時間のない初心者におすすめなFX手法【ソーシャルトレード】

ランラン
副業でFXに興味を持っているんだけどよく知らないんです。FXって時間があまりないランランでもできるんですか?

ナルキスト
なるほど!じゃあ今回はFXについて基礎的な知識から教えていくよ。そしてランランみたいな時間に余裕がない人はどうやってFXを始めるべきかも解説していこう!

時間のない初心者におすすめなFX手法【結論:ソーシャルトレード】

副業ブームとなっている現在、これからFXを始めようと考えている方もたくさんいるのではないでしょうか?しかしFXって何だか難しそうだし、身近な人や周囲に教えてくれる人もなかなかいないですよね。確かにFXは簡単ではありません。とはいえ、やり方次第では初心者でも簡単に始めることができ、本業があってコツコツ進めるしかない方でも問題なく稼ぐことができます。そこでおすすめの手法はソーシャルトレード。まずはソーシャルトレードを含め大まかなFX手法について知っておきましょう。

3つのFXトレード手法
・裁量トレード
・EA(自動売買ツール)
・ソーシャルトレード
トレード手法を大きく分けると上記の3つになります。さらにそれぞれの手法からスキャルピングやデイトレードスイングトレードなどなど細かい分類もされますがまずは3つから決めましょう。

ランラン
もう訳のわからない単語ばかり出てきて全然ついていける気がしません!!

ナルキスト
心配しなくて大丈夫!これからひとつひとつ丁寧に解説するから少しずつ覚えていこう!
いきなりソーシャルトレードがおすすめと結論を出されても意味がわからないと思いますし、おすすめの理由を解説しても聞き慣れない単語がたくさん出てきてしまいます。なのでここでは「FXには大まかに3つのトレード手法があって時間のない初心者にはソーシャルトレードというものがおすすめだよ」ということだけ頭の片隅に置いておいてください。

初心者が最低限覚えておくべきFX用語10選

本記事での内容を理解しやすくするためや今後のFXに関する情報取集で混乱しないためにもまずはFX用語について学んでいきましょう。細かいところまで言うとかなり多くなってしまうので「初心者がこれだけは覚えておいてほしい用語」ということで10選に絞りました。

1: Lot(ロット)

Lot(ロット)とはFXにおける取引単位のことです。実際に注文をするときはこのロット数を決めて行うことになります。1lotは基本的には1000通貨か10,000通貨になります。ブローカーによって異なりますので必ず始める前にチェックしましょう。少しずつ1,000通貨も増えてきていますが今のところ10,000通貨の方がまだ主流だと感じます。

 

出典:navinavi-fx.com

2: レバレッジ

レバレッジはFXの醍醐味といえる仕組みです。レバレッジと聞いて「危ない」「借金」と連想する方もいるかもしれませんがレバレッジなしでは正直FXの魅力がほとんど無くなってしまうといっても過言ではありません。

 

レバレッジは「=てこの原理」で小さい資金で大きい資金を動かすことができることを言います。その倍率はFXブローカーによって様々であり、数十倍〜千倍近くまでとかなり幅が広いです。国内FXは最大25倍まで、海外ブローカーは数百倍〜くらいのイメージは頭に入れておきましょう。

ナルキスト
例えば1万円の資金でレバレッジ100倍の設定をすれば100万円の取引をしていることになります。100万円を動かすことで少し動くだけでも損益の額がかなり大きくなりますね。リスクももちろん大きくなりますが資金が少ない方が稼ぐためには必須の仕組みになります!

3: pips(ピップス)

pips(ピップス)とは為替レートの最小単位のことを指します。1pips=0.01円となり、100pipsの動きがあれば1円の値動きをしたことになります。

 

例えばusd/jpy(ドル円)の相場でいうと、現在が110.614となっています。これが仮に110.610まで下がったとすると0.004円動いたことになりますので0.4pips下がったと表現できます。基本的にトレーダーの中では通貨ペアもたくさん種類があるため動いた金額ではなく何pips動いたかを共通認識で会話に出ることが多いです。

pips
0.1pips0.001円
1pips0.01円
10pips0.1円
100pips1円

4: 成行注文

成行注文とは現在のレートでリアルタイムに注文を行うことをいいます。クイックトレードとも呼ばれます。実際に値動きを確認しながら自分が好きなタイミングでトレードができ、トレードの回数も増減が自由なため初心者にもおすすめの注文方法になります。ただし成行注文ではスリッページに注意が必要です。

ランラン
スリッページってなに〜。。また聞いたことない用語出てきたんだけど。。。

ナルキスト
スリッページも大事な知識だからセットで覚えちゃおう!ちゃんと解説するから心配しないで!
スリッページは注文をした価格と実際に注文が成立したときの価格に差が生まれることです。スリッページの差はそのブローカーごとに異なりますが自分が思っていたエントリーポイントと実際に入ったエントリーポイントにズレが生じてしまうケースがあるのです。スリッページが大きいことで自分の理想のトレードが出来づらくストレスになるのでなるべくスリッページが小さいブローカーを選ぶべきです。

5: 指値注文

指値注文とはあらかじめ自分が設定した価格に到達したら自動的にエントリーされるという予約注文のことです。「ここまで価格が下がって来たらおそらく上がるだろう」「このチャートの形からしてここまで上がったら反発するはずだ」など根拠を持ったトレードを行うために有効な注文方法です。

ナルキスト
ちなみに、成行注文や指値注文などにより取引を開始して決済するまでの通貨を買っている状態、売っている状態のことを「ポジション」と呼び「売りポジションを持っている」と言ったりするので覚えておきましょう。
上級者になればシナリオ通りのトレードができて利益も出しやすくなるでしょう。しかし設定した価格まで到達しなければずっと注文が成立されませんのである程度チャートの動きが読める必要があるということです。

 

6: ロスカット

ロスカットとはFX会社がトレードを強制的に決済させることです。損失が出ている状態で自ら決済することを損切りといいますが損切りとは異なり自分の意思とは関係なく決済されてしまうことだと把握しておきましょう。ロスカットはネガティブな印象を抱きやすいですが顧客が大きな損失を被らないためのセーフティーシステムとなっています。

 

出典:gaitame.com

ロスカットが起こるポイントは各ブローカーごとに異なり「ロスカット水準○%」や「証拠金維持率○%でロスカット」などと表現されます。

7:追証(おいしょう)

追証とは「追加証拠金」の略で資金を追加で入金しなければならない状態のことを指します。レバレッジをかけたトレードにより証拠金以上の損失を被ってしまった時にこのような状態になります。「FXで借金」という話しが出るのはこの追証という仕組みがあるからです。

ランラン
え?ロスカットされるから証拠金以上の損失にならないんじゃないの??

ナルキスト
いい質問だね!さっそく学んだ用語を活用していて素晴らしい!実はロスカット水準が設定されていても急激な暴落などによりロスカットが間に合わない、正しく作動されないということも稀に起こってしまうんだよ。こればかりは予測が難しいし、プロでも大損失してしまうことがあるので初心者は値動きが激しい通貨ペアを避けたり、レバレッジを高く設定しすぎないようにしたり、ゼロカットシステムが採用されている海外ブローカーを選ぶなどの対策をしよう。

8: 信託保全

信託保全とは顧客資金をFX会社とは別の信託銀行に預け分別管理を行うことです。FXで取引を行うということはブローカーに証拠金を預けている状態なので信頼性と安全性がとても大事になります。トレードに関する用語ではありませんがブローカー選びには必須の用語になるので覚えておきましょう。

出典:fxbroadnet.com

 

国内のブローカーは厳しい規制により全てに信託保全が適応されています。しかし海外ブローカーでは信託保全がされていないことが多く、その他の要素から信頼性をリサーチすることが必要になります。海外ブローカーは信託保全がされていなくても利用者がたくさんいるほどその他にたくさん魅力があるのでおすすめできます。

9: スプレッド

スプレッドとは買値(ask)と売値(bid)の差のことを指します。FXでは売りと買いのどちらの方向でもエントリーすることができます。そこでは多少の差が生まれるため自分で決めていたエントリーポイントとのズレから取引にかかるコストとなります。スプレッドの広さにはそれぞれのブローカーごとに異なり狭ければ狭いほど有利になるので口座選びのひとつのポイントとなります。

10: スワップポイント

FXはトレードを行うことによって2つの国の通貨を交換することになります。その際にそれぞれの国の金利に差があることでその差額を受け取ったり支払ったりすることになります。この通貨間の金利差を日毎に割って調整した金額をスワップポイントといいます。

 

例:米ドル金利(1.8)%   ー    日本円金利(0.1)%         →   1.7%の金利差

(10,000)通貨の口座 ×(1000)円のエントリー × (1.7)%の金利差 ÷ (365)日 = 465円/日

 

 

スワップポイントは毎日受け取ることができるので上記の例で金利差と為替レートが変わらなければ毎日約465円が受け取れることになります。しかし実際はもちろん金利も動きますし為替レートの激しい値動きでロスカットされてしまうかもしれません。資本金の小さな方では利益も小さいですし長時間ポジションを保有し続けられない可能性が高いのでお勧めはしませんが中には金利差の大きい通貨ペアを選択し長期間保有することでコツコツ稼ぐというトレーダーもいます。

 

FXトレード3大手法の比較

ナルキスト
FX基礎用語の学習お疲れ様でした!それでは続いてFXトレード手法の比較をしていきます。先ほどまでに学んだ内容をさっそく使っていくので忘れたら上で見返してくださいね!

①:裁量トレード

裁量トレードは自身でチャートを分析したり経済指標を参考にすることで売買を行う手法になります。EAやソーシャルトレードとは違い余計な手数料が発生しないことや最も自由性が高いことで利益を最大化できるところがメリットです。しかしFXで勝てるようになることはかなりハードルが高く、大きな資金がなければ微利益になってしまうか高いリスクを取らなくてはいけないため専業として稼いでいくには難しいです。

裁量トレードのメリット
・手数料などのコストが最小限で済む
・自分のスタイルに合わせた手法でトレードできる
・自分の思い通りに操作できる(自由度が高い)
・利益の可能性は青天井。
裁量トレードのデメリット
・勝てるようになるまでが大変
・資金力がないと圧倒的に不利
・画面に張り付く時間が必要
・大きな損失を被ってしまうリスクが高い
勝てるようになるにはそれなりに時間と資金を投資しなければなりません。長時間画面に張り付き常にチャート分析を行ったり経験を積むために負けもたくさん乗り越えなければならないので強い精神力と整った環境が必要になります。副業としてコツコツ勉強することも可能ですがかなり時間がかかってしまうことを頭に入れておかなければ挫折してしまうでしょう。とはいえ、多くのプロはこの裁量トレードで億単位の資産を築き上げているのも事実なのでリスクに見合った夢ある手法ではありますね。
裁量トレードをおすすめしたい人
・FX経験が豊富な中上級者
・資金と時間に余裕があり注ぎ込める
・リスクを恐れず諦めない強い覚悟と熱意がある方
裁量トレードが気になるという方はこちらの記事も参考にしてください

②:EA(自動売買ツール)

EA(自動売買ツール)とはプログラムを利用して機械が自動的にトレードを行なってくれるツールです。最初にエントリーするポイントや決済の条件など設定しておくことで寝ている間も自動で取引を行なってくれるためとても便利な取引方法になります。

ナルキスト
FXは手法や環境と同じくらいメンタルが重要とされています。プロのトレーダーで感情に左右されるトレードを行う人はいません。ある意味機械になったようにこれまでに培った知識と経験を参考にしてあとは自分で決めたルールに無感情で従うだけなのです。
EAであれば決められた通りの取引が行われるため人間の感情によるミストレードがなくなります。裁量でやるとどうしても初心者の方は損失が怖くて「いつか戻るであろう」という考えで損失を拡大してしまいます。逆に利益が損失になってしまうのを恐れて小さい利益で確定してしまうなど合理的なトレードに反する行動を取ってしまうものです(プロスペクト理論)。
EAのメリット
・24時間いつでも自動で取引してくれる
・感情に左右されず正確に実行される
・トレーダーの負担が軽い
EAのデメリット
・ずっと勝ち続けることは難しい
・利小損大になってしまう
・販売されているツールは高い(稼げるとも限らない)
EAはトレーダーの負担もなく感情に左右されないという魅力がある一方、同じツールの設定で勝ち続けることはほぼ不可能であったり、高額で売られている割に稼げないツールも多いという注意点もあります。まず相場環境は常に変動しているということを頭に入れておかなければなりません。
また、SNSやネットを通じて自動売買ツールを高値で販売している方もよく見かけますね。「勝率90%」など大胆に広告していますが正直FXにおいて勝率はあまり関係なく継続して稼ぎ続け生き残ることが大事なのです。勝率が高いということはつまり損切り幅に比べて、利確を小さく行なっていることになります。そのためコツコツ小さい利益を積み重ねて低確率の負けで一気に大損をしてしまうというのがほとんどのツールの実態です。初心者の方にはこういったアピールで高額商品を売りつけられるので注意しましょう。

ランラン
ええ?!そんな危ない話しだったの・・・。確かにFXを勉強し始めたばかりでちょっとした知識しかないランランは勝率90%以上って言われたらすごいって思って飛び付いちゃいそうだったよ〜。
EAがおすすめの人
・取引を効率化したい中上級者
・自ら相場の変化に対応して設定を変えられる
・お金に余裕があって怪しくても簡単に稼げる手段を探したい方

③:ソーシャルトレード

ソーシャルトレードはプロトレーダーの取引をコピーして同じ取引を行う手法になります。FXが上手なプロの取引と同じ動きができ、感情に左右されることもない、相場の変化にもプロが対応してくれるという裁量とEAのいいとこ取りのようなイメージですね。選択したプロのトレーダーがトレードを行なっていれば仕事中であろうと寝ているときだろうと取引が行われているため副業としても負担が少なく始められるので初心者には特におすすめできます。

ソーシャルトレードのメリット
・知識が少ない初心者でも始めやすい
・場所と時間を問わず取引される
・感情に左右されない
・プロの取引を見て勉強できる
ソーシャルトレードのデメリット
・利用コストがかかる
・資金力の違いから先にリタイアしてしまう可能性がある
・悪徳な詐欺業者もある
ソーシャルトレードを利用することで当然ながらコストがかかってしまいます。さらに資金力のあるプロからしたら痛くない負けも損失に慣れていない初心者からしたら精神的にキツく先に相場からリタイアなんてこともあるので余剰資金で心にゆとりをもって始めるべきでしょう。ある程度FXの知識と経験がある中上級者にはあまりメリットがないかなと感じます。
ソーシャルトレードがおすすめな人
・知識がなく少額から始めたい
・時間に余裕がなく場所を問われない副業がしたい
・FXを学びつつコツコツ稼ぎたい

始めるのが不安なFX初心者はソーシャルトレードがおすすめ

ここまで3大取引手法について解説してきました。どの手法も目的やその人の状況・性格によっては最適な手段になります。それぞれのメリット・デメリットを見直して自分にはどれが合うのか検討してみましょう。

 

トレーダー利用手数料難易度勝率使用時間
裁量トレード自分
EA(自動売買ツール)機械
ソーシャルトレードプロトレーダー

 

この記事を見にきていただいた多くの方は時間に余裕がなく副業としてFXを始めようとしていると思います。お金の増減があるFXはストレスがかかるため少しでも不安を取り除いてなるべくお金をかけずに始めたいですよね。そうなれば最適なのがソーシャルトレードになります。裁量トレードのように感情に左右されながら難しいトレードをする必要がなく、ツールを購入するために高いお金を払う必要もないのでぴったりですよね。ソーシャルトレードでは大きく稼ぐことは厳しいですがコツコツプロのトレーダーを参考にしながら独学を行い、お小遣いが増えていけばストレスなく次のステップへ進んでいけるでしょう。

ランラン
なるほど!確かにこれまで学んだ内容からランランはソーシャルトレードがいちばんピッタリな気がするよ!でもどこでソーシャルトレードを始めればいいんだろう・・・。

ナルキスト
いいね!取引手法は決まったようだからこれからソーシャルトレードのおすすめブローカーを紹介するよ!いよいよFXデビューが近づいてきたね!

おすすめのソーシャルトレード業者【ポケトレ】

ここまでFXについての基礎知識や3つのトレード手法からソーシャルトレードがおすすめな理由を理由を解説してきました。最後におすすめのソーシャルトレード業者を紹介します。最もおすすめできるソーシャルトレード業者は「ポケトレ」です。ポケトレはセーシェル共和国に拠点を置く海外ブローカーになります。日本は規制が厳しくソーシャルトレードを扱うブローカーがかなり少ないため日本語対応もしており国内ユーザーも多いポケトレは安心して利用できるサービスとなっています。

\口座開設はこちらから/

 

まずはポケトレの特徴をわかりやすく把握できるようにメリット・デメリットでまとめました。操作がシンプルでわかりやすかったり、ソーシャルトレード専門のブローカーのため、より快適さに特化したサービスが提供されているところが魅力的です。レバレッジが500倍と高いため少額からのスタートでも稼ぎやすいですね。しかしレバレッジが固定で下げることができない点やゼロカットシステムがないところがデメリットなので余剰資金内で行うなど資金管理は丁寧にしましょう。

ポケトレのメリット
・レバレッジ500倍
・スマホ、タブレットで取引可能
・操作がシンプルでわかりやすい
・ソーシャルトレードのみのサービスで使いやすい
・優秀なトレーダーがたくさんいる
・手数料無料
・日本語対応している
・金融ライセンスを取得している
ポケトレのデメリット
・ゼロカットシステムがない
・レバレッジが操作できない(500倍で固定)
・出金手数料が高い(2,500円)
ポケトレはFSA(セーシェル共和国金融庁)の金融ライセンスを取得しています。海外ブローカーは自由性が高い反面、国内に比べて信頼性に不安があります。なので金融ライセンスの取得など信頼性・安全性を示す情報はとても大切になります。ちなみにFSA金融ライセンスは知名度の高い海外ブローカーのXMやLandFXが取得しておりそれなりにメジャーなライセンスと言えます。
ソーシャルトレードはプロに任せて行うトレード手法だとこれまでに学習してきました。そのためポケトレを始めたらまずプロのトレーダーを選ぶ必要があります。しかしプロのトレーダーが人気ランキングで並べられているため初心者でも簡単に選ぶことができますしスマホやタブレットのアプリにも対応しているため会社出勤する方の副業にも最適と言えるでしょう。

まとめ

FXの基礎知識からトレード手法について、ソーシャルトレードのおすすめ業者など時間がない初心者がFXを始めるための知識を解説をしました。本記事をきっかけにFXの世界へ一歩踏み出せていただければ幸いです。まずソーシャルトレードからFXを始めようと決めた方はさっそくポケトレの口座開設を行なってみてください。

\口座開設はこちらから/

 

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう