FXでおすすめのVPSは?業者選びのポイント&おすすめ業者ランキング

ランラン
自動売買やりたいんだけど、VPSって必要?

ナルキスト
自動売買をやるなら、ほぼ必須だね。この記事では、VPSの基本知識やおすすめのVPS業者について紹介するよ!

VPSとは、いわゆる仮想専用サーバーのことです。

自動売買取引を行う場合、常に取引画面を開き続かなければならずPCに負担がかかるので、専用のサーバーを借りて取引します。

よって、裁量トレードを行っている人には基本的に必要ありません。

VPSを初めて使う人にとって、設定や業者選びは難しいので、この記事でVPSの基礎知識やおすすめの業者について詳しく解説します。

最後まで読めば、自分に合ったVPS業者見つけて自動売買を始められるので、ぜひ参考にしてください。

VPSとは?

VPSは、Virtual Private Serverの略語です。

日本語にすると仮想専用サーバーのことで、その名の通り、仮想上のサーバーでインターネットを使えるようになります。

ランラン
う〜ん、まだよく理解できないかも…

ナルキスト
PCを開くとデスクトップ画面があるよね?あれをそのままレンタルできるってイメージだとわかりやすいかな?

通常のFX取引であれば、VPSは必要ありません。

しかし、自動売買取引の場合は、VPSをレンタルして常に取引画面を開いておく必要があります。

FXの自動売買をするならVPSが必須!

繰り返しになりますが、自動売買取引をするならVPSはほぼ必須です。

自動売買とは、取引画面にツールを設定することにより、自動でFX取引を行ってくれるツールを指します。

自動売買取引中は、必ず取引画面を開いておく必要があります。

ナルキスト
もし取引画面が閉じると、自動売買はストップしてしまいます。

ただし、通常のPCで常に取引画面を開いておくとPCに負荷がかかったり、PCが落ちて損失を被ってしまう可能性があります。

これらのリスクを避けるためにも、月額を払ってでもVPSをレンタルすべきです。

通常のVPSとFX用VPSの違い

通常VPSとFX専用VPSは、基本的にほとんど同じです。

ランラン
じゃあ、どっちでもいいってこと?

ナルキスト
それは利用目的によって変わるよ!

FX専用VPSは、FXに特化して機能を絞っているため割安です。

自動売買が目的なら、基本的にFX専用VPSで大丈夫ですが、その他の用途で使う可能性のある人は通常VPSを選ぶ方が無難です。

どちらも、月額に大差があるわけではありません。

しかし、長期間運用するならランニングコストも重要なポイントなので、慎重に検討することをおすすめします。

VPSのメリット

VPSを利用するメリットは、以下の通りです。

VPSを利用するメリット
  • PCに負荷がかからない
  • 安心して自動売買を利用できる
  • 外出先でも自動売買を弄れる

PCに負荷がかからない

VPSのメリット1つ目は、PCに負荷がかからないことです。

自動売買ツールは必然的に取引画面を開きっぱなしにするため、24時間稼働させ続けるとなるとPCにかなりの負荷がかかります。

VPSを使えば仮想サーバー上で取引画面を開いておけるので、PCを閉じても大丈夫です。

ナルキスト
PCの寿命が短くなることを考えると、月額も安い出費かもしれません。

安心して自動売買を利用できる

VPSのメリット2つ目は、安心して自動売買を利用できる点です。

PCで自動売買の取引画面を起動していると、PCが落ちて自動売買がストップしてしまう可能性があります。

ランラン
自動売買がストップしたら、結構まずいよね…?

ナルキスト
もし損切りのタイミングで落ちたら、本来なかった損失が生まれる可能性もあるよ!

特に、運用額が大きい場合は死活問題です。

思わぬ損失を防ぐためにも、自動売買はVPSで稼働させることをおすすめします。

外出先でも自動売買を弄れる

VPSのメリット3つ目は、外出先でも自動売買を弄れることです。

仮想上のサーバーで自動売買を設定すれば、外出先でも自動売買にアクセスすることができます。

ナルキスト
自動売買を停止させたり、設定変更したりすることが可能になります!

また、VPS業者によっては専用アプリが用意されていることもあります。

VPSで自動売買を設定しておけば、いざというときに自動売買の設定を弄れるので便利です。

VPSのデメリット

VPSのデメリットは、以下の通りです。

VPSのデメリット
  • 月額料金がかかる
  • 設定までが少し複雑

月額料金がかかる

VPSのデメリット1つ目は、月額料金がかかることです。

VPS業者やプランによって異なりますが、もっとも安いプランでも1,000円程度の月額料金がかかります。

ランラン
VPSの費用はそれだけなの?

ナルキスト
VPS業者によっては、数千円くらいの初期料金がかかることもあるね!

自動売買を稼働するには、ある程度の費用がかかると覚えておきましょう。

設定までが少し複雑

VPSのデメリット2つ目は、設定が少し複雑なことです。

VPSの契約自体は簡単にできますが、設定後にサーバーにアクセスして自動売買を設定するのはやや複雑です。

ランラン
機械音痴だから、かなり厳しいかも…

ナルキスト
自動売買の設定手順をVPS内でもう一度やるだけ、と考えたらわかりやすいかな?

VPS内で自動売買を設定するのはやや難しいので、調べながら行うと良いでしょう。

VPS業者選びのポイント

VPSは業者によって、月額やサーバーの性能が異なります。

ナルキスト
いまいちな業者を選ぶとランニングコストがかさんだり、自動売買のパフォーマンスが落ちたりしてしまいます。

サーバー業者は、次の3つのポイントを元に選ぶようにしましょう。

サーバー業者を選ぶポイント
  • 月額料金の安さ
  • サーバーの安定性
  • 運営会社の実績

それぞれについて、詳しく解説していきます。

月額料金の安さ

サーバー業者を選ぶポイントの1つ目は、月額料金の安さです。

VPS業者によって月額料金が異なるので、できるだけ最低限の機能で安い業者を選ぶのが良いでしょう。

また、月額だけでなく、初期費用も必要になる場合があります。

初期費用は業者によって様々ですが、およそ3,000〜5,000円ほどが目安です。

ナルキスト
初期費用がある業者は、月額料金が安い傾向にあります。自動売買を利用する期間と相談したいところですね。

サーバーの安定性

サーバー業者を選ぶポイントの2つ目は、サーバーの安定性です。

サーバーの性能も業者によって違うので、下手な業者を選んでしまうとサーバーが落ち、損失を被ってしまう可能性があります。

ランラン
サーバーのスペックはどこを見ればいいの?

ナルキスト
主に見ておきたいのはメモリ、SSD/HDD(ディスク)、CPUだね!

それぞれのスペックについて解説すると、以下の通りです。

VPSのスペック解説
メモリ:大きいほど同時作業がしやすい
SSD/HDD:データを保存できる量
CPU:計算速度が速くなる

自動売買を稼働させるだけなら、過度にスペックにこだわる必要はないでしょう。

運営会社の実績

サーバー業者を選ぶポイントの3つ目は、運営会社の実績です。

ランラン
実績ってそこまで大事なの?

ナルキスト
サーバーは安定性が命なんだ。実績があって、安定している会社を選ぶほうが安心できるよね。

前述の通り、急なサーバーダウンは思わぬ不利益を招く可能性もあります。

そう考えると、過去にサーバーダウンしたことの少ない、実績のあるVPS業者を選ぶほうが無難だと言えるでしょう。

FXでおすすめのVPS会社ランキング

FXの自動売買用にVPSをレンタルするなら、次の3つの業者がおすすめです。

おすすめVPS業者3選
  1. お名前.com FX専用VPS
  2. ABLENET
  3. ConoHa VPS for Windows

それぞれの価格やスペックを一覧にすると、次の通りです(スタンダードプランで比較)。

業者名価格
(月額/初期)
メモリディスクCPU
お名前.com
FX専用VPS
1,353円/無料1.5GB60GB2コア
ABLENET1,375円/無料1.0GB60GB2コア
ConoHa VPS
for Windows
979円/無料1.0GB100GB2コア

ナルキスト
それぞれのおすすめポイントについて、順番に解説していきます!

【1位】お名前.com FX専用VPS

お名前.comのFX専用VPSは、コストパフォーマンスが抜群です。

月額1,716円から自動売買の運用に十分なスペックのサーバーを利用でき、さらに現在は他社対抗キャンペーンで30%オフ。

初期費用は無料で、月額1,353円から利用できます。

ランラン
スタンダードプランでも、自動売買が2つくらいなら十分動かせるみたい!

コスパの高いVPS業者が良い!という人は、お名前.comのFX専用VPSがおすすめです。

【2位】ABLENET

ABLENETは、途中でプラン変更する可能性のある人におすすめです。

リーズナブルな価格に加え、中途のプラン変更がいつでもできるので、自動売買の運用がより柔軟に行えるようになります。

ナルキスト
途中でメモリやランニングコストを変更したいときに、かなり便利ですね!

また、ABLENETではスマホ専用のアプリも用意されています。

スマホアプリ上でVPSにログインしておけば、いつでも自動売買の設定を弄れるので、外出先で設定変更したい人にも適していると言えるでしょう。

【3位】ConoHa VPS for Windows

ConoHaのVPS for Windowsは、月額を無駄にしたくない人におすすめです。

月額の利用料金が設定されており、データ使用量が月額料金に満たない場合は、時間単位の課金に変わる仕様になっています。

ランラン
自動売買を止めていて、月額がもったいない!という月があっても大丈夫!

また、基本料金自体も非常にリーズナブルです。

自動売買をいつまで稼働するかわからない、という人は、ConoHaのVPS for Windowsを利用すると良いでしょう。

自動売買をやる際におすすめの海外FX業者は?

VPSを利用して自動売買をやるなら、以下の業者がおすすめです。

自動売買に適している業者
  • Axiory
  • exness
  • XM Trading

Axiory

手数料を抑えて取引したい人は、Axioryがおすすめです。

Axioryはスプレッドの狭さと約定力の高さがウリで、スキャルピングのような短期取引に適しています。

ナルキスト
特に、取引回数の多い自動売買に適していますね!

また、信頼性の高さも魅力として挙げられます。

2011年から運営されていますが、出金拒否の事例もないため、初めて自動売買を利用する人でも安心して利用できるでしょう。

Axioryの口座開設はこちらから可能です。

\口座開設はこちらから/

また、Axioryについて詳しくはこちらの記事で解説しています。

exness

ハイレバレッジで取引したい人は、exnessがおすすめです。

exnessではなんと無制限のレバレッジを提供しており、口座残高次第では他の業者ではできないような取引が可能です。

ナルキスト
ハイレバレッジの取引はハイリスク・ハイリターンです。計画性を持って取引しましょう。

また、スプレッドやスワップポイントなどの取引条件も優れているのが魅力です。

exnessの口座開設はこちらから可能です。

\口座開設はこちらから/

XM Trading

ボーナスを使って取引したい人は、XMがおすすめです。

XMでは常に豊富なボーナスキャンペーンを行なっており、口座開設や入金するだけでも十分なボーナスがもらえます。

ランラン
その代わり、取引条件は優秀ってほどでもないみたい。

また、XMは海外業者でもっともメジャーなので安心感もあります。

少額投資でもボーナスでお得に取引したい!という人は、XMで取引するのも良いでしょう。

XMの口座開設はこちらから可能です。

\口座開設はこちらから/

FXのVPSまとめ

自動売買を利用するなら、VPSはほぼ必須です。

取引画面をそのまま開いて放置しておくと、パソコンに負荷がかかったり、思わぬ損失を受けたりする可能性があります。

ランラン
月額がかかるけど、安全性を考えたら絶対必要だね!

ナルキスト
最近は安いVPS業者も増えていて、月額料金もそれほどかからないよ!

VPS業者を選ぶときのポイントは、次の3つです。

VPS業者を選ぶポイント
  • 月額料金の安さ
  • サーバーの安定性
  • 運営会社の実績

サーバースペックや料金は、業者によって異なります。

自分の運用目的に合ったVPS業者を選択し、快適に自動売買を運用してみましょう。

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう