iforex スキャルピング

僕がメインで使っている海外FX業者のiFOREX(アイフォレックス)はスキャルピングの規制があります。

スキャルピングとは

小さな利益を狙って超短期間で売買を繰り返す手法です。1取引の利益は少ないですが、回数を重ねて利益を積み上げていきます。短期間で利益を出すためにはスプレッドが狭いFX業者を利用する必要があります。

あらかじめ取引をする前にこのような規制を確認しておかないと、せっかく出した利益を出金できないということになりかねません。

そこで今回は、iFOREX(アイフォレックス)のスキャルピング規制や他の禁止事項に関してご紹介したいと思います。

関連記事iFOREX(アイフォレックス)のメリット・デメリットを徹底解説 | ボーナスや口座開設方法も詳しくご紹介

iFOREX(アイフォレックス)について

iforex アイフォレックス ボーナス 登録方法

名称iFOREX(アイフォレックス)
設立1996年
ライセンス英領バージン諸島の金融サービス委員会
レバレッジ最大400倍
取引銘柄通貨ペア:82種類 コモディティ:20種類 経済指標:32種類
仮想通貨ペア:18種類 株式:426種類
プラットフォーム独自プラットフォーム
追証なし
ロスカット水準0%
日本語サポートあり(24時間体制あり)

禁止取引行為

iFOREX(アイフォレックス)で定められている禁止取引行為がこちらです。

禁止取引行為一覧

  • iFOREXは公正な取引をサポートし、遅延価格での取引や価格操作、時間操作など不正な取引や、違法または不当な優位性を得るために利用されるその他の行為などの行為を容認しません。このような行為の例を以下に示します。(ここに記載されるものがすべてではありません)
  • スキャルピングはわずかな価格の動きで大きな利益を出そうと試みる取引戦略です。この戦略を実行するトレーダーは、小さな価格変動は大きなものに比べて捉えやすいという考えに基づき、1日に10から数百に及ぶ取引を行います。
  • オートメーション(例えばEAS)またはアルゴリズミック取引は、注文の時間、価格、量などの変数を事前にプログラムされた取引指示を実行するアルゴリズムで取引注文を入力するために電子プラットフォームを使用することであり、多くの場合人間の介入なしに「ロボット」が注文を起動します。
  • API取引はアプリケーション·プログラミング·インタフェースで、他のプログラムと相互作用するソフトウェアプログラムを使用したすべての取引のことです。APIはトレーダーと市場の間の仲介者として機能し、必要に応じて注文を中継し、情報を検索します。
  • 「複数口座」は、iFOREXから複数の口座関連のメリットを不当に享受する目的で、一人のお客様が2つ以上の口座を設定する状況を指します。

(iFOREX公式サイト取引条件ページより引用)

スキャルピングは禁止されている

スキャルピングに関して、知らないうちに禁止事項に該当してしまう可能性があるので要注意です。

1日に10~100以上の取引をするとiFOREX(アイフォレックス)ではスキャルピングとして認定されてしまう場合があるので、iFOREX(アイフォレックス)で取引する場合はスイングトレードやデイトレードがいいかもしれません。

他のFX業者ではスキャルピングに対する規制が無かったり、スキャルピングの定義が数分内に数十回の取引だったりとiFOREX(アイフォレックス)よりは緩いです。

他の業者と同じ感覚だと予期せぬ規約違反になってしまうかもしれないので、複数のFX業者を利用している方は各業者の利用規約をしっかりと確認した上で取引をするようにしてくださいね。

あどまん
スプレッドや取引手数料の面で優秀なのでスキャルピングがしたくなる気持ちもわかります。とはいっても規約違反をしないことが一番なので気を付けて下さい。

禁止取引行為まとめ

複数のFX業者を利用するのであればそれぞれで取引手法を変えないといけない場合もあります。

今回のiFOREX(アイフォレックス)ではスキャルピングは適していませんが、スキャルピングをするのであればスプレッドが極めて狭いTradeView(トレードビュー)が一番オススメです。

とはいえ、iFOREX(アイフォレックス)は取扱銘柄数やスプレッドの狭さで取引しやすい事には変わりませんの。スイングトレードやデイトレードメインで取引をしている方はぜひ利用してみてください!

関連記事iFOREX(アイフォレックス)のメリット・デメリットを徹底解説 | ボーナスや口座開設方法も詳しくご紹介

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

海外FX・海外仮想通貨で損しないための攻略本を無料公開中

海外仮想通貨ロードマップ

仮想通貨が盛り上がっているとか、億り人が続出しているとか、そういうニュースを見るたびに、あなたも仮想通貨投資をやりたい!と思っているのではないでしょうか?
でも、いざ調べてみるとアルトコインやら取引所やら販売所やらハードウォレットやら、、色んな聞き慣れない単語が多くて、挫折してしまった方も多いと思います。
実際に、私も慣れるのにかなりの時間を要しました。なので、私もそんな方々の気持ちが死ぬ程分かります。
そこでここでは、仮想通貨初心者の方のためのロードマップと称して、ここから始めてみましょう!という流れが分かるようにまとめてみたので、是非ご活用下さい。

海外FXロードマップ

昔はFXってレバレッジが数100倍もあったし、なんか夢があったなぁって思いにふけっている方もいるんではないでしょうか。(私もそのうちの一人です)
最近では、レバレッジも25倍だしボーナスキャンペーンもあまり魅力的なものもないし、仮想通貨の盛り上がりを見て仮想通貨取引に鞍替えしている方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっとだけ待って下さい!FXには「海外FX」という、第二の選択肢があるのです!
海外FXは国内のFXと違ってレバレッジが桁違いに大きく、またボーナスキャンペーンも豊富にあります。
そして、海外とは言いつつほとんどのブローカーは日本語で利用できるし、日本語サポートも充実しているんです。
ここでは、海外FX初心者の方のためのロードマップを作成したので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう