anzo capital

Anzo Capital Limitedは2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本語対応を始めたばかりの新興FX業者です。

Anzo Capitalはまだまだ国内で知名度がないものの、RAW口座でのスプレッドがかなり狭く、入金ボーナスキャンペーンなども積極的に行っていることから、これから話題になっていくこと間違いなしの為替FX業者だと思っています。

そんな今回はAnzo Capitalの特徴やメリット/デメリット等を解説していきます。

最後に、当マガジンの読者の方のために、AnzoCapitalに突撃インタビューした内容もあるのでそちらもお見逃しなく!

目次

Anzo Capital Limitedについて

Anzo Capital 特徴メリット
名称Anzo Capital Limited(アンゾーキャピタル)
設立2016年
ライセンスIFSC/ベリーズ
レバレッジ最大500倍
取引銘柄通貨:47
仮想通貨:4
商品:2
指標:11
プラットフォームMT4
追証なし
ロスカット水準20%
日本語サポートあり(24時間体制あり)

Anzo Capital Limitedのメリット

最大レバレッジ500倍で取引できる。

Anzo Capitalは最大500倍レバレッジで取引することができます。

例えば、XLNTradeは最大400倍レバレッジですが、商品毎によって倍率が変わってしまいます。
(通貨:400倍、インデックス:200倍)

しかし、Anzo Capitalはどの商品に対しても500倍レバレッジをかけることができるので、仮想通貨もなんと500倍で取引することができます。

ロスカット水準は20%以下

Anzo Capitalのロスカット水準は20%以下です。

他の海外FX業者はロスカット維持率が50%~100%の所が多いので、それらと比較するとかなり低いことがわかります。

よくロスカットされてしまう方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

RAW口座のスプレッドが海外FXトップクラスに狭い

Anzo CapitalはRAW口座とスタンダード口座の2つが用意されています。

RAW口座はスプレッドがかなり狭く、海外FX業者の中でもトップクラスの狭さであるため、口座選ぶ際はRAW口座を選ぶことをおすすめします。

以下、RAW口座とスタンダード口座のスプレッド比較表です。

RAW口座スタンダード口座
取引手数料往復0.72pips無料
USD/JPY1.12pips(0.4pips)1.5pips
EUR/JPY1.02pips(0.3pips)1.4pips
GBP/JPY1.42pips(0.7pips)1.9pips
AUD/JPY1.12pips(0.4pips)1.6pips
EUR/USD0.82pips(0.1pips)1.2pips
GBP/USD1.12pips(0.4pips)1.6pips
AUD/USD0.92pips(0.2pips)1.6pips

RAW口座の括弧がスプレッドになりますが、こちらは手数料の往復0.72pips分が足されます。

それを加味してもRAW口座の方がスプレッドが狭いことがわかりますね。

取り扱い商品が豊富

Anzo Capitalは取り扱い商品が豊富なことも魅力的です。

取扱い銘柄
  • 通貨:47
  • 商品:2
  • 指標:11
  • 仮想通貨:4

メジャーなペアからマイナーなペアまで一通り網羅しており、為替ペアだけでなく、貴金属やCFD商品、仮想通貨も幅広く対応しているため、トレードの幅が広がります。

あどまん
最近は仮想通貨FXから為替にチャレンジしようとしているトレーダーも多いので、一つの口座で仮想通貨と為替の取引が行えるのはかなり助かりますね。

ビットコインを始めとする仮想通貨も取り扱っている

Anzo Capitalは仮想通貨も取引することができます。
取扱い銘柄は4銘柄あり、メインどころを押さえています。

仮想通貨取扱い銘柄

  • ETHUSD
  • BTCUSD
  • LTCUSD
  • XRPUSD
気になる手数料はビットコインをRAW口座で取引した場合、720円/Lotなのでまずまず安いです。
片道(エントリーと決済)で720円かかると、手数料が高すぎるのでデメリットだなぁと思いましたが、Anzo Capitalは往復で720円/Lotなので仮想通貨FX取引所の「CryptoGT」のスプレッド分と同等程度になります。
為替FX業者は仮想通貨を取り扱っていても、スプレッドがかなり広かったり、手数料が高かったりで使い物にならないところが多い中、Anzo Capitalはかなり健闘している方だと思います。

入金ボーナスキャンペーンも行っている

Anzo Capitalは口座開設&LINE公式アカウント追加ボーナスキャンペーンだけでなく、入金ボーナスも定期的に実施されています。
Effect Window
外部リンク最大50%入金ボーナス (Dec 2019) - AnzoCapital.com

1万円以上入金した場合のみ適応されますが、最大10万円まで入金額の50%分のボーナスが付与されます。

ボーナス受け取り方法

  1. Anzo Capitalの担当者より電話もしくはメールを受け取ってから7日以内にライブ口座へ1万円以上入金
  2. 1万円以上を入金した後、jp.support@anzocapital.comへ連絡
件名:50%入金ボーナス、本文:お客様の氏名とMT4口座番号
3.MT4のクレジット欄に50%入金ボーナス付与
※ボーナス付与は 月-金の12:00-20:00(日本時間)10:00-18:00 (シンガポール時間)
また、ボーナスを受け取る場合は、以下の適応条件を満たす必要があります。
少々条件が多いですが、決して難しいものではないので安心してください。

ボーナス適応条件

  • ボーナス最大10万円まで
  • 1度のみ利用可能
  • 対象口座:スタンダード口座
  • 電話およびメールを受け取ってから7日以内にライブ口座へ1万円以上入金
  • 1LotのFX取引につき50円をクレジットから有効証拠金へ変換
    ※CFD、貴金属、仮想通貨の取引は対象外
    ※1Lot =10万通貨
  • 毎週月曜日にクレジットから有効証拠金へ変換
  •  ボーナス消滅:利用可能期間の60日以降
    有効証拠金額がボーナス額以下になった場合
    ボーナスを保有中に出金をした場合

この入金ボーナスキャンペーンは新規ユーザーだけでなく、既存ユーザーにも適応されるキャンペーンなので、誰もがお得に利用できますね。

Anzo Capital Limitedは約定力が99%

Anzo Capital約定力が脅威の99%で、約定スピードも平均200msなので、注文がほぼ確実に通るところも魅力的なポイントですね。

他FX業者と比較してみましたが、約定スピードは平均300ms~400msの業者が多かったので、平均200msはかなり優秀であることがわかります。

約定率とは?

約定率は成行注文の成立度合です。
例えば、101.1で注文を出したときに101.1で注文が成立する率のことを約定率といい、業者によっては101.1で注文を出しても約定しない所も多々あります。そのため、業者選びの際は約定率がどのくらい高いか注目しておく必要があります。
※約定率は、約定数÷注文数で算出され、この数値が100%に近いほど優れています。

約定スピードとは?

約定スピードとは、注文してから約定するまでの速さのことです。
チャートは常に動いており、値動きが激しいときに約定スピードが遅いと、注文した時のレートと約定した時のレートが異なる場合があります。

約定スピードが速いからと言って必ずしも約定力が高いとは言えないですが、Anzo Capitalはどちらも優秀なので、安心して取引を行うことができますね。

MT4がWeb対応している

Anzo CapitalはMT4がWeb対応しています。

WEB対応しているメリットとしては、どのPCからでも取引できることです。

WEBでMT4を利用する方法は、Anzo Capitalの管理画面から「MT4ウェブターミナル」をクリックすると利用できます。

Anzo Capital 特徴 メリット

デイリーレポート、ウィークリーレポート配信をしている

Anzo Capitalは自社のアナリストによるメジャー通貨ペア及びコモディティのチャート分析を行っており、デイリーレポート、ウィークリーレポートとして配信しています。

こちらがデイリーレポートになりますが、このようにプロのアナリストが毎日分析しているため、主要銘柄の動きを把握することができます。

また、以下の画像がウィークリーレポートですが、かなり丁寧にまとめられており、その週の出来事やチャートの動き等をまとめて把握することができるので、自分のチャート分析に活かすことができます。

Anzo Capital 特徴 メリット

あどまん
普段あまりニュースを見ておらず、ファンダに疎いことが悩みでしたが、このデイリーレポート、ウィークリーレポートを読むようになって以降、少しだけファンダへの抵抗感が和らぎました。

金融ライセンスを取得しており、信頼性がある

利用する海外FX業者を選ぶ際に気にしなければならないのが金融ライセンス取得有無です。

Anzo Capital Limitedはベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)、オーストラリアのASICのライセンス認可を受けています。

特にオーストラリアライセンスは取得するための規制が厳しいので、ASICのライセンス認可を受けているのは信頼性がある業者であることがわかります。

金融ライセンスを取得していないFX業者は、突然倒産したり、出金拒否をしても誰も守ってくれないので、利用するには非常にリスクが高いです。

あどまん
国によって、ライセンスの取得難易度が異なり、レベルの高い金融ライセンスを有していれば、それに越したことはありませんが、いずれにせよ金融ライセンスに登録されていることは安心材料ですね。

無料でVPSを利用できる

ANZO Capital Limitedは無料でVPSを貸してくれます。

しかし、下記の条件を満たす必要があります。

無料VPSの利用条件
  • 口座残高が毎月平均して5000ドル(約60万円相当)以上
  • 1ヶ月で5lot以上取引している

仮に、条件を満たせない場合でも、月35ドル(約4,000円相当)で貸してもらうことができます。
MT4口座からの引き落としで決済できるので、不要な手間もかかりません。

VPSは自動売買メインで取引している人にとってはかなりメリットになります。

日本語サポートが手厚く、複数の問い合わせ手段が用意されている。

Anzo Capital Limitedは日本語サポートが手厚すぎます。

問い合わせ手段は4つも用意されており、それぞれ日本時間で平日7:30から20:00までサポートを対応しています。

問い合わせ手段

  • 電話
  • LINE
  • チャット
  • メール

LINEで質問できる手軽さは他のFX業者にはないメリットです。

しかも、問い合わせの回答もめちゃくちゃ早く、1分以内には返信が来ました。

LINE公式アカウントQRコード

あどまん
迅速に、丁寧に、回答してくださったので、この記事を書く上での疑問もすぐに解決することができ、スムーズに理解促進が図れました。
メールは行ったり来たりするだけで時間がかかりますが、チャットやLINEのようなツールだとトントン拍子で進んでいくので、かなりありがたかったです。

Anzo Capital Limitedのデメリット

ここからはAnzo Capitalのデメリットについて説明していきます。

正直、あまり大きなデメリットが見つかりませんでしたが、3点ほど挙げさせていただきます。

Anzo Capital Limitedは運営歴が短く、実績が浅い

Anzo Capitalはまだ運営歴が短く、実績が浅いことがデメリットとして挙げられます。

2016年に設立し、日本進出は2018年6月のためまだまだ新興業者です。

ライセンス認可され、全額信託保全もあるので、信頼性のある業者かと思います。

しかし、油断は禁物、ということは念頭に置いておかなければなりません。

キャンペーンボーナスのハードルが少し高い

Anzo Capitalは口座開設ボーナスと入金ボーナスキャンペーンを実施していますが、他の海外FX業者と比較すると、若干適応されるまでのハードルが高く感じます。

50ドルもらえる口座開設&LINE公式アカウント登録キャンペーンは、「スタンダード口座で一度に最低20,000 円/RAW口座で一度に最低50,000円の入金」が必要です。

しかし、上記でも述べさせていただいたように、Anzo Capitalはスプレッドの狭いRAW口座で取引すべきです。

そのため、口座開設ボーナスキャンペーンは実質50,000円の入金が必要条件となってきますし、入金ボーナスキャンペーンの20%を適応させるためにも、最低50,000円入金する必要があるので、ボーナス貰うためにはAnzo Capitalをメイン口座として利用するつもりで入金しなければなりません。

あどまん
豊富な取り扱い銘柄と狭いスプレッドを誇っているので、メイン口座として利用する分にもなんら問題ないFX業者だと思うので、僕は決してハードルが高いとは感じませんでした。

JPYを入金するためにはbitwalletが必須

ANZO Capital Limitedに日本円で入金するためにはbitwalletが必須です。

bitwalletとは?
bitwallet PTE LTDが提供するオンラインウォレットサービスです。
既に日本語専用サイトもオープンし、専用口座への入金は各クレジット/デビットカード、三井住友銀行、みずほ銀行からの入金できます。
また、仮想通貨による入金にも対応しており、日本人が海外為替取引所を利用するためにはほぼ必須サイト。
bitwallet(ビットウォレット)の特徴
  • 手続きが簡単・手数料も格安・入出金も早い
  • 日本人スタッフによる万全なサポート
  • 国内銀行や仮想通貨による入出金も可能
  • シンガポール金融庁より資金保持・移動業者としての許認可取得の免除が認められている

ANZO Capital Limitedは国内銀行送金が非対応で、クレジットカードや銀行送金での入金は、全てドルやユーロなどの外貨で処理されてしまいます。

そのため、bitwalletアカウントをお持ちでない方は、口座開設と同時に用意するようにしましょう。

登録方法や操作方法に関してはこちらの「bitwallet(ビットウォレット)の使い方紹介|ほとんどのFX業者に対応している入出金手段」の記事に詳しくまとめておりますので是非ご覧ください。

Anzo Capital Limitedの口座開設方法

続いて、Anzo Capitalの口座開設について解説していきます。
まず、Anzo Capital公式HPにアクセスし、「ライブ口座開設」をクリックしてください。
Anzo Capital 登録方法

個人情報の入力

アクセスすると、口座開設に必要な必要事項の記入欄が表示されますので、記入していきます。

記入されましたら、「送信」をクリックしましょう。

Anzo Capital 登録方法

項目

  • ローマ字氏名
  • 日本語氏名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • パスワード
  • 確認用パスワード
  • 口座選択(個人口座)
  • 出身地
  • 紹介コード

顧客プロフィールの入力

続いて、顧客プロフィールの入力に入っていきます。

Anzo Capital 登録方法

項目

  • 称号(男性ならMr、女性ならMsを選択)
  • ローマ字氏名
  • 生年月日
  • 国籍
  • 米国住居者の確認
  • プロモーションコード
  • 基本通貨(JPY)
  • 電話番号
  • その他連絡先
  • メールアドレス
  • 住所(〇〇区以降を記入)
  • 郵便番号
  • 都道府県/市区町村(日本語で大丈夫です)
  • 国名

全て記入し「送信」をクリックすると、確認画面になりますので、規約に同意し再度「送信」をクリックしましょう。

本人確認書類の提出

続いて、本人確認書類の提出です。

本人確認書類と現住所が確認できる書類の2点を提出する必要があります。

必要書類

  • 本人確認書類:パスポート/運転免許証/マイナンバーカード等、顔写真つきのもの(両面)
  • 現住所が確認できる書類:最近3か月以内の電気・水道料金等の公共料金の請求書、地方税証明書、銀行のご利用明細書やクレジットカードの請求書

 

Anzo Capital 登録方法

各書類を選択し「アップロード」をクリックしてください。

メールの認証

あとは、登録したメールアドレスにAnzo Capitalからメールが届いているので、「Eメールの認証」をクリックして登録完了です。

Anzo Capital 登録方法

ログインすると、以下のような管理画面が表示されると、取引が開始できます。

Anzo Capital 登録方法

Anzo CapitalはプラットフォームMT4を利用して取引を行います。

MT4の設定方法についてはこちらの記事で解説してますので、分からない方は参考にしてみてください。

関連記事【完全版】MT4/MT5の特徴や使い方をご紹介 | スマホでのトレードはMT4/MT5が一番おすすめ!

Anzo Capital Limitedの特徴一覧

いかがでしょうか。

Anzo Capitalはボーナスとスプレッドのバランスが非常に良く、初心者にも中級者にもオススメできるFX業者です。

また、ビットコインを始めとする仮想通貨もそこまで高くない手数料で取引することができるので、ひとつの口座で為替と仮想通貨の両方で取引できるのは、非常に魅力的だなと感じました。

ぜひ、興味を持ちましたら利用してみてください。

Anzo Capitalの特徴一覧

  • 最大レバレッジ500倍で取引できる。
  • ロスカット水準は20%以下
  • RAW口座のスプレッドが海外FXトップクラスに狭い
  • 取り扱い商品が豊富
  • 仮想通貨も取り扱っている
  • 口座登録&LINE公式アカウント登録キャンペーンを実施している。
  • 入金ボーナスキャンペーンを実施している。
  • MT4がWeb対応している
  • デイリーレポート、ウィークリーレポート配信をしている
  • ベリーズの金融ライセンスを取得している
  • 日本語サポートが手厚い
  • 運営歴が短く、実績が浅い
  • キャンペーンボーナスを貰うハードルが少し高い
  • JPYを入金するためにはbitwalletが必須

AnzoCapitaln担当者に突撃インタビューしてみた!

AnzoCapital

今回は、当マガジンの読者の方のためにという事で、AnzoCapitalの方が当マガジンのインタビューに答えてくれました!

インタビューの内容としては下記の通りです。

インタビュー内容

  • ①当マガジンの読者には、これから海外FXを始める方が多くいます。その方達に向けて、
    AnzoCapitalの強み/アピールポイントを教えて下さい
  • ②他社にはない独自のサービス/システム/セミナー等はありますか?
  • ③今後、力を入れていく予定のサービス/システム/セミナー等はありますか?
  • ④2020年は市場はどのようなトレンドになると予想していますか?
    または、今年注目すべき銘柄はありますか?
  • ⑤現在、AnzoCapital様の課題は何と考えられていて、今後どのように改善していく予定でしょうか?
  • ⑥現在AnzoCapital様を利用中の方に向けて、メッセージなどあれば宜しくお願いします

それでは、1つずつ紹介していきます。

①当マガジンの読者には、これから海外FXを始める方が多くいます。その方達に向けて、AnzoCapitalの強み/アピールポイントを教えて下さい

Anzo Capitalでは、外国為替、貴金属、CFD等、幅広いトレード商品をご提供しております。

また、リアルタイム入出金をご提供しており、これらは手数料なし(方法により諸条件を満たした場合)、3時間以内の処理を心がけております。

Anzo Capitalではご入金頂いた資金が他の通貨に変換される場合、透明性をもって処理されるよう、変換率はお客様がご入金頂く前に表示されるようになっております。

また、月曜日から金曜日まで日本語による献身的で有効的なサポートサービスをご提供しており、スタッフの知識教育にも力を入れております。

②他社にはない独自のサービス/システム/セミナー等はありますか?

Anzo Capitalでは現在、最大50%入金ボーナスプロモーションを継続しております。

こちらは、新規および既存のお客様の両方がご利用頂けるものでございます。

トレーダーのお客様はライブ口座(スタンダード口座)に最低入金額1万円の入金を行うだけで、50%のボーナスを受け取る事が可能です。

狭いスプレッドかつ、最大50%入金ボーナスをご提供させて頂いておりますので、ぜひこの機会にご利用頂ければと思います。

③今後、力を入れていく予定のサービス/システム/セミナー等はありますか?

現時点では、リクイディティプロバイダー様と協力し、トレーダーの皆様がリスク戦略や取引戦略を多様化出来るよう、商品の拡大を目指しています

商品は株式や金銀以外の貴金属などの商品を検討しております。

現在進行中のもう1つの予定は、MT5取引プラットフォームの導入です。

株式や先物などの取引に関して、お客様の選択肢が広がるよう近い将来導入予定です。

④2020年は市場はどのようなトレンドになると予想していますか?または、今年注目すべき銘柄はありますか?

弊社アナリストはゴールド、米ドル、ポンドに注目しています。

ゴールドは、貿易の不確実性、ウィルスの発生、FOMC(連邦公開市場委員会)からの金利引き下げの中で、安全避難資産として注目されます。

また、イングランド銀行の利下げが期待でき、ポンドにも注目です。イギリスがEUを離脱した今、貿易協定がどのように展開していくのかにも注目されるでしょう。

さらに、コロナウィルスの拡大は豪ドルに影響を与えている為、こちらも注目しておくべき通貨だと思います。

⑤現在、AnzoCapital様の課題は何と考えられていて、今後どのように改善していく予定でしょうか?

現在、Anzo Capitalでは月曜日から金曜日まで7言語でお客様のサポートを行っております。

これからも世界中のお客様にご利用頂けるよう拡大を予定しており、サポート体制の強化を考えております。特にローカル言語でのお客様サポートは重要であると認識しています。

また、拡大に伴い、入出金方法の拡大も考えております。

ビジネスの拡大、これらの潜在的な課題に取り組めるよう、力を入れていく次第です。

⑥現在AnzoCapital様を利用中の方に向けて、メッセージなどあれば宜しくお願いします

創業以来、Anzo Capitalでは効率的で有効的なサポートサービスと共に、全てのお客様に信頼できる安全な取引環境をご提供する事を念頭に邁進して参りました。

お客様のAnzo Capitalへの継続的な信頼とサポートに感謝致します。

今後共、数多くの成功とマイルストーンを一緒に歩んでいける事を楽しみにしております。

まとめ

今回は、まだ日本語でのサポートが始まったばかりのAnzoCapital(アンゾーキャピタル)について紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

あどまん
インタビューの内容からも分かる通り、AnzoCapitalはカスタマーサポートを非常に重視している事が分かりますね。
当マガジンの経験から言っても、長期的にみるとサポートに力を入れるのは非常に効果的でユーザの増加に繋がるため、今後の更なる成長に期待できますね!
今後もAnzoCapitalから目が離せません!

 

【2020年9月版】海外FX中級者以上の方はこちらもチェック!

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう