Traders trust|口座開設・ボーナス・取引時間・入出金・評判・手数料

目次

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の信頼性・安全性について

海外FX業者は多数ありますが、選択する際、信頼性が気になりますよね。

TradersTrustは2009年に設立され、信頼性があるとはいわれていますが、本当に信用できるのでしょうか。

そこで、TradersTrustの信頼性、安全性についてご紹介します。

TradersTrustについて知りたい方は参考にしてみてください。

バミューダ法人登録のみで金融ライセンスは所有していない

運営会社TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED
所在地バミューダ
5th Floor, Andrew’s Place
51 Church Street, Hamilton HM 12
Bermuda
代表者不明
金融ライセンスなし
設立2018年10月
資本金不明

キプロス証券取引委員会(CySEC)管轄の金融ライセンスは、金融ライセンスは取得が難しいといわれています。

ヨーロッパ諸国で利用されているアカウントは、キプロス証券取引委員会(CySEC)管轄の金融ライセンスを取得しています。

一方、日本で利用されているアカウントは、現在、バミューダへ法人移管しており、金融ライセンスを保有していません

金融ライセンスは保有していないですが、世界的な監査法人の「PWC」「デロイトトーマツ」より監査を受けています。

そのため、比較的安全性は高いと言えるでしょう。

TradersTrustの信頼性

所在国バヌアツバミューダ
社名TTCM CAPITAL
MARKETS LTD
TTCM TRADERS
CAPITAL LIMITED
金融ライセンスバヌアツなし
顧客資産の安全性信託保全分別保管

TradersTrustは、現在、バミューダへ法人移管しています。

バミューダへ法人移管したことにより、自由度の高いサービスができるようにはなっていますが、規制が緩い分、安全性に不安を感じる方も多いです。

 金融ライセンスを保有しておらず、信託保全制度もないですが、分別管理を徹底しているので、安全性は問題ないと考えられています。

万一、顧客資金を使い込むことがあり、口座残高がマイナスになったとしても、ゼロカットがあり、マイナス残高はTradersTrustが補填してくれます。

 

金融庁から警告を受けていない

TradersTrustは、金融庁より無登録業者としての警告を受けていません

その点では、信頼性を損なう問題に関しては、対策をしていると言えるでしょう。

日本の金融庁ホームページ「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

(上記参照)

TradersTrustを選択する場合は慎重に!

TradersTrustは、信頼性のある海外FX業者ではありますが、金融ライセンスを取得していない点はネックになります。

通常、海外FXのほとんどは金融ライセンスを取得しています。

TradersTrust一本にしぼるのではなく、他の海外FX業者と比較して選択するのが良いでしょう。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の評判・口コミについて

「Traders Trust」について知るには、評判・口コミを見ると参考になります。

日本での口コミ、海外での口コミをご紹介しますので、参考にしてみてください。

日本での口コミ

「Traders Trust」での日本でのTwitter上の口コミは多数あります。

 

口座手続きに手間がかかるというツイートがあります。

口座手続きに手間がかかるというのは、優良な業者の証でもあるので、参考になるでしょう。

以前あったキャンペーンの口コミですが、現在は終了いています。

取引するのは、口座開設だけでもできますが、入金が全くないと、出金できるのは1万円のみになります。

Traders Trustは出金トラブルがないという口コミがあります。

出金スピードは、あまりはやくなさそうです。

ポンド系には不満を持っている方もいます。

良い口コミ

  • 出金トラブルがない
  • 出金拒否がない

悪い口コミ

  • 出勤スピードが遅い
  • 口座手続きに手間がかかる
  • ポンド系が不満

海外での口コミ

海外での口コミは星3.2以上ととなっています。

レビュー件数はそれほど多くはないですが、評価の高い業者の一つです。

口コミの例は以下の通りです。

  • ある程度は安心感がある(根拠記載なし)
  • スプレッドはPRO口座と同様、手数料だけが半額になった。

しかし、現時点では口コミ数が少ないので、増えるのを待つ必要があるでしょう。

良い口コミ

  • 全体的に使いやすい
  • a-book業者なので信頼度が高い
  • 公式ページの作成が丁寧

悪い口コミ

  • PRO口座はスプレッドが狭い
  • プロモーションのメンテナンスが悪い

Traders Trustの受賞歴はなし

Traders Trustはホームページやネットで確認したところ、受賞歴は確認できませんでした。

現時点では情報が少ないので、今後情報収集をしていく必要があるでしょう。

参考:Traders Trustのホームページ

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の特徴について

少額資金でFXトレードすることが可能

Traders Trustは、最大レバレッジ500倍でFXトレードすることができます。

レバレッジ最大500倍ということに対し、魅力的に感じる人は多いです。

具体的には、ドル円が100円の場合、TradersTrustであれば、2,200円という低額の必要証拠金になります。

少ない資金で、資金を倍増させたいという方に、TradersTrustはおすすめです。

しかし、簡単に大きなポジションを持てるので、資金管理が重要になります。

エントリー時には、最大損失を把握しておくようにしましょう。

完全NDD方式を採用

FXの取引方式は、DD(ディーリングデスク)方式とNDD(ディーリングデスク)方式に大別できます。

DD(ディーリングデスク)方式

  • 別名、相対取引、店頭取引と言われる。
  • トレーダーとFX会社、FX会社とインターバンク間で取引される。
  • 原則固定スプレッドであり、スプレッドが狭いのがメリット。
  • FX会社がトレーダーとインターバンク間に関与しており、「呑み行為」ができるため、取引が不透明になりがち。

NDD(ディーリングデスク)方式

  • FX会社を介さない
  • トレーダーとインターバンク間で直接決済
  • 「呑み行為」はなく、取引の透明性が担保されるのがメリット
  • トレーダーとFX会社との間に利益相反なし
  • FX会社の収益源がスプレッドからの手数料のみなので、スプレッドが広いのがデメリット

TradersTrustは、NDD方式を採用しています。そのため、取引の透明性は高いです。

追証無しで借金リスクなし | ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、FX業者に預け入れしている証拠金以上の損失を補填してもらえるシステムのことです。

TradersTrustではゼロカットシステムを採用しています。そのため、借金するリスクはないのです。

ゼロカットシステムは、日本では禁止されているので、海外FX業者特有といえるでしょう。

約定力が非常に高い

TradersTrustは、日本とロンドンの2か所に取引サーバーを設置しています。(2020年5月~

TradersTrustは、約定力が非常に高くなっています。

「EQUINIX(エクイニックス)社」のデータセンターにサーバーを設置していますが、「EQUINIX(エクイニックス)社」は約定力が非常に高いと定評なのです。

サクサク約定できるので、試してみると良いでしょう。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の約定力について

トレード業界においては、約定力が重要なポイントとなります。

Traderstrustの約定力についてご紹介します。

Traderstrustは、約定力が高いとの評判です。

Traderstrustでは、「0.04秒以内で99.9%の注文が約定」

Traderstrustでは、「0.04秒以内で99.9%の注文が約定」と約定力が高いです。

自社データにはなりますが、計測の基準が一定ではないので、評価が難しくなっています。

実際に、サクサク約定するのでストレスを感じにくいという評判が多いです。

約定力が高いのはほぼ間違いないでしょう。

また、Traderstrustであれば、スリッページの心配はほとんどありません。

インターバンク直結のNDD方式を採用

Traderstrustでは、インターネットバンク直結のNDD方式を採用しています。

NDD方式を採用することで、売買注文処理を安定させることができます。

「NDD方式」に関してなじみのない方も多いですが、「NDD方式」とはFXディーラーを介さずにインターネットバンクに直結する方法です。

FXディーラーを介さない分、約定が高速になります。

トレード業界は0.001秒を争うので、NDD方式の採用は非常に重要なのです。

Traderstrustは日本とロンドンの2カ所に取引サーバーを設置

Traderstrustは、日本とロンドンの2カ所に取引サーバーを設置しています。

そのため、約定力がさらに高くなっています。

「EQUINIX(エクイニックス)社」は約定力が非常に高いため、「EQUINIX(エクイニックス)社」のデータセンターにサーバーを設置しているのです。

以下のような記載が、Traderstrustのホームページにあります。

EQUINIX社のサーバーは、パフォーマンスが高いのが魅力です。さらに、柔軟性が高く、地理的に異なる設備でパートナーエコシステムを相互接続することが可能です。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)のボーナスキャンペーンについて

Traders Trustは、キャンペーンを積極的に行っています。

そこで、Traders Trustのボーナスキャンペーンについてご紹介します。
Traders Trustのボーナスキャンペーンは魅力的なものが多いので、参考にしてみると良いでしょう。

口座開設ボーナス(期間限定→終了)

口座開設ボーナスは2019年3月~12月末頃まで行われていましたが、現在は終了しています。

期間限定のボーナスでしたが、今後の開催に期待です。

前回の口座開設ボーナスは、口座開設のみで5,000円のボーナスがもらえるというキャンペーンでした。

以下が前回の講座開設ボーナスのポイントです。

  • キャンペーンは期間限定
  • 講座開設のみで5,000円もらえる
  • 1人1回のみ
  • ボーナスの出金は不可
  • 利益を出金する際は、5ロット以上の取引が必須
  • 1万円まで利益を出金できる

100%入金ボーナス

「100%入金ボーナス」は2020年度は常時開催される予定です。

このボーナスは、上限が1,000万円と高額になっています。

入金額ボーナス額合計金額
10万円10万円20万円
50万円50万円100万円
100万円100万円200万円
500万円500万円1,000万円
1,000万円1,000万円2,000万円
2,000万円1,000万円3,000万円
  • 100%入金ボーナスのポイント
  • 期間限定
  • 入金のみでボーナス獲得
  • ボーナス付与率が入金額の100%
  • 対象は10万円以上

100%入金ボーナスは現在も行われているキャンペーンです。

トレーディングコンテスト

直近のトレーディングコンテストは2019年10月21日~12月18日まで行われていました。

現在は終了していますが、賞金総額は100,000ドルと非常に高額なコンテストが行われていました。

  • トレーディングコンテストで賞金獲得可能
  • 賞金・利益の出金は制限なし
  • 最低入金額は10万円以上
  • 約2ヶ月の取引期間

再びトレーディングコンテストが開催される可能性が高いため、チャレンジしてみると良いでしょう。

TradersTrustのボーナスは高額入金する人におすすめ

TradersTrustのボーナスは、高額入金をする人にとって、メリットが大きいです。

逆に、取引量や入金額が少ない人には、キャッシュバックが少ないでしょう。

TradersTrustのボーナスに関しては、知識がある方が有利になるので、情報収集しておくことが大切です。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の取引条件について

Traders Trustの取引条件についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

取引条件

取引時間夏時間:(月曜) 午前 6:00 ~(土曜) 午前 6:00(日本時間)
冬時間:(月曜) 午前 7:00 ~(土曜) 午前 7:00(日本時間)
ロールオーバー21:00(GMT)
週末クローズ時の注文なし。ご注文は週明けまで持ち越し。

金曜日の最終オーダーは20:55GMTまで。

日曜日の21:00GMTに再開。

週末のリーブオーダーあり
注文方法ストップ、リミット、 トレイリングストップ
両建て取引可能
現物受渡なし
マージンコール50%
ロスカット20%
追証発生なし
口座維持手数料
-
預託金の保管方法Swiss Quotes、BNP Paribas、Hellenic Bankにて完全分別保管
カバー取引先Barclays Bank PLC、Credit Suisse AG、UBS、Bank of America Merrill Lynch、Deutsche Bank、J.P. Morgan、BNP Paribasなどの世界の大手金融機関
デモ口座あり
モバイル取引iPhone, iPad, Androidにて取引可能
テクニカルチャートあり
テクニカル日本語チャートあり(MT4)
システムトレード対応(MT4)
無料取引ツール
ストラテジービルダー

取引時間は月曜6:00~土曜6:00まで(夏時間の場合)

Traders Trustは例えば夏時間の場合、月曜6:00~土曜6:00まで取引する事ができます。

24時間取引できるのは非常に便利です。

夏/冬時間取引時間
夏時間(月曜) 午前 6:00 ~(土曜) 午前 6:00(日本時間)
冬時間(月曜) 午前 7:00 ~(土曜) 午前 7:00(日本時間)

通貨ペアは合計44種類

Traders Trustでは、メジャー通貨7種類・マイナー通貨37種類、合計44種類の通貨ペアが取引可能です。

ゴールド・シルバーなど貴金属商品を合わせると合計46種類となります。

  • FX通貨ペア:合計44種類
  • 貴金属商品:合計2種類

通貨ペアの例としては以下のようなものがあります。スプレッドについても確認してみてください。

Traders Trustホームページより引用

TradersTrustのスワップポイント

取引ロット数
スワップポイント目安(日本円)
0.1ロット20〜100円/日
1ロット200〜1,000円/日
10ロット
2,000〜10,000円/日

スワップポイントの金額は、取引ロット数と保有日数により左右されます。

取引ロット数と保有日数が増えるにつれて、スワップポイントの金額は高くなります。

上記表を参考にしてみてください。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の取引ツールについて

Traders Trustの取引ツールはメタトレーダー4

引用:Traders Trustホームページ

メタトレーダー4(MT4)は非常に使いややすいですし、プログラミング機能が分かりやすいと好評です。

人気のFXプラットフォームとなっています。MT4ターミナルは高度にカスタマイズできます。

ウィンドウズ用メタトレーダー4の特徴

ウィンドウズ用メタトレーダー4は、自宅や会社のコンピューター上で取引をするために使用します。

未決済注文を含む全取引注文機能を備えているので便利です。

以下がウィンドウズ用メタトレーダー4の特徴です。

  •  気配値ウィンドウ
  • ナビゲーターウィンドウ
  • 多種多様な注文タイプ
  • 多種多様なインジケーター
  • 分析ツールと多様なチャート設定
  • 自動取引
  • 注文約定機能

引用:Traders Trustホームページ

クラウド版 ウェブトレーダー MT4あり

Traders Trustでは、ウェブクラウド版 MT4を提供しています。

ウェブクラウド版 MT4は、パソコンへ取引プラットフォームをインストールすることなく取引可能です。

ウェブクラウド版 MT4を利用した場合、取引状況を早く確認できますし、取引する際はウィンドウズ版メタトレーダー4と同様の機能を利用できます。

  • 使い勝手の良い画面設定
  • ワンクリック取引機能あり
  • 全ての運用口座履歴を確認可能
  • 9種の時間軸に対応
  • テクニカル分析用30種のインジケーター搭載
  • データ保護機能を搭載
  • 最新鋭のチャートツール搭載

引用:Traders Trustホームページ

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の提供ツール・情報について

Youtubeチャンネルはあるがそれほど登録者は多くない

Traders Trustは、Youtubeチャンネルがありますが、登録者は191人とそれほど多くないようです。

英語版ということもあり、使いにくいと感じる人もいるでしょう。

また、登録者、チャンネル数がそれほど多くないことから、あまりYoutubeチャンネルに力を入れているとはいえないでしょう。

Traders Trustはウェビナーを用意

トレーダーズ・トラストでは、オンラインウェビナーを提供しています。

Traders Trustのウェビナーでは以下のことを学ぶことができます。

  • FX取引における基礎知識
  • トレーディング戦略
  • テクニカル分析
  • ファンダメンタル分析
  • トレーディングに纏わる心理
  • 取引プラットフォーム利用方法

Traders Trustに関し、わからないことや不安な点がある場合には、オンラインウェビナーを利用してみると良いでしょう。

Traders Trustは取引計算器を用意

Traders Trustのオールインワンの電卓を使用すると、マージン、ピップ値、スワップ、ポジションのレバレッジ、サイズなどの計算が可能です。

引用:Traders Trustホームページ

計算をツールなしで行うというのは、非常に難易度が高いので、便利なツールを使うのがおすすめです。

Traders Trustホームページより利用できますので、適宜使ってみると良いでしょう。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)の日本語対応・カスタマーサポートについて

日本語ホームページあり

Bigbossは以下のように、日本語ページがあるので、安心して利用できます。

引用:TradersTrustホームページ

口座開設も日本語となっています。

日本語で、口座開設手順が進んでいくので、非常にスムーズです。

英語が苦手という方でも、安心して口座開設を行うことができるでしょう。

ライブチャット

引用:TradersTrustホームページ

TradersTrustでは、日本人スタッフによるライブチャットサービスがあり、安心です。

TradersTrustでは日本語でのカスタマーサポートに力を入れていますし、ライブチャットサポートでの返信もスムーズです。

英語が全くできないから絶対日本語でないと理解できないという方でも安心して利用できるツールとなっています。

電話

引用:TradersTrustホームページ

電話は初め英語スタッフによって受け取られますが、その後日本語サポートへ転送される流れになります。

「ジャパニーズ・プリーズ」と伝えるだけで、日本語サポートへとつながります。

日本語でのサポートなので、複雑な問い合わせをすることも可能です。

 

TradersTrust(トレーダーズトラスト)の口座開設方法と入出金方法

TradersTrustは便利ですが、口座開設方法や入出金方法が分からないという方は多いです。

TradersTrustの口座開設をする際は、必要な書類を準備しておくとスムーズです。

TradersTrustの口座開設時に必要なもの、口座開設方法、入出金方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

TradersTrustの口座開設時には何が必要?

TradersTrustの口座を新規開設する場合には各種証明書が必要になります。

追加口座を開設する場合は、原則必要ありません。

  • 身分証明書
  • 現住所証明書

身分証明書は下記のものが該当します。

公的機関の発行した写真付き身分証明書です。

写真付きでない場合は利用できません。

いずれも、有効期限内のものである必要があります。

運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポート、障害者手帳、外国人登録証、在留カード、特別永住者証明書

健康保険証、学生証、社員証は身分証明書として利用することはできません。

 

現住所証明書は下記のものが該当します。

6ヶ月以内に発行されたものである必要があります。

健康保険証、住民票、印鑑証明書、公共料金請求書(領収書)(電気料金、ガス料金、水道料金など)、固定電話通話料金請求書(携帯電話は不可)、クレジットカード・銀行利用明細書(請求書)、納税通知書(領収書)などの租税通知書 

TradersTrustの口座を開設してみよう

TradersTrustの口座する場合、まずは登録が必要になります。

TradersTrustは海外の業者ではありますが、登録する際の表記は日本語になっているので、スムーズに進めることができます。

 

TradersTrustの口座開設ページへアクセスする

TradersTrustの口座開設ページへアクセスすると、必要事項を記入するページが出てきます。

必要事項は

  • 口座(個人か法人かの選択)
  • 名前
  • メールアドレス
  • 移住国

です。

必要事項を記入してサインアップをクリックすると、記入したメールアドレスへ、口座開設完了メールが送信されます。

メールを開き、「メールアドレスを承認する」をクリックすると、認証完了です。

TradersTrustのマイページができるので、移動し、パスワード設定を行います。

 

プロフィールを作成する

プロフィール作成ページで、プロフィール作成を完了させます。

手順を追って入力していくことで、プロフィール作成は完了します。

最後に口座開設に必要な書類のアップロードを行います。

上記を参考に、必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。

作成したプロフィールがTradersTrustで承認されると、登録したメールアドレスに口座ログインに必要な情報が送付されます。

ここまでで口座開設は完了です。

口座開設は最短で1日で終わるので、急いでいる方にとっても便利です。

TradersTrustへの入金方法

下記のツールを使用し、TradersTrustへの入金が可能です。

  • クレジット/デビットカード(VISA/master)
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • オンライン ウォレット
  • バーチャルマネー

 

初回入金時は全ての入金方法で最低約5,000円からの入金となります。

2万円未満の入金をする際、1,500円の手数料がかかるので注意が必要です。

 

入金方法取引口座に反映されるまでの時間入金手数料
クレジット/デビットカード(VISA/master)手続き後即時なし
国内銀行送金2~3営業日なし(※1)
海外銀行送金2~3営業日なし(※1)
オンライン ウォレット手続き後即時なし(※2)
バーチャルマネー手続き後即時なし(※2)

(※1)中継銀行手数料・送金手数料は、お客様の負担となります。
(※2)別途、オンラインウォレット、バーチャルマネー会社の手数料が必要となります。

TradersTrustの出金方法

まず、資金をウォレット口座に移動させます。その後、ウォレット口座からの出金手続きをする流れになります。

ウォレット口座からの出金方法は、下記のツールを使用して行います。

  • クレジットカード、デビットカード
  • ビットウォレット
  • 銀行送金
  • ビットコイン

全ての出金方法で最低出金額は5,000円からです。

2万円未満の出金には1,500円の手数料がかかるので注意が必要です。

出金方法取引口座に反映されるまでの時間出金手数料
クレジットカード、デビットカード最大6営業時間程なし
ビットウォレット最大6営業時間程なし
銀行送金最大6営業時間程なし
ビットコイン最大6営業時間程なし

TradersTrustの出金拒否はある?

TradersTrustは上記のように記載しています。

ただし、事実確認はできていません。

金額が大きい場合や出金先情報・出金理由の確認できない場合、リアルタイムで出金できないこともあります。

その場合は、確認が取れ次第出金申請を速やかに処理するという方針になっています。

TradersTrustで口座開設をし、利用してみよう

TradersTrustの口座を開設は簡単にできます。

TradersTrustで口座開設をし、利用してみましょう。

\口座開設はこちらから/

 

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

海外FX・海外仮想通貨で損しないための攻略本を無料公開中

海外仮想通貨ロードマップ

仮想通貨が盛り上がっているとか、億り人が続出しているとか、そういうニュースを見るたびに、あなたも仮想通貨投資をやりたい!と思っているのではないでしょうか?
でも、いざ調べてみるとアルトコインやら取引所やら販売所やらハードウォレットやら、、色んな聞き慣れない単語が多くて、挫折してしまった方も多いと思います。
実際に、私も慣れるのにかなりの時間を要しました。なので、私もそんな方々の気持ちが死ぬ程分かります。
そこでここでは、仮想通貨初心者の方のためのロードマップと称して、ここから始めてみましょう!という流れが分かるようにまとめてみたので、是非ご活用下さい。

海外FXロードマップ

昔はFXってレバレッジが数100倍もあったし、なんか夢があったなぁって思いにふけっている方もいるんではないでしょうか。(私もそのうちの一人です)
最近では、レバレッジも25倍だしボーナスキャンペーンもあまり魅力的なものもないし、仮想通貨の盛り上がりを見て仮想通貨取引に鞍替えしている方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっとだけ待って下さい!FXには「海外FX」という、第二の選択肢があるのです!
海外FXは国内のFXと違ってレバレッジが桁違いに大きく、またボーナスキャンペーンも豊富にあります。
そして、海外とは言いつつほとんどのブローカーは日本語で利用できるし、日本語サポートも充実しているんです。
ここでは、海外FX初心者の方のためのロードマップを作成したので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう