FXSuitの特徴【話題の3すくみスワップ投資とは?】

FXSuitの概要

\口座開設はこちらから/

 

会社名Salvax Limited
所在地キプロス(Continental Building, 25 Church Street,  Hamilton HM 12, Bermuda)
設立2019年
金融ライセンスなし
資本金不明
日本語サポート
サポート内容メール、チャット
サポート対応時間平日24時間
メールアドレスJapan.Support@FXSuit.com
電話番号なし

FXSuitは2019年に設立したかなり新しい海外ブローカーです。3すくみスワップ投資というノーリスクでスワップポイントを稼げるという手法が唯一可能なブローカーとしてTwitterで話題になり一気に日本人トレーダーからの注目を集めました。

みんみん
ノーリスクで稼げる手法とかすごいじゃん!どんな仕組みなのか気になる!

あどまん
たしかに3すくみスワップ投資は可能だけどそれ以前に様々な問題もあります。FXSuitの信頼性や評判など全体を通して解説するのでもっと視野を広げて利用を考えましょう。
FXSuitのメリット
・オールゼロ口座のスプレッドが狭い
・スワップポイントの条件が良い
・最大レバレッジ500倍
FXSuitのデメリット
・金融ライセンスを取得していない
・FPAでSCAM認定されている
・サポート対応が遅い
・ボーナスキャンペーンがない

3すくみスワップ投資法とは

FXSuitは3すくみスワップ投資法ができる唯一のFX業者として話題になっています。その3すくみスワップ投資法とはどういった手法なのか解説していきます。

 

3すくみスワップ投資法はsaekinomaoというTwitterアカウントを運営している人物が編み出したトレードテクニックで、FXSuit幹部の知り合いと直接交渉し、日本人向けアカウントのみスワップポイントを優遇してもらったことで実現できたとされています。

かつてはアカウントを公開しており、フォロワーも多くFXSuitに関してのツイートがありましたが3すくみスワップ投資法が問題視されたり日本人アカウントでスプレッドが急激に高まり多くの人が資金を失ったというトラブルがあって以降アカウント凍結されたりして何度か新しいアカウントに変えているようです。現在では鍵垢となり確認することができません。つまり3すくみ投資法は個人トレーダーが編み出したひとつのトレードテクニックだということです。

 

3すくみスワップ投資の仕組み

続いて3すくみスワップ投資法の具体的な仕組みについて解説します。仕組みは単純で、異なる通貨ペアで3つのポジションを同時に保有し、損益を相殺しつつスワップポイントだけ獲得していくという手法です。下記がトレードの一例です。EURとUSD,JPYをそれぞれ反対売買することで為替差益を相殺しています。ポイントとしてUSD/JPYの取引数量をEUR/USDのレートに設定することで評価損益の変動を最小に抑えられるということです。このことをsaekinomaoが発見し主張していたとのこと。この手法を使うことでノーリスクで1ロットあたり580円のスワップポイントが獲得できる仕組みになっています。

 

通貨ペアポジションスワップポイント
EUR/USD売り+7.8USD
EUR/JPY買い0
USD/JPY売り-2.6USD

あどまん
たしかに仕組みは理にかなっています。しかしこの手法には注意点もあり実際にトラブルも起こっているので安易に取り組むのは危険です。

3すくみスワップ投資の注意点

3すくみスワップ投資は仕組み上たしかに理にかなっていますが、リスクもあります。それはFXブローカーが自由に様々な改定を行う可能性があることです。これだけ簡単に誰でも稼げて仮にFXブローカーも取引手数料で利益が出せ全員が得をするのならどのブローカーでも行っているはずです。しかしFXSuitでしかできません。金融ライセンスを取得していないため制限がされていないからといえます。つまり詐欺されるリスクが隣り合わせであることは頭に入れておかなければならないということ。

みんみん
なるほど~。金融ライセンスを持たない分、自由にサービスを行えるけどその代わり信頼性が担保されず個人でリスクを考えなければならないんだね。たしかにそんな甘い話はないか・・・

実際にFXSuitでは急なスプレッドの上昇が起こり、多くのトレーダーが資産を失ったという事例があります。出金拒否になった声もあり口座上でお金を増やせてもちゃんと手元に戻ってくるかも不安になります。FXSuitで起こったトラブルは後程解説します。

FXSuitの信頼性・安全性

FXSuitの信頼性・安全性はどうなのか情報をまとめてみました。総じていうとかなり不安が残る印象です。顧客資金の分別管理を行っている点はプラス要素になりますが、金融ライセンスを取得していないという大きく信頼性に欠ける要因があります。ひとつずつ解説していきます。

顧客資金の分別管理を徹底

FXSuitでは顧客資金を第三者金融機関に預け分別管理を行っています。そのため不当に顧客資金を扱ったり、会社の業績に左右して資本金を失う心配はありません。しかし信託保全はないため会社が無くなった場合全ての資金が返ってくる保証はありません。とはいえ、海外FXブローカーでは信託保全がないことごく普通のため特に信頼性に欠けるというわけではありません。

金融ライセンスを取得していない

FXSuitは金融ライセンスを取得していません。金融ライセンスの所持は海外FXブローカーを選ぶ際に大きな信頼要素になるため残念なポイントです。法人登録はされていますが第三者機関から規制・監督を受けていないため好き勝手出来てしまう恐れがあります。サービスに自由性があることでメリットと捉えることもできますが詐欺業者であるリスクの方が大きいでしょう。取り扱う際は資産を失うリスクを頭に入れておく必要があります。

 

FXSuitの評判・口コミ

FPAでSCAM認定されている

世界最大級のFX掲示板であるFPA(Forex Peace Army)はそれぞれの海外FXブローカーについて平等に第三者目線で審査しているため信頼性が高く、世界中のトレーダーの参考になっています。

 

そんなFPAではFXSuitをSCAM(つまり詐欺業者)と認定しているのです。本来は5段階評価で星が与えられ、XMやFBSなど大手FXブローカーは星3前後の評価を受けています。FPAに集められている口コミを日本語訳してみたところかなり悪いコメントが目立ちました。

FPAでのコメント
・意図的にスプレッドが広げられ資金を失った
・多くの人が資金を溶かした
・スプレッド拡大をネットワーク障害だと報告された
FPAでのコメントは2020年10月26日に起きた不正に対する言及が多かったです。その不正内容は日本人顧客を集めるため異常に高いスワップポイントを与え、2020年10月26日に日本のアカウントのみに対してスプレッドを4000ポイントまで急増させほとんどのトレーダーの資金を無くしたとのこと。それに対してFXSuitはネットワーク障害によるものでFXSuit側の責任だと認めました。そして同年11月30日損失を被った顧客に対して補償すると発表したがまだ行われた報告はないようです。
このような事実からFPAでは詐欺業者との判決がみなされています。今後、補償が行われ整備がしっかりと改善されない限り信頼できるとは言いづらいかもしれません。

Twitterでの口コミ

Twitterでも詐欺業者として不満の声、問題解決に向けた動きのツイートが多く見られました。日本人に向けた詐欺的なスプレッド増加により被害にあった方も多いようです。FXSuitへ勧誘していたアフィリエイターやツイッター上の人物は次々とアカウントを削除している様子。まだFXSuitで口座開設が行えることから見て、業者がつぶれたり、警察に運営停止させられたりはしていないと思います。さすがにこれらの口コミを見て口座開設をしようとする方はいないと思いますが安全性・信頼性は全くないと言える状態です。

FXSuitのボーナスキャンペーン

2021年4月現在、FXSuitではボーナスキャンペーンは行われていせん。英語公式サイトでは常時キャンペーンが行われているようですが日本人向けには開催されていない状態です。

FXSuitの口座タイプ

FXSuitにはオールゼロ口座と手数料なし口座の2種類があります。以下の通りそれぞれに違いがあるので確認してみましょう。

STP/ECNオールゼロ口座STP/ECN手数料なし
最小スプレッド0.21.5
最低必要証拠金$500$500
最大レバレッジ200倍500倍
最低ロット数0.010.01
手数料/ロット700円0
口座通貨JPYJPY,XBT
最大取引量80ロット80ロット
ロスカット20%20%

 

オールゼロ口座は取引手数料が往復で700円発生してしまいますがスプレッドがかなり狭く設定されているという特徴があります。最大レバレッジが200倍で資金にある程度余裕がある中上級者向けと言えます。

 

手数料なし口座はスプレッドは広くなってしまいますが取引手数料が無料で最大レバレッジが500倍まで可能です。資金が少ない初心者やハイレバレッジを試してみたい初心者におすすめです。

FXSuitの口座開設方法

必要書類

FXSuitでは口座開設時に2種類の書類が必要になります。提出時に画像をアップロードできるよう、あらかじめ鮮明に撮影したものを用意しておきましょう。

FXSuitでの必要書類
・本人確認書類
・現住所確認書類

本人確認書類

本人確認書類は顔写真付きであること・有効期限以内であること・両面の画像が必要という注意点があります。提出可能な書類は下記の通りです。

本人確認書類の例
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード

現住所確認書類

現住所確認書類は発行から6ヶ月以内であるという条件があります。また、オンライン書類は受け付けていないので注意しましょう。提出可能な書類は下記の通りです。

現住所確認書類
・公共料金請求書
・銀行明細

口座開設方法

それでは口座開設の方法を解説していきます。まずはFXSuitの公式ページへアクセスします。

トップページにある「口座開設はこちらから」をクリック。

 

 

下記の個人情報を記入する必要があります。

記入事項
自身の名前
メールアドレス
居住国
電話番号
口座タイプの選択
ベース通貨を選択
パスワード
全て記入後、「取引口座を開設する」をクリックしましょう。登録したアドレス宛にメールが届くので確認してください。

 

 

 

メールが届き、先ほど設定したメールアドレス・パスワードを入力し、ログインをしてください。

 

 

FXSuitのマイページへログインができたら、先ほど確認した必要書類の提出を行います。上のバーにある「プロフィール」を選択し「書類をアップデート」を選択。下に表示されたファイルタイプを選択し「提出」を行いましょう。

 

2種類の書類を提出した審査が行われます。1~2営業日ほどで審査の結果がメールで届きます。承認され次第、取引可能になるのでこれで口座開設手順は終了です。

FXSuitの総評

ここまでFXSuitについて情報をまとめてみました。ブローカー全体としてはまだ新しく世界で利用者がいるようですが日本人トレーダーは詐欺と言える大規模な被害に遭いとてもおすすめできる状態とはいえないでしょう。被害に遭った方には補償をすると発表しているため今後、そのような対応と金融ライセンスの取得やシステム改善などされない限り扱うことはやめておいた方がいいでしょう。

 

海外FX・海外仮想通貨で損しないための攻略本を無料公開中

海外仮想通貨ロードマップ

仮想通貨が盛り上がっているとか、億り人が続出しているとか、そういうニュースを見るたびに、あなたも仮想通貨投資をやりたい!と思っているのではないでしょうか?
でも、いざ調べてみるとアルトコインやら取引所やら販売所やらハードウォレットやら、、色んな聞き慣れない単語が多くて、挫折してしまった方も多いと思います。
実際に、私も慣れるのにかなりの時間を要しました。なので、私もそんな方々の気持ちが死ぬ程分かります。
そこでここでは、仮想通貨初心者の方のためのロードマップと称して、ここから始めてみましょう!という流れが分かるようにまとめてみたので、是非ご活用下さい。

海外FXロードマップ

昔はFXってレバレッジが数100倍もあったし、なんか夢があったなぁって思いにふけっている方もいるんではないでしょうか。(私もそのうちの一人です)
最近では、レバレッジも25倍だしボーナスキャンペーンもあまり魅力的なものもないし、仮想通貨の盛り上がりを見て仮想通貨取引に鞍替えしている方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっとだけ待って下さい!FXには「海外FX」という、第二の選択肢があるのです!
海外FXは国内のFXと違ってレバレッジが桁違いに大きく、またボーナスキャンペーンも豊富にあります。
そして、海外とは言いつつほとんどのブローカーは日本語で利用できるし、日本語サポートも充実しているんです。
ここでは、海外FX初心者の方のためのロードマップを作成したので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう