海外FX業者は多数ありますが、選択する際、信頼性が気になりますよね。

TradersTrustは2009年に設立され、信頼性があるとはいわれていますが、本当に信用できるのでしょうか。

そこで、TradersTrustの信頼性、安全性についてご紹介します。

TradersTrustについて知りたい方は参考にしてみてください。

バミューダ法人登録のみで金融ライセンスは所有していない

運営会社TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED
所在地バミューダ
5th Floor, Andrew’s Place
51 Church Street, Hamilton HM 12
Bermuda
代表者不明
金融ライセンスなし
設立2018年10月
資本金不明

キプロス証券取引委員会(CySEC)管轄の金融ライセンスは、金融ライセンスは取得が難しいといわれています。

ヨーロッパ諸国で利用されているアカウントは、キプロス証券取引委員会(CySEC)管轄の金融ライセンスを取得しています。

一方、日本で利用されているアカウントは、現在、バミューダへ法人移管しており、金融ライセンスを保有していません

金融ライセンスは保有していないですが、世界的な監査法人の「PWC」「デロイトトーマツ」より監査を受けています。

そのため、比較的安全性は高いと言えるでしょう。

TradersTrustの信頼性

所在国バヌアツバミューダ
社名TTCM CAPITAL
MARKETS LTD
TTCM TRADERS
CAPITAL LIMITED
金融ライセンスバヌアツなし
顧客資産の安全性信託保全分別保管

TradersTrustは、現在、バミューダへ法人移管しています。

バミューダへ法人移管したことにより、自由度の高いサービスができるようにはなっていますが、規制が緩い分、安全性に不安を感じる方も多いです。

 金融ライセンスを保有しておらず、信託保全制度もないですが、分別管理を徹底しているので、安全性は問題ないと考えられています。

万一、顧客資金を使い込むことがあり、口座残高がマイナスになったとしても、ゼロカットがあり、マイナス残高はTradersTrustが補填してくれます。

 

金融庁から警告を受けていない

TradersTrustは、金融庁より無登録業者としての警告を受けていません

その点では、信頼性を損なう問題に関しては、対策をしていると言えるでしょう。

日本の金融庁ホームページ「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

(上記参照)

TradersTrustを選択する場合は慎重に!

TradersTrustは、信頼性のある海外FX業者ではありますが、金融ライセンスを取得していない点はネックになります。

通常、海外FXのほとんどは金融ライセンスを取得しています。

TradersTrust一本にしぼるのではなく、他の海外FX業者と比較して選択するのが良いでしょう。

【2020年10月版】海外FX中級者以上の方はこちらもチェック!

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう