FXGTの評価

目次

FXGTの概要

fxgt

 

会社名360 Degrees Markets Ltd
所在地Victoria 8421720-1, Mahe, Seychelles
設立2019年
金融ライセンスセーシェルライセンス
資本金不明
日本語サポート
サポート内容チャットサポート、メール

FXGTは2019年に設立されたばかりの海外FX業者です。

海外FX業者の中には公式サイトが日本語に対応していないということもありますが、FXGTでは最初から日本語に対応しているので、ちゃんと日本のことを視野に入れた経営をしているといえるでしょう。

取得している金融ライセンスの信頼性が乏しく、どうやら信託保全もなされていないようなので、安全性を第一に考えている方にとっては少し気になる点といえます。

 

FXGTは2019年に設立されたばかりなので、口コミも少なく安全性に不安を覚える方もいらっしゃると思います。しかしその反面ボーナスキャンペーンが豊富など、メリットもあるのでぜひご利用を検討してみてください。

メリット
  1. 追証がないのでハイレバレッジの取引をリスクが少ない
  2. ボーナスキャンペーンが豪華
  3. 数少ないMT5に対応したブローカー
  4. 完全日本語対応
  5. チャットサポートの対応がはやい
  6. 出金拒否に関する報告は見られない
  7. 口座開設の手間が少ない
デメリット
  1. 新規に設立された海外FX会社なので口コミが少ない
  2. MT5にしか対応していないので、他の取引プラットフォームを引き継げない
  3. 約定力は不安なので、短期売買をメインにしている方には向いていない

 

FXGTの安全性・信頼性

セーシェル共和国の金融ライセンスを取得している

FXGTは公式サイトの下部に記載されている通り金融ライセンスとして、セーシェル共和国のライセンスを取得しています。

登録番号なども記載されていますが、セーシェルライセンスのサイトでは登録番号でライセンス所有社の検索ができないので、本当にライセンス登録をしているのか確かめることができません。

セーシェルライセンスのサイトを確認してみると、規定違反を犯してしまった企業にはライセンスの取り消しなどのペナルティを課しているようです。

セーシェル共和国金融ライセンスの公式サイトでも登録していることが確認できる

悪質なブローカーの中には「○○の金融ライセンスに登録している」と記載しておきながら、実際には登録していなかったということもあります。

そこで本当にFXGTがセーシェル共和国の金融ライセンスに登録されているのか、公式サイトにて確認したところ、ちゃんと名前が記載されていました。これでFXGTは「金融ライセンスに登録している」とはっきりといえますね。

日本の金融庁には登録されていない

海外FX業者には日本の金融庁に登録していない業者もあり、FXGTもそれらの業者と同様に日本の金融庁には登録していません。

なのでもしFXGTとの間でトラブルがあった場合でも、日本の金融庁は間に立ってくれるということはないので注意しましょう。

分別管理はなされているが、信託保全はなされていないため注意が必要

公式サイトによると分別管理がなされており、顧客の資産が会社運営に利用されるといったことはないようです。

信託保全に関してはサイト上でどこにも記載が見受けられなかったので、直接チャットサポートにて問い合わせしてみました。

しかしチャットサポートでも信託保全に関する明確な回答は得られませんでした。信託保全であるということはブローカー側からしても十分なアピールポイントであるはずです。なのでまったく明言してこないということからも、FXGTでは信託保全は期待できないでしょう。

ブローカー向けの保険に加入している

FXGTでは顧客の資産を守る方法として、ブローカー向けの保険に加入しています。こういった例は海外FX業者としては珍しく、顧客の資産を守るといったことにしっかりと重点を置いているといったもよいではないでしょうか。

FXGTは金融ライセンスの信頼性が低く、信託保全に関してもあまり期待できないので、安全性の面では不安が目立ちます。しかし保険に入っているということで、もし倒産してしまってもある程度保証されているようです。金融ライセンスと信託保全での安全性の不安を、保険で賄っていると考えても良いでしょう。

ですが忘れてはいけないのが「お客様の資産を全額保証」するといった明言がされていないので、もしもの時にどれぐらいの資産が返還されるかどうかは不明です。口座に入れた分は自己責任であるということを忘れないようにしましょう。

保険の信頼性はあまり期待できない?

実際に公式サイトを確認してみましたが、具体的にどのような商品があるのかなどの記載は見当たりませんでした。

サイトには「それぞれに合った保険を提供する」という旨の記載がありますが、具体例すら記載されていません。

また保険会社というのに何やらサイトの作りも簡素な印象を受けます。少々難癖かもしれませんが、トレーダーにとってもブローカーにとっても重要な保険会社なのですから、一目で安心できるような保険会社を選んでほしいものです。

追証はないので、ハイレバレッジのリスクも最低限で利用できる

公式サイト上でも追証はないと明記されています。

FXGTでは最大500倍のレバレッジをかけて取引をすることができるので、ハイレバレッジで取引をする方にも安心できますね。

追証って?

FX取引を行う際、証拠金をFX会社に預けて取引を行いますが、証拠金以上の損失があった場合FX会社から証拠金の追加入金を求められます。追証はポジションが含み損から含み利益の状態になっても解消されず、一度含み損が発生すると追加入金をしなければいけません。

「追証なし」ということは証拠金以上のリスクを取る必要がないので、ハイレバレッジなど攻めた取引を行うことができます。

あどまん
設立から日が浅い海外FX業者ということで、やはりまだまだ信頼性・安全性という面では不安が残ります。
利用者も少ないので口コミも見られず、トレーダーからの意見も参考にできません。
金融ライセンスや保険に関してもマイナーなものを取得しており、手放しで信頼できるわけではありません。
海外FX業者を利用するうえで、安全性・信頼性を重要視する方は口コミが増えてくるまで待ってみるのも良いでしょう。

 

FXGTの評判・口コミ

日本の口コミ

FXGTに関する日本の口コミをTwitterにて調べてみました。

良かった点
  • 悪い噂がない
  • 将来性のあるMT5が利用されている
  • 取引環境は良好
悪かった点
  • 口コミが少なすぎる
  • MT5がまだまだ利用し慣れていない

 

設立からまだ時間がたっていないということもあってか、他のFX業者と比べてまだまだ口コミも少ないです。

しかし少ない口コミの中でもFXGT自体に苦言を示している方は見当たりませんでした。しいて言えばMT5という比較的マイナーな取引プラットフォームを採用していることによって、普段MT4を利用している方は戸惑っているようです。

海外の口コミ

海外の口コミとしてforex peace armyという海外のFXブローカー評価サイトにてFXGTの口コミを調べてみましたが、海外の口コミは見当たりませんでした。

 

設立されて間もないので目立った受賞歴もない

FXGTは2019年に設立されたばかりのFXブローカーなので、まだ目立った受賞歴は見当たりませんでした。

あどまん
FXブローカーを選定する際は口コミを確認することで、自分よりも経験のあるトレーダーの意見や実際に取引したうえでの不満点などを知ることができます。
これによりブローカーを選びで大きな失敗をするということを避けることができますが、FXGTの場合まだまだ参考にできる口コミが少ないです。
その分悪い噂も出回っていませんが、確かな信頼性を確かめてから取引を行いたいという方は、もう少し待ってみるのも良いかもしれません。

 

FXGTの約定力について

FXGTの約定力は高くない

約定力が高ければ自分の思い通りに注文を通すことができるので、スキャルピングやデイトレードのような短期売買を行うトレーダーにとってはとても重要なポイントです。

FX業者を選ぶうえで大きな指標となる約定力ですが、FXGTの約定力は期待できるほど高くはないと言えるでしょう。

公式サイトでは「MT5を採用しており、約定率は100%」と記載されていますが、実際に取引をするうえで重要な約定スピードについては言及されていませんでした。ほかの海外FX業者であれば「○○秒以内で約定!」や「サーバーを定期的にアップグレードしています!」などの約定力をアピールしていますがFXGTでは一切見当たりません。

約定力のような感覚的なことに関しては、中上級者のトレーダーの意見が聞きたいところですが、Twitter上でもまだまだ口コミが少なく、FXGTを利用しているトレーダーの約定に関する意見も分かりません。

数少ない口コミのなかで約定力に言及するものも見つかりますが、かなりバッサリと言い切っていますね…。

現状では調べるすべがないのでハッキリと言い切ることはできませんが、公式サイトでのアピールがないところを見るに期待はできないでしょう。

DD業者、NDD業者のどちらなのかはまだ不明

海外FX業者を選ぶうえで外せないのが、DD業者かNDD業者のどちらかということですが、現状FXGTがどちらに当てはまるかはまだはっきりとわかっていません。

DD業者・NDD業者って?
DD業者の場合、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入します。
トレーダーの注文は市場にそのまま注文されず、いったんFX会社がすべての注文を決済します。その後注文を通すか通さないかはディーリングデスクと呼ばれる、会社のプロディーラーが判断することになります。つまりトレーダーの意思通り注文が通っているかどうかは確認できないということです。
DD方式ではトレーダーが損をすればするほどFX会社が儲かり、トレーダーが勝つほどFX会社が損をするという仕組みになっています。なので悪質なDD業者の場合、会社の利益を優先してわざとトレーダーを負けるような決済を行うこともあるので注意が必要です。
反対にNDD業者の場合、FX会社(ディーラー)がトレーダーとインターバンクの間に介入することはありません。
なのでトレーダーの注文通りに取引を行うことができます。DD方式の中には、自社の利益を重視したレート操作をすることもあるので、透明性のある取引ができるという点は見逃せません。

ブローカーがどちらの方式を採用しているのかは公表していないことも多く、Twitter上での口コミから判断することが多いです。

悪質なDD業者の場合、「突然チャートが変な動きをする」などの報告があるので、その業者が自社の利益を優先するブローカーなのかどうかはすぐに分かります。たとえDD業者であったとしても、チャートの動きなどについての悪い口コミが見受けられなければ、トレーダーを第一に優先するブローカーということになります。

しかしFXGTは設立からまだ日が浅いFX業者なので、そういった口コミを見つけることはできませんでした。

利用を考えている方は今後もTwitterなどの口コミをチェックしておくとよいかもしれません。

あどまん
約定に関することはブローカー自体も公表していなことも多く、どうしても口コミなどの情報に頼らざるをえません。
しかし前述の通りFXGTはまだまだ口コミが少ないFX業者なので、実際のトレーダーの意見を紹介することができませんでした。
今後とも調査を続けていくので、ハッキリと分かり次第記事も更新していきたいと思います。

 

FXGTのボーナスキャンペーン

FXGTはかなりボーナスキャンペーンに力を入れているようで、他の海外FX業者と比べても遜色ないようなキャンペーンを行っています。

以下ではFXGTが行っているボーナスキャンペーンについて実際の例を挙げながら解説していきます。

口座開設キャンペーン

FXGTでは新規口座開設者を優遇するような口座開設キャンペーンを定期的に行っているようです。実際に行われていた例をもとにしてみてみましょう。

新規登録3000円ボーナス

 

開催期間2020年8月1日~31日
詳細期間中にFXGTへ新規の登録し、アカウント認証、MT5口座の開設まで完了されると、証拠金として使用できるクレジット3,000円(30ドル相当分)を付与します。
注意点FXGTへの新規登録、アカウント認証、MT5の口座開設を全て期間内に行わなければ認証されません。特にすでにMT5の口座登録をしている方は対象外になってしまうので気を付けなければいけません。

 

入金ボーナス

FXGTでは口座開設ボーナスだけでなく、入金ボーナスもそろえられているので、口座開設ボーナスと入金ボーナスの二つを同時に利用することで、比較的少ない初期費用でも取引を行うことができます。

初回入金80%+2回目入金50%ボーナス

開催期間2020年8月1日~31日
詳細初回入金ボーナス上限額 10万円

二回目入金ボーナス上限額 25万円

注意点初回と二回目でボーナスの上限金額が違うので間違えないように注意する必要があります。

 

回数無制限!常時入金30%ボーナス

開催期間2020年8月1日~31日
詳細MT5に資金移動された方に30%のボーナスが与えられます。また入金回数に関わらず上限額まで受け取ることが可能です。
注意点一回の資金移動でのボーナス受け取り上限額
は日本円で40万円。

取引ボーナスは行っていないので注意

取引を行えば行うほどボーナスが付いてくる取引ボーナスですが、FXGTでは行っていません。

他のボーナスが豪華なだけに勘違いしてしまいがちですが、取引ボーナスは行っていないので注意しましょう。

あどまん
FXGTはボーナスキャンペーンに力を入れている業者であり、豊富な種類で豪華なボーナスを受け取ることができます。
まだ設立から日が浅いためか、新規登録者を優遇するようなボーナスキャンペーンが目立ちます。
また入金ボーナスや新規口座開設ボーナスなどは定期的に開催されているようなので、見逃さないようにしましょう。

 

FXGTの取引条件・取引時間・手数料

通貨ペア数は50種類と並レベル

FXGTで取り扱っている通貨ペア数は50種類と他の海外FX業者と比べても並レベルです。同じくらいの通貨ペア数を提供しているブローカーはTitanFXやXMなどがあるので、メジャー通貨があればそれで十分という方は問題なく利用できます。

取り扱い通貨ペア一覧
AUDCAD・AUDCHF・AUDJPY・AUDNZD・AUDUSD・CADCHF・CADJPY・CHFJPY・EURAUD・EURCAD・EURCHF・EURCZK・EURDKK・EURGBP・EURHUF・EURJPY・EURNOK・EURNZD・EURPLN・EURSEK・EURTRY・EURUSD・GBPAUD・GBPCAD・GBPCHF・GBPJPY・GBPNZD・GBPSEK・GBPUSD・NZDCAD・NZDCHF・NZDJPY・NZDUSD・USDCAD・USDCHF・USDCNH・USDCZK・USDDKK・USDHKD・USDHUF・USDHUF・USDJPY・USDMXN・USDNOK・USDPLN・USDRUB・USDSEK・USDSGD・USDTRY・USDZAR・TRYJPY

 

スプレッドはあまり期待できない

メジャーな通貨ペアFXGTXMTitanFX

(スタンダード口座)

USDJPY1.4pips1.7pips1.33pips
EURJPY1.8pips2.3pips1.74pips
EURUSD1.4pips1.8pips1.2pips
AUDJPY2.7pips3.2pips2.12pips
AUDUSD1.6pips1.8pips1.52pips
GBPJPY3.5pips3.8pips2.45pips
GBPUSD2.2pips2.6pips1.57pips
CADJPY2.8pips3.3pips2.1pips
CHFJPY2.9pips2.9pips2.31pips

上記はメジャー通貨ペアにおけるFXGTとXM、TitanFXの平均スプレッドを比較した図です。

FXGTは口座の種類がないのでFXGT内で優秀な口座というのはありませんが、XMという有名な海外FX業者と比べても遜色ありません。

しかしスプレッドが狭い業者であるTitanFXと比較すると、かなり見劣りしてしまいます。スプレッドのような取引にかかる手数料は、取引を多くすればするほど負担も大きくなるので、とても無視できるものではありません。

結論としてFXGTのスプレッドはあまり期待できないので、狭いスプレッドを求めている方にはあまりオススメできないといえます。

FXGTのスワップポイント

銘柄スワップ(BUY)スワップ(SELL)
USDJPY3.33-10.12
AUDUSD-5.320.35
EURCHF-4.31-6.75
EURGBP-6.230.29
EURUSD-11.212.54
GBPUSD-9.651.96
NZDUSD-3.25-0.65
USDCAD-1.68-6.54
USDCHF4.23-12.01

上記のスワップポイントはFXGTの平均スワップポイントの値になります。

スワップポイントとは?
為替は国ごとに金利差によって、持っているだけで利益もしくは損益が発生します。その額をスワップポイントと呼びます。
為替ではこの金利差を1日ごとに調整する決まりになっているため、日にちをまたいでポジションを持ち続けた場合、スワップポイントが加算されていきます。短期のトレードの場合は気にならない金額ですが、長期で保有据える場合はスワップポイントも気にするべきです。
スワップポイント狙いで、保有し続けるスタイルのトレーダーも存在します。
スワップポイントは日ごとに変化していくので、スワップポイントを目当てにしている方は細かくチェックしてみてはいかがでしょうか。

最大レバレッジは500倍

FXGTの最大レバレッジは公式サイトに記載されている通り500倍になります。
国内のFX業者と違って日本の金融庁の規則に縛られない海外FX業者では、ハイレバレッジも珍しくなくFXGTの500倍という数字も並レベルといえます。
上の図は有名な海外FX業者の最大レバレッジをグラフにまとめたものになります。
いわゆるハイレバレッジを思う存分に生かした取引をしたいという方には1000倍以上のレバレッジをかけることのできる海外FX業者を選んだ方が良いでしょう。
もちろん500倍のレバレッジでも大きなレバレッジであることには変わりないので、ハイレバレッジの取引にこだわりのない方には十分オススメできるといえます。

MT5なので自動売買ツールもダウンロード可能

FXGTで利用できる取引ツールはMT5のみとなります。
MT5は世界中で利用されている取引ツールMT4の後継となる取引プラットフォームですが、まだまだ機能面では不便な場面も多いようです。
しかしMT5ではEAという自動売買ツールをダウンロードすることができるので、副業などであまりトレードに時間が割けない方であっても、自動で取引を重ねることができます。

口座の種類はなく、1種類のみ

海外FX業者であればブローカーでも複数の種類の口座を設けて、トレーダーにあった口座を選んで開設することができます。
しかしFXGTでは口座の種類は1種類のみで、「スプレッドが特別に狭い口座」や「ハイレバレッジをかけられる口座」などと好みに合わせて選ぶことはできません。

取引時間は月曜から金曜までの平日のみ

FXGTの取引時間は月曜00:05~金曜23:55になります。
業者の中には土曜日の朝まで受け付けているところもあるので、若干物足りなく感じるかもしれません。
しかし平日のうちは24時間取引を行うことができるので、残業で遅くなった方も問題なく利用することも可能です。サラリーマンをしている副業トレーダーの方でも安心の取引環境ですね。

あどまん
FXGTの取引条件についてまとめてみましたが、どれをとっても並レベルはあるといえます。
逆に言えば個性がないとも取れますが、特別なこだわりがなければ十分に利用できる取引環境であるともいえます。
FXGTは取引環境というよりもボーナスキャンペーンに力を入れているようなので、ボーナスキャンペーンに魅力を感じる方であれば、癖のない取引環境を存分に生かせるのではないでしょうか。

 

FXGTの取引ツール

取引ツールはMT5のみ

FXGTにて利用できる取引ツールはMT5のみになります。

MT4の後継となる取引プラットフォームです。しかし、MT4は世界中で使用されてきたのに対し、MT5はまだ歴史も浅く、MT4に劣っている部分も多いです。

MT4との違い

MT5はMT4の後継の取引プラットフォームに当たりますが、ここでは実際の違いについて解説していきます。

チャート時間足動作の快適さ将来性
MT4 〇(9種類)×
MT5 ◎(21種類)

 

チャート時間足はMT5のほうが多い

MT4の場合チャート時間足は9種類ですが、
1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足

MT5は21種類のチャート時間足があります
(MT4の時間足に追加して)2分足・3分足・4分足・6分足・10分足・15分足・20分足・2時間足・3時間足・6時間足・8時間足・12時間足

副業でトレーダーをしている方にとってはあまり恩恵が得られないかもしれませんが、専業でトレーダーをしている方にとってはうれしいですね。

動作が早い

MT5のほうがMT4よりも多くのメモリを使用していることにより、動作を早くすることが可能になっています。

だからといってMT4の動作が特別に重いというわけではないので、あまり実感はわかないのではないでしょうか。

MT4と違いアップグレードがされる

MT4もMT5もロシアのメタクオーツ社が開発している取引プラットフォームですが、MT4は2018年のアップデートを境に更新されていません。

メタクオーツ社自体がMT4の開発を終了しており、今後はMT5に力を入れていると言えます。

MT4のほうが優れている部分

ここでは実際にMT5よりMT4のほうが優れているといえる部分を紹介していきます。

カスタムインジゲーター数対応会社
MT4 
MT5

 

カスタムインジケーターは豊富

MT5ではMT4で利用されていたインジケーターを利用することができません。

なのでMT4を主に利用しているトレーダーには、うまみの少ないと感じられてしまうのも無理はありません。

MT5対応のFX会社が少ない

MT5はそもそも対応しているFX会社が少ないです。またMT4を利用している人でも、新たにMT5をインストールし直して、MT5用の口座を開設する必要があります。

反対にMT4の場合であれば、対応しているFX業者も多く、既に開設している口座を使いまわすことできるので、使い勝手が良いです。

あどまん
FXGTではMT5を取引プラットフォームとしています。
MT5はまだまだ主流のプラットフォームとは言えないので、FXGTを利用するという方は新しく開設しなければいけないという方も多いのではないでしょうか。
FXGTでは新規口座開設ボーナスの条件として、MT5の新規口座開設も含まれているので、ボーナス目当てで解説するのも良いですね。

 

FXGTの日本語対応・カスタマーサポートについて

公式サイトは日本語に完全対応

FXGTの公式サイトは日本語に対応しているので、英語が苦手な方でも安心して利用することができます。

海外FX業者の中には公式サイトが日本語に対応しておらず、利用する際はグーグルの日本語翻訳に頼らざるをえないような業者もありますが、FXGTでは自動翻訳のような不自然さもなく快適にサイトを回ることができます。

カスタマーサポートはメール、ライブチャットがある

カスタマサポート日本語対応対応時間
メール

(FXGTjpsupport@fxgt.com)

24時間
ライブチャット24時間

何か分からないことや聞きたいことができたとき、カスタマサポートで素早く質問できるかどうかというのは非常に重要なポイントです。

FXGTではメールとライブチャットでカスタマサポートを受けることができます。

カスタマーサポートは優秀

どちらも24時間受け付けているので、朝や昼に時間をさけられない副業トレーダーの方であっても問題なく利用することができます。

メールも利用できますが、よっぽど込み入った問題がなければライブチャットのみで問題を解決することができます。実際にライブチャットを利用してみましたが、10分もあれば返答が返ってきたので、ちょっとしたことでもストレスなく質問できますね。

あどまん
海外FX業者の中には日本語に対応しておらず、Google翻訳などを利用して公式サイトを回らなければいけないような業者もありますが、FXGTではそのような問題もなく気兼ねなく利用することができます。
またカスタマーサポートに関しても夜でも対応してくれるというのは、トレーダーに対して丁寧に向き合っているといえますね。

 

FXGTの提供ツール・情報

FXGTで初心者向けの情報を何も提供していない

海外FX業者の中には動画や解説記事提供している業者もありますが、FXGTでは何も提供していません。

こういった初心者が分からない情報を提供することができるブローカーは信頼できますが、FXGTはまだまだ設立から間もないということもあり、公式サイトを整える余裕がないのかもしれません。

中・上級者向けにFXGTのポジションを公開している

FXGTの公式サイトには中・上級者向けにFXGTのポジションを公開しています。

また公開されている情報は3時間ごとに更新されているようなので、しっかりと参考にできる情報を集めることができます。

公開されている情報は4種類

実際に公開している情報は上記の4種類です。

「Market Sentiment(longポジションとshortポジションの割合)」「Open Interest by Client(どの通貨ペアがトレーダーの関心を引いているかの割合)」「Open Position Ratio(ポジションの比率)」「Open interest by Value(取引通貨量からみる通貨ペア数の関心の割合)」が公開されています。

実際の取引に役立てるかどうかはトレーダーのスタイルによりますが、ブローカーを選ぶ際に考慮してみてはいかがでしょうか。

あどまん
FXGTで情報を集めるということはできませんが、情報を集めるだけならば、ネット上でいくらでもできるのも事実です。
FXGTは取引環境目当てということで割り切ってしまい、必要な情報は個別で調べるという方が良いかもしれませんね。

 

FXGTの口座開設方法と入出金方法

口座開設は比較的簡単!

ココではFXGTの口座開設方法について解説していきます。

先ずは公式サイトの右上の登録から口座開設をはじめます。

「名前」「メールアドレス」「パスワード」「居住国」「誕生日」を入力します。

次の画面に進むと、入力したメールアドレスに認証の確認メールが届くので、認証をしたのちに次の手続きに進むましょう。

再び公式サイトに戻って、「ログイン」からマイページに入ります。

「メールアドレス」「パスワード」を入力してログインします。

ログインしたのち、アカウントを認証させましょう。

ページにそって細かい個人情報を入力します。

「本人確認書類」と「現住所確認書類」を提出すると、アカウント認証は完了です。

書類さえ準備しておけば、口座開設は10分程度で完了するので比較的簡単なのではないでしょうか。必要な書類も最後に提出する「本人確認書類」と「現住所確認書類」のみなので、面倒な準備も少ないですね。

入金方法は7種類

入金方法手数料反映時間
仮想通貨入金1時間程度
bitwallet15分程度
STICPAY即時
銀行振込銀行による
VISA即時
MasterCard即時
JCB即時

※FXGTでは入金手数料は無料ですが、クレジットカード会社や銀行などの手数料はかかってしまいます。bitwalletは手数料が無料なのでFXGT側と合わせても、完全に手数料が無料になります。

入金方法の種類は他の海外FX業者と比較しても並程度ですが、メジャーどころは抑えられているので、問題なく利用できます。

入金方法としてはbitwalletがオススメです。上記に記載したとおり、他の入金方法と比較しても手数料が無料というのは非常に大きいです。入金が何度もかさむと手数料も積もっていきますが、手数料が無料だと将来的に大きいコスト削減につながります。

出金方法は4種類

出金方法手数料反映時間最低出金額
カード送金無料2営業日

(カードに反映されるのは1週間から1か月)

10ドル~
銀行振込無料

(銀行側の手数料はトレーダー負担)

2~5営業日100ドル~
bitwallet無料48時間以内10ドル~
仮想通貨無料48時間以内BTC:0.0001
ETH:0.00105
Tether:5
XRP:0.0001

FXGTの出金方法は上記の4種類です。

どれも出金手数料なのが魅力的ですね。注意しなければいけない点としては、入金方法と同様銀行側の手数料はトレーダー負担である点です。

なのでオススメの出金方法としてbitwalletが挙げられます。あまり出金しないという方であれば、手数料がかかったとしても銀行送金をするというのも有力ですね。

出金拒否などの事例は見られない

海外FX業者となると出金拒否という話題はどうしても出てきてしまいます。たとえどんなに利益を出してしまったとしても、悪質なブローカーによって出金ができなくなってしまっては意味がありません。

出金拒否の事例に関しては口コミで調査するのが最も確実です。しかしFXGTではそもそもの口コミ数自体が少ないので、参考例も他の海外FX業者と比べても少なくなってしまいます。

それでも現状ではFXGTでの出金拒否に関する口コミは見られなかったので、信頼できるブローカーと考えても大丈夫なのではないでしょうか。

もちろん今後この評価がどうなるのかは分からないので、気になる方は定期的な口コミチェックや大きな額を口座に入れないようにするなどの対策を行いましょう。

あどまん
海外FX業者で口座開設を行おうとすると面倒な手続きをさせられることがあるので、少し不安に感じた方もいるのではないでしょうか。
FXGTの場合、比較的簡単に口座を開設することができるので、スタートのハードルも低いですね。
出金拒否に関する事例はまだ見つかっていませんが、個人でいざというときの対策を取っておくなど、注意を怠らないようにしましょう。

 

【2020年9月版】海外FX中級者以上の方はこちらもチェック!

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに10年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう