wordpress

「WP Multibyte Patch」はWordPressを始めるならまず最初に設定すべき

WordPressのプラグインツールは良いものもあれば悪いものもあり、人ぞれぞれオススメするプラグインが異なります。

今回はWordPressを登録したら、日本人全員がまず始めにやるべきである「WP Multibyte Patch」についてご紹介します。

『WP Multibyte Patch』とは

WP Multibyte Patchは「全角文字の認識エラー(主に文字化けなど)」を解決するプラグインツールです。

WordPressはアメリカで開発されているため、元は英語表記です。

これを日本語版で利用すると、英語と日本語のバイト数の違いから「文字化け」を起こすリスクが発生します。

WP Multibyte Patchの機能を、簡単にまとめました。

  • 文字化け防止機能
  • トラックバックの文字化け防止
  • ピンバックのバグ防止
  • 文字数カウント機能のバグ防止
  • 検索時のスペース誤認識の防止
  • ファイル名のマルチバイト部分の変換バグ防止

これらの機能で日本語版WordPressのエラーを制御します。

「WP Multibyte Patch」の設定方法について

このプラグインは、WordPressの初期状態から入っているプラグインなので、新たにインストールする必要はありません。

管理画面から「プラグイン」⇒「インストール済みプラグイン」を選択します。

そして、「インストール済みのプラグイン」の中にある「WP Multibyte Patch」を有効化して、完了です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

「WP Multibyte Patch」のご紹介でした。

文字化け防止なんて絶対に嫌ですよねw

そうならないためにも必ず「WP Multibyte Patch」を有効にしておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で