仮想通貨

僕の愛用している「CryptoGT(クリプトGT)」のメリット・デメリット一覧

あどまんです。

僕は普段「CryptoGT(クリプトGT)」という仮想通貨FX取引所を利用しています。

FX取引所は複数あり、各取引所様々な特徴があります。

色々吟味して考えた結果、CryptoGT(クリプトGT)が一番自分にしっくりくると感じたので、愛用しています。

そんな今回は「CryptoGT(クリプトGT)」のメリットやデメリットをご紹介したいと思います。

数か月利用してみて、自分が感じたメリット/デメリットを正直に書ければと思います。

CryptoGT公式サイトは
こちらから

CryptoGT(クリプトGT)とは?

CryptoGTはレバレッジ最大200倍でトレードができる仮想通貨FX取引所です。

簡単に「CryptoGT(クリプトGT)」の概要をご紹介します。

  • 設立:2018年6月1日
  • 最低購入金額:0.01btc
  • 最大レバレッジ:200倍
  • 通貨ペア:59種類(2019/3/13現在)
  • 取引手数料:スプレッド式
  • プラットフォーム:MT5
  • サポート:日本語サポートデスクが充実(日本人が対応)
    9:00~24:00まで土日祝日も対応
  • 公式サイト:Crypto GT(クリプトジーティー)
クソ妖精
クソ妖精
そんなの興味ないミンミン
クソ獅子就活生
クソ獅子就活生
ワン!(さっさとメリットとデメリットを書きやがれ!そこが知りたいワン)

CryptoGT(クリプトジーティ)のメリット/デメリット

あどまん
あどまん
クソ妖精とクソ獅子が急かしてくるので、メリット/デメリットについて書いていきます。

ここからは「CryptoGT(クリプトGT)」のメリット及びデメリットについてです。

僕自身CryptoGTをかなり愛用しており、良いところ悪いところが徐々に見えてきました。

CryptoGTのメリット・デメリット

メリット

  • レバレッジ最大200倍でトレードできる。
  • BTCのスプレッドが狭い。(500円くらい)
  • JPY建でトレードできる。
  • MT5に対応しているのでスマホでの操作が非常に快適。
  • BNBをレバレッジかけてトレードできる。
  • ストップが滑ったりしない。
  • 注文は確実に通る。
  • 追証がない。(借金を背負うリスクがない)
  • 日本語に対応しており、サポート対応も非常に早い。
  • 59種類の仮想通貨ペアで取引できる。

デメリット

  • アルトのスプレッドが広い。
  • ストップ注文が15%離れないと注文できない。
  • ごく稀にスプレッドが5,000円ほど開く。
  • アンチが非常に多い。

ざっとこんな感じです。

一つ一つ詳しく書いていくと果てしないので、ここからはいくつか掻い摘んで書いていきます。

CryptoGTの登録は
こちらから

MT5に対応しているのでスマホでの操作が非常に快適。

僕は普段スマホでトレードをしています。

というのも、MT5はスマホにも対応しているので、快適にトレードができます。普段ベッドに転びながらトレードをやっているのでスマホで操作しやすいのは非常に助かります。

以下、スマホでのトレード画面ですが、一画面にチャート・インジが表示されているのでかなり見やすいですよね。

MT5はインジの数も豊富なので自分のお好みで設定することができます。

もちろん、フィボナッチやトレンドラインも引くことができるので、トレードはこの画面だけで完結しています。かなり便利です。マジで。

BNBをレバレッジかけてトレードできる。

バイナンスの取引所トークン「BNB」をレバレッジかけて取引できるのはCryptoGTのみです。

これだけでも使う意味があると思っています。

こちらのチャートをご覧ください。

BNBは2018年12月から2019年3月の約3か月間で約4倍にまで高騰しています。(2019/3/13現在)

2019年はBINANCEの年だと思っていて、ここからまだまだ伸びていくに違いありません。毎月ICOを実施したり、ファンダを次々と発表しているので、手放す理由がそもそもないんですよね。


2日で0.02BTCを1BTCにまで増やすことが出来ましたが、BNBの勢いにハイレバでうまく乗っかることができたのが要因です。

ストップは滑らない/注文は確実に通る。

僕がかなり魅力的に感じているポイントはここです。

例えば、bf(ビットフライヤー)はストップ注文をしているにも関わらず、貫通してしまうことがあります。BitMexだと注文したいってときに注文できないこともあります。

たしかにビットフライヤーは手数料もかかりませんし、ヒゲが作りやすいことからスキャに向いているので、スキャを得意とする人にとっては非常に使いやすい取引所だと思います。

なによりGTを使っているとスプレッドで悩まされることもかなりあるので、ビットフライヤーを使おうと思ったことも何度かありますが、ストップ注文が貫通してロスカットを喰らうリスクを考えるとGTのほうが安心安全かなと思っています。

アルトのスプレッドが広い。

これは正直広いと言わざるを得ません。

特に為替をやっていた人からするととてつもなく広く感じてしまうのではないでしょうか。


まさにこのツイートの通りで、為替に比べるとかなりスプレッドが広いです。もちろんボラの関係上仕方ないのかもしれませんが。

なので、ボラの激しいときはそこまで気になりませんが、以下チャートの赤丸で囲ったヨコヨコ相場のときは結構きついです。

BTCはスプレッド500円ほどなのであまり苦痛ではありませんが、アルトコインになると結構きついなーと感じることが多いです。

スプレッドが広いと同値撤退すら難しく、注文の逆に行ってしまうとかなり痛手を負ってしまいます。

アルトコインは勢いのあるここぞ、って時にエントリーしましょう。

CryptoGTの登録は
こちらから

CryptoGT(クリプトジーティ)の登録方法

CryptoGTの登録方法はCryptoGT公式HPに詳しく書かれていますので、こちらを参考に口座開設してみてください。(こんな丁寧に書かれている記事があるのに僕がわざわざ書く意味見出せませんでしたーサーセン)

ただ、もしこの記事を参考にしても口座開設できなければ、僕に気軽にお声かけください。出来る限りのことは全力で協力させていただきます。

ADMEN 2nd《漢》(@admen_vc_2)

DMかリプ頂ければすぐに気づきます。

おわりに

CryptoGTは2018年6月にできたばかりの新興取引所です。

最近いろんな有名トレーダーが使うようになったりして、ようやく利用するユーザーが増えてきたように思います。

しかし、まだまだ魅力に気づいていない方も多くいるので、ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

デモトレードもできるので、触れてみるだけでもやってみてください。

では。CryptoGTの登録は
こちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で