exnessの信頼性・安全性が高い5つの理由|注意点やどんな人におすすめか解説!

ランラン
exnessって本当に信頼できる会社なの?資金を預けていいか迷う……

ナルキスト
確かに、海外の業者だしよくわからないよね。今回はexnessの信頼性・安全性について解説するよ!

exnessは2008年から運営を続けている海外FX業者です。

しかし、日本でのサービス開始は2020年と最近でまだ評判も少ないため、本当に信頼できる会社なのか不安に感じる人もいると思います。

結論をお伝えすると、exnessは「十分に信頼性・安全性の高い会社」だといえるでしょう。

この記事では、exnessの信頼性・安全性が十分である理由や、利用する際の注意点、どんな人が使うべきなのかについてまとめました。

最後まで読めば、あなたがexnessで口座開設すべきかどうかわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

exnessの会社概要&金融ライセンス

exnessの会社概要は以下のとおりです。

運営法人Nymstar Limited
金融ライセンスSD025
(セーシェル金融ライセンス)
レバレッジ無制限
取引通貨為替ペア107通貨ペア
株式・株式指数81種類
仮想通貨13通貨ペア
貴金属10種類
エネルギー2種類
入出金方法クレジットカード
デビットカード
Eウォレット
暗号通貨

exnessは2008年から運営されています。

日本でのサービス開始は2020年と最近ですが、トータルで見れば10年以上の運営歴があるため、それなりに実績のある会社です。

金融ライセンスに関しては、セーシェル諸島のものを取得しています。

ナルキスト
実際に検索してみると、運営法人「Nymstar Limited」の名前がきちんと載っていました。

ランラン
セーシェル諸島って聞いたことない。本当に信用できるライセンスなの?

ナルキスト
ちょっと信頼性が薄いかも。でも、exnessのグループ会社は他にもライセンスを取得しているよ!

exnessのグループ会社は、キプロスやイギリスで金融ライセンスを取得しています。

特にキプロスは多数のFX業者の本部がある「金融の要」で、取得難易度が高いことで知られるライセンスです。

運営歴・金融ライセンスを見る限りでは、十分に信頼性があるといえるでしょう。

exnessの信頼性・安全性が高い5つの理由

exnessの信頼性・安全性が高いといえる理由は、次の5つです。

exnessの信頼性・安全性が高い理由
  • 海外での運営歴が長い
  • DTTLの監査を受けている
  • 財務状況の公開を行なっている
  • NDD取引による透明性の高さ
  • ゼロカットによる追証のリスクがない

ナルキスト
それぞれ順番に見ていきましょう!

海外での運営歴が長い

exnessの信頼性・安全性が高い理由の1つ目は、海外での運営歴の長さです。

日本ではサービス開始したばかりでマイナーなexnessですが、海外では2008年から運営を続けており、実は十分な運営実績を持っています。

ナルキスト
わざわざ日本でサービス開始したことを考えれば、財政も好調なのだと考えられます!

exnessとメジャーな海外FX業者との運営歴を比較すると、以下のとおりです。

FX業者運営歴
exness2008年
XM Trading2008年
Titan FX2014年
iFOREX1996年

ランラン
海外だとXMが有名だけど、exnessも運営歴では変わらないのね!

ナルキスト
ある程度の信頼性がないと10年以上の運営はできないから、十分な実績だよね。

運営歴がすべてではありませんが、exnessは実績でみれば十分だといえるでしょう。

DTTLの監査を受けている

exnessの信頼性・安全性が高い理由の2つ目は、DTTLの監査を受けている点です。

exnessは海外FX業者では珍しく、公式ページにて会計報告を行っています。

さらにbig4と呼ばれる監査法人のうちのひとつ「DTTL(デロイト・トウシュ・トーマツ)」の監査を受けているため、十分な信頼性があるといえるでしょう。

ナルキスト
big4には他にもEY、KPMG、PwCがあり、これらの監査を受けるということはある程度規模の大きな会社です。

他にも、exnessは公式ページでの情報開示が他のFX業者よりも多いのが特徴です。

海外FX業者は不透明な運営をしているところも多いので、その点exnessは信頼性のある運営をしているといえます。

財務状況の公開を行なっている

exnessの信頼性・安全性が高い理由の3つ目は、財務状況の公開を行っている点です。

先ほども説明したように、exnessは公式ページでの情報開示を積極的に行っており、財務情報まで公開されています。

公開されている内容は、取引量や取引中の顧客数、出金額、パートナー報酬まで多岐にわたります。

特に海外FX業者は出金拒否されるという噂も多いので、出金額をしっかり明示しているのは安心できるポイントです。

ナルキスト
さらに、過去の財務情報までしっかり公開している徹底ぶりです。

ランラン
ちゃんと財務状況が公開されていると、好感が持てるね!

海外FX業者でここまで情報開示しているところは他になく、かなり透明性の高い運営をしているといえます。

NDD取引による透明性の高さ

exnessの信頼性・安全性が高い理由の4つ目は、NDD取引を採用している点です。

FX業者の取引方式は、主にDD取引とNDD取引が用いられています。

ランラン
ざっくり言うと、どんな違いがあるの?

ナルキスト
顧客の損失が業者の利益になるかどうか、だね!

DD方式は国内業者でよく用いられる方式です。

顧客はインターバンクではなく、FX業者と直接やり取りするため、顧客の損失がそのまま業者の利益になります。

ナルキスト
つまり、業者側の都合が良いようにレート操作されたり、約定拒否される可能性があります!

一方で、NDD方式はインターバンクのレートにスプレッドだけを乗せて提示しているため、透明性が高いのです。

exnessではNDD方式を採用しているため、不当なレート操作や約定拒否を受けるリスクが少ないといえます。

ゼロカットによる追証のリスクがない

exnessの信頼性・安全性が高い理由の5つ目は、ゼロカットを採用している点です。

ランラン
ゼロカットって何?ロスカットとはどう違うの?

ナルキスト
ゼロカットはロスカットが発動しなかったときの保険のようなものだよ!

基本的には、口座残高が一定水準以下になるとロスカットが発動するため、口座残高がマイナスになる可能性は低いです。

しかし、値動きが大きいとロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまい、マイナス分を業者に請求されてしまうこともあります。

ナルキスト
ゼロカットがあれば、マイナス分は業者が補填してくれるので安心です!

exnessで取引する限り、口座残高以上の資金を失う心配はありません。

exnessを利用する際の注意点

exnessを利用する際の注意点は、以下の3つです。

exnessの注意点
  • 日本での運営実績は少ない
  • 金融ライセンスの信頼性がやや低い
  • 信託保全されていない

exnessを利用する際は、上記を頭に入れたうえで取引することをおすすめします。

では、それぞれの注意点について見ていきましょう。

日本での運営実績は少ない

exnessの注意点の1つ目が、日本での運営期間の短さです。

exnessは日本でサービス開始したのは2008年からと最近のことで、まだまだ認知度も低い状態だといえます。

ランラン
日本語サポートとかはあるの?

ナルキスト
日本語にはしっかり対応してるよ!だから使っていて困ることはないかな。

運営実績が短いため、何かしらのトラブルが起こる可能性も考えられます。

とはいえ、あくまで国内の運営実績が短いだけで、トータルで見れば2008年からと比較的長期間運営されているのも事実です。

つまり、exnessは国内での実績・認知度は少ないものの、運営会社の信頼性は十分だといえるでしょう。

金融ライセンスの信頼性がやや低い

exnessの注意点の2つ目が、金融ライセンスの信頼性の低さです。

exnessはセーシェル諸島でライセンスを取得していますが、あまり信頼性の高いライセンスとはいえません。

ランラン
セーシェル諸島ってどこ?怪しい会社じゃないの?

ナルキスト
セーシェル諸島はタックスヘイブン国として知られているね。ライセンスを持ってる海外業者も多いよ!

セーシェル諸島のライセンスは、キプロスなどのライセンスと比べると取得難易度が低いです。

ただ、exnessのグループ会社はキプロスやイギリスでもライセンス取得しています。

exnessがセーシェル諸島のライセンスしか保有していないのは、会社の信頼性が低いというより、日本でのサービス提供を続けるためだと考えられます。

ナルキスト
exnessは過去に日本でのサービス撤退しているので、規制を受けないようあえてライセンスを取得していない可能性があります。

セーシェル諸島の金融ライセンスは信頼性が低いものの、exnessの会社自体の信頼性が低いわけではありません。

信託保全されていない

exnessの注意点の3つ目が、信託保全がないという点です。

exnessでは分別管理は行われていますが、信託保全がないため、万が一倒産した場合は資金が失われる可能性があります。

ナルキスト
分別管理は、顧客の資金と運営資金を分けて管理する方式です。

分別管理がされているので、一定の信頼性はあります。

ただ、信託保全がないため完全に安心できるというわけではありません。

ランラン
じゃあexnessは使わないほうがいい?

ナルキスト
どこの会社もリスクはゼロではないから、こまめに資金管理することが大切だね!

exness自体は、海外も含めれば十分な運営実績があります。

破綻する可能性がゼロではありませんが、過度に心配する必要はないでしょう。

exnessで口座解説した方がいいのはどんな人?

ランラン
exnessの信頼性は十分あるかも!でも、信頼性だけじゃ使う理由にならないよね〜

ナルキスト
それはそうだね。じゃあ、最後にexnessがどんな人におすすめなのかざっくり説明するよ!

exnessを利用したほうがいいのは、以下のような人です。

exnessを使った方がいい人
  • ハイレバレッジで取引したい人
  • ボーナスより取引条件を重視する人
  • さまざまな金融商品を取引したい人

まず、exnessの最大の特徴は「無制限のレバレッジ」です。

exnessではレバレッジがなんと無限なので、少額からでも十分にハイリターンな取引を楽しむことができます。

ナルキスト
これは他のFX業者にはない強みですね!

また、ボーナスがまったく開催されないのもポイントです。

一見デメリットのようにも見えますが、そのぶんスプレッドやスワップ、手数料などの取引条件が優れているため、トータルで見ればお得に取引できます。

exnessでは為替以外にも、CFDや仮想通貨、金などバリエーション豊かな金融商品を扱っており、それぞれでハイレバレッジの取引が可能です。

仮想通貨やCFDのスワップが撤廃されているのも、exness独自のメリットです。

exnessの特徴やメリット・デメリットに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

(内部リンク挿入予定)

exnessの信頼性・安全性まとめ

exnessは十分に信頼性・安全性の高い会社だといえるでしょう。

日本でのサービス開始は2020年からと最近ですが、海外では2008年から運営されており、十分に実績のある会社だといえます。

ナルキスト
海外でも最メジャーなXMとほぼ同じ運営歴!

exnessの信頼性・安全性が高い理由は、主に以下の5つです。

FXGTの信頼性が高い理由
  • 海外での運営歴が長い
  • DTTLの監査を受けている
  • 財務状況の公開を行なっている
  • NDD取引による透明性の高さ
  • ゼロカットによる追証のリスクがない

ランラン
特に、公式サイトでさまざまな情報を開示しているのが独特だね!

exnessは公式サイト内で財務状況や出金額など、多数の情報を公開しており、他にこのような取り組みを行なっている海外FX業者はありません。

また、ボーナスがない代わりに取引条件を良くするなど、わかりやすい運営体制です。

exnessの透明性の高さ、取引条件の良さに魅力を感じた人は、ぜひ口座開設して取引してみてください。

\口座開設はこちらから/

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう