレートの選択をして挿入します。

 

きっちり表示されていますね。非常に作業が捗ります。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Amazon JS」についてご紹介しました。

実際に利用してみたらわかりますが、かなり作業が捗りますね。

WordPress内で商品検索も行えると作業効率も良くなるので、ぜひインストールしておきましょう。

初心者にオススメの海外FX業者

XM 為替FX おすすめ

海外FX業者で日本人の口座開設者数No1!
口座開設するだけで3,000円の証拠金が貰えるだけでなく+100%の入金ボーナスキャンペーンも実施中。
日本語にも対応しており、FX初心者にも利用しやすいおすすめ業者!

\新規口座開設で3000円ボーナスがもらえる/

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

Twitterでフォローしよう