BaseFEXは2019年に流行ると噂されている新興取引所です。

BitMEXとUIが似ていることから使い勝手も良く、レバレッジは最大100倍、取扱い銘柄もオリジナリティ溢れていて、かなり注目を集めています。

そんな人気急上昇中のBaseFEXとBitMEXの特徴を比較して、それぞれどのような特徴があり、どのように使い分ければいいか解説していきたいと思います。

ここから登録すると
\半年間手数料が10%オフ!/

BaseFEXとBitMEXの概要

名称BaseFEXBitMEX(ビットメックス)
設立2018年12月2014年11月
レバレッジ最大100倍最大100倍
取扱銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イオス(EOS)
  • エイダ(ADA)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • フォビトークン(HT)
  • オーケービー(OKB)
  • ゲートチェーン(GT)
  • コスモス(ATOM)
  • ビットコイン(BTC)
  • エイダ(ADA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオス(EOS)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • トロン(TRX)
  • リップル(XRP)
手数料
  • 全銘柄
    成行:0.05%
    指値:無料
  • BTC
    成行:0.075%
    指値:‐0.025%
  • アルトコイン
    成行:0.025%
    指値:‐0.05%
証拠金
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコイン(BTC)
プラットフォームWEB(スマホアプリあり)WEB(スマホアプリなし)
追証なしなし
サポートありあり

BaseFEXとBitMEXのレバレッジ比較

まずさっそくですが、BaseFEXとBitMEXのレバレッジ比率を見ていきましょう。

BaseFEX、BitMEXどちらも最大レバレッジは100倍で、銘柄によって最大レバレッジは変動します。

BaseFEXBitMEX
  • BTC/USD:100倍
  • ETH/XBT:50倍
  • LTC/XBT:50倍
  • XRP/XBT:50倍
  • EOS/XBT:50倍
  • ADA/XBT:50倍
  • BNB/XBT :50倍
  • HT/XBT  :20倍
  • OKB/XBT:20倍
  • GT/XBT:20倍
  • ATOM/XBT:20倍
  • BTC/USD:100倍
  • ETH/XBT: 50倍
  • LTC/XBT: 33.3倍
  • BCH/XBT: 20倍
  • EOS/XBT:20倍
  • TRX/XBT:20倍
  • XRP/XBT: 20倍

BaseFEXとBitMEX共にビットコインの最大レバレッジは100倍と一緒です。

しかし、アルトコインを比べてみると、BaseFEXはイーサリアム(ETH)こそ同じものの、その他リップル(XRP)やライトコイン(LTC)等、その他主要アルトコインで最大50倍レバレッジ掛けることができるので、BitMEXを上回っていますね。

あどまん
普段CryptoGTで少額を50~100倍レバレッジかけて短期トレードをしている僕にとってBitMEXのレバレッジは少々物足りないと感じていました。
しかし、BaseFEXは、アルトコインを50倍で取引できるようになったので、現在使っています。
特にETHやXRPを50倍で取引できるのはありがたいですね!

BaseFEXとBitMEXの取扱銘柄の比較

続いて、BaseFEXとBitMEXの取り扱い銘柄を比較してみましょう。

取り扱い銘柄
BaseFEX
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イオス(EOS)
  • エイダ(ADA)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • フォビトークン(HT)
  • オーケービー(OKB)
  • ゲートチェーン(GT)
  • コスモス(ATOM)
BitMEX
  • ビットコイン(BTC)
  • エイダ(ADA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオス(EOS)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • トロン(TRX)
  • リップル(XRP)

BaseFEXが11銘柄で、BitMEXは8銘柄なので、取り扱い銘柄の種類で比較するとBaseFEXに軍配が上がりますね。

また、BaseFEXでは、バイナンスの取引所トークン「BNB」やHuobiトークン「HT」などの取引所トークンを複数扱っており、有望銘柄と言われる「ATOM」が上場しているのも優位性が高いです。

CryptoGTでもBNBを200倍でレバレッジかけることができますが、スプレッドが非常に広いのでBNBのレバレッジ取引はBaseFEXを利用することをオススメします。

あどまん
BaseFEXの楽しみな所は、これからもどんどん新しい銘柄を上場させる予定があるというところです。ここでBitMEXとは異なる銘柄を取扱い出すと、優位性を出すことができますし、両取引所をうまく併用できそうですね。

どちらの取引所もBTC建しかないので、BTCが高騰しているときアルトコインのポジションが持ちづらいところが欠点として挙げられます。

CryptoGTとBitMEXの手数料を比較

続いては、手数料について比較していきましょう。

CryptoGTBitMEX
  • 全銘柄
    Taker(成行注文):0.05%
    Maker(指値注文):0%
  • BTC
    成行:0.075%
    指値:-0.025%
  • アルトコイン
    成行:0.025%
    指値:-0.05%

手数料はトレードスタイルによって優位性が変わってくる結果となりました。

BitMEXは指値注文をすると、-0.025%の手数料
つまり、逆に手数料を貰うことができます。

一方で、成行注文をする場合は0.075%も手数料がかかってしまうので、何度も成行注文をしてしまうとかなり資産が減ってしまいます。

BaseFEXは指値注文をしても、手数料を貰うことはできませんが減りません。
そして、成行注文をしてもBitMEXに比べると安く済みます。

  • 指値注文中心のトレーダーはBitMEXがおすすめ。
  • 成行注文もしたいトレーダーはBaseFEXがおすすめ。

あどまん
僕は成行注文をやってしまいがちなのでBitMEXの手数料は痛いな~と思っていました。一方でBaseFEXは手数料が安いことに加えて、アフィリンクから登録するとさらに安く抑えることができるので、正直手数料に関してはBaseFEXの方がお得であることがわかります。
しかし、指値注文中心のトレーダーはBitMEXだと手数料をもらうことができるので、BitMEXを使うことをおすすめします。
こちらから登録するとどちらの取引所も手数料を割引することができるので、ぜひまだ登録していないかたは登録しておきましょう。手数料は塵も積もれば山となります。

スワップ手数料について

続いて、スワップ手数料について比較していきましょう。

スワップ手数料とは、新規で注文をしたあと、決済するまでにかかる手数料のことです。

各スワップ手数料

  • BaseFEX:-0.01%~0.3%(変動あり)
    8時間ごとに資金調達料として取られる
  • BitMEX:-0.375%~0.375%(変動あり)
    8時間ごとに資金調達料として取られる
    ※決済の期限がない無期限の商品だけ資金調達料がかかります。

FX取引所では、資金調達料で手数料を貰える場合があり、「資金調達率」を重視しているトレーダーの方も多いです。

こちらはどちらも大きな差は無いように思えます。

BaseFEXとBitMEXのプラットフォームを比較

BaseFEXとBitMEXのプラットフォームを比較していきます。

基本どちらもWEB上で取引を行いますが、大きな違いはアプリの有無です。

BitMEXはWEB上のみで取引を行うことができます。

BaseFEX BitMEX 比較

PCでの操作性は非常によく快適に取引を行うことができる一方で、BitMEXにはスマホアプリがありません。

BaseFEXも基本的にはWEB上での取引になり、取引画面はBitMEXと酷似しています。

BaseFEX BitMEX 比較

また、BaseFEXはアプリをリリース予定です。

すでにアプリ自体はインストールすることができますが、まだログインができないステータスになっています。

専業トレーダーならPCだけで充分かもしれませんが、兼業トレーダーや外出中も取引をやりたい方にはスマホに対応していないBitMEXは使い勝手が悪いですね。

BaseFEXのアプリの使い勝手がどのような感じになるかわかりませんが、アプリがリリースされるのは嬉しいです。

あどまん
BitMEXはやはり文句なしで綺麗なUIですが、それを参考にしているBaseFEXのUIもやはり綺麗です。まだアプリがリリースされていないので何とも言えませんが、どのくらい使いやすいのか期待したいと思います。
もし、バイナンスくらい使いやすければBaseFEXのみでトレードをやるかもしれません。

CryptoGTとBitMEXの比較まとめ

以上、BaseFEXとBitMEXを比較してみました。

今一度、改めて比較表を載せておきます。

BitMEX(ビットメックス)BaseFEX
最大レバレッジ最大100倍
(BTCのみ)
最大100倍
(BTCのみ)
取扱い銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • エイダ(ADA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イオス(EOS)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • トロン(TRX)
  • リップル(XRP)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • イオス(EOS)
  • エイダ(ADA)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • フォビトークン(HT)
  • オーケービー(OKB)
  • ゲートチェーン(GT)
  • コスモス(ATOM)
ロスカット50%50%
追証なしなし
証拠金BTCのみBTCのみ
取引手数料成行:0.075%
指値:-0.025%
成行:0.05%
指値:無料
スワップ手数料-0.375%~0.375%
8時間毎
-0.01%~0.01%
8時間毎
サーバー
日本語対応ありあり
スマホアプリなしあり

こうやって見ると、大きな違いは取り扱い銘柄であり、これ以外はほぼ同じと考えても良さそうです。

そのため、どちらを使えばいいか、というより、どちらも併用して活用すべきであると思いました。

BaseFEXは新興取引所ということもあり、まだ信頼性に欠け、出金ができなかったり色々不具合が発生してしまう可能性があります。

そのため、メインのトレードはBitMEXで行い、少額で取引所トークンや、ATOM等のレバレッジ取引をBaseFEXですることをおすすめします。

今後BaseFEXはアプリでトレードできるようになり、スマホでの利便性も一気に向上することが見込まれ、さらに新規銘柄も続々上場するアナウンスもあったので、期待しておきたいですね。

初心者にオススメの海外FX業者

海外FX業者で日本人の口座開設者数No1!
口座開設するだけで3,000円の証拠金が貰えるだけでなく+100%の入金ボーナスキャンペーンも実施中。
日本語にも対応しており、FX初心者にも利用しやすいおすすめ業者!

\新規口座開設で3000円ボーナスがもらえる/

HOTFOREX 為替 FX

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 特徴 メリット

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/