証拠金維持率とは?FX初心者向け簡単解説

初心者妖精ランラン
FXを始めるために勉強をしてるんだけど、「証拠金維持率」っていうのがよく分からないんだよね。
そもそも「証拠金維持率」って何なの?

ナルキスト
証拠金維持率というのは取引に必要なお金と持っているお金の割合のことだね。
取引に必要なお金が1万円で、自分のFX口座にも1万円が入っていれば証拠金維持率は100%になるんだ。

FXを始めるときにはいくつかの専門用語について理解をしておかなければいけませんが、「証拠金維持率」というのもそのひとつです。

しかし、証拠金維持率の説明が書かれた本やネット記事を読んでも、いまいちよく理解が出来ないといった方も多いと思います。

そこで、この記事では初心者でも分かりやすいよう図などを使って証拠金維持率に関する基礎知識を丁寧に解説していきます。

これからFX取引を始めようとしている方やFXを始めて間もない方はぜひ参考にしていってください。

証拠金維持率とは?強制ロスカットやレバレッジに関する疑問も

ナルキスト
それでは最初に「証拠金維持率」の基礎的な知識から見ていきましょう。

「証拠金維持率」とは簡単に言うと「保有している注文の評価額(損益含む)に対して、いくらのお金が口座に入っているか」を示す値です。

そのため、証拠金維持率は常に一定というわけではなく、レートが値動きするたびに変わるものと覚えておいてください。

証拠金維持率の基礎知識

FX取引をする際に「証拠金維持率」というのは非常に重要なポイントです。

証拠金維持率が下がることは自分が保有しているポジション(注文したもの)の評価額が下がっていることを意味します。

証拠金維持率の計算方法
有効証拠金(口座内資金 + 含み損益) ÷ 必要証拠金(レート × 取引数量 ÷ レバレッジ) × 100
=証拠金維持率

こちらがもっとも基本的な証拠金維持率の計算方法です。

口座内資金とは、自分がFX口座に保有しているお金のことを指します。

口座内資金として認められるのは現金とクレジットを合算した額です。

ちなみに現金とは文字通り自分が入金したお金のことで、クレジットとはFX業者から受け取ったボーナスなどのことです。

そして、その口座内資金に取引の含み損益を加えたものが「有効証拠金」となります。

こちらは取引が上手くいっていて、含み損益がプラスになっているときの有効証拠金額です。

ご覧のように自分が持っているお金に加えて注文による利益も証拠金として使えます。

しかし、反対に取引が上手くいっていないときは以下のようになります。

自分のお金として10万円があるはずなのに、持っているポジションの評価額が下がったことによって有効証拠金の額が目減りしていることが分かります。

こうした形で有効証拠金というのは常に変化をするわけです。

そして、有効証拠金額が変化をすると当然ながら「証拠金維持率」も変わってくるのですが、一例として上のパターンを参考にしてみましょう。

ポジションを保有するのに10万円が必要だった場合、有効証拠金の額が変化をすると証拠金維持率もこのように変わります。

これが証拠金維持率のもっとも基礎的な考え方なので、ぜひ覚えておきましょう。

初心者妖精ランラン
なるほど。有効証拠金っていうのは単純に自分が持っているお金だけのことじゃないんだね。

ナルキスト
もちろん注文をしていなければ有効証拠金額は変わらないけど、注文をしていると使える証拠金額が変動するってイメージだね。

証拠金維持率はレバレッジによっても変わる

有効証拠金によって証拠金維持率が変わることが分かりましたが、証拠金維持率を決める要素には「必要証拠金」というものも含まれています。

この必要証拠金は設定するレバレッジによっても変わりますので、その点について解説をしていきましょう。

必要証拠金の計算方法
レート × 取引数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

必要証拠金の計算方法は上記の通りです。

レートとは注文をするときの価格のことで、たとえば「ドル円が100円」であれば1通貨のレートは100円となります。

このレートに対してどれくらいの数量を取引するかは自分で決めます。

ちなみに海外FX業者を利用している場合は、ほとんどのところが1ロット=10万通貨という単位です。

つまり「ドル円を1ロット注文する」とは「100円(1通貨)×10万通貨」を取引することになります。

そうなると1000万円ほどの証拠金が必要になってしまうのですが、そこで登場するのがレバレッジというシステムです。

仮にレバレッジが1000倍まで実行できるのであれば、このときの必要証拠金額は「1万円」となるわけですね。

なお、国内FX業者の場合は「最大レバレッジが25倍までしか実行できない」という法的規制が掛かっています。

そのため、国内FX業者を利用していて1ロット(10万通貨)分のドル円を取引するには、最低でも40万円ほどの必要証拠金がいることになります。

この部分が海外FX業者と国内FX業者の大きな違いです。

ちなみに海外FXの最大レバレッジ相場はだいたい500倍あたりが平均です。

レバレッジが大きいところだと最大1000倍~3000倍といったところもありますが、上の必要証拠金計算はあくまで海外FX業者の中でも平均的なレバレッジ500倍で算出したものとなります。

このようにレバレッジというのは大きければ大きいほど必要証拠金が少なくなり、結果として証拠金維持率をアップさせてくれます。

そのため、証拠金維持率を計算するときにはレバレッジの数字も加味するようにしましょう。

ナルキスト
なお、多くの海外FX業者では実行するレバレッジを自分で決められるようになっています。(最大レバレッジ以内に限りますが)

証拠金維持率が一定を下回ると強制ロスカット対象になる

基本的な証拠金維持率の計算方法が分かったところで、次に「証拠金維持率は何の目安になるのか?」ということを解説していきます。

証拠金維持率はただの数字でなく、取引の内容に直接関わってくるものです。

含み損失が膨れ上がって証拠金維持率が一定の数字を下回ると「強制ロスカット」が発生します

強制ロスカットとは名称の通り、FX業者側が自動的にポジションを決済する措置のことです。

強制ロスカットがおこなわれるのはトレーダーが入金額以上の損失(つまり借金)を負わないためです。

多くのFX業者では強制ロスカットが発生する「証拠金維持率の数値」を設定していて、これを「ロスカットレベル」や「ロスカット水準」と呼びます。

ロスカット水準は何%?
  • 海外FX業者:0%~100%(大半の業者は20%に設定)
  • 国内FX業者:100%~150%(100%を下回るところはほぼない)

なお、こちらが強制ロスカットが発生する証拠金維持率の目安数値です。

ここでも海外FX業者と国内FX業者に違いがあることが分かります。

ちなみに海外FX業者の多くはゼロカットというシステムを採用しているので、たとえ証拠金維持率が0%以下(マイナス残高)になっても借金を負うことはありません。(ゼロカットシステムを採用していないところは別)

このあたりも両者における大きな違いと言えるでしょう。

初心者妖精ランラン
海外FX業者の方が初心者にとっては安心して使えそうだね。

ナルキスト
「海外FX=ハイリスク」のように思われがちだけど、実はこのようにとても安全なんだよね。
正直、初心者がいきなり国内FXに挑戦することの方が圧倒的に危険なので覚えておこう。

証拠金維持率は何%が適切?

証拠金維持率の計算方法と証拠金維持率の意味が理解できたところで、適切な証拠金維持率についてもご紹介しておきましょう。

とは言っても、この疑問の答えは個々のトレーダーによって異なります。

証拠金維持率200%ほどでどんどん取引をする人もいれば、常に500%以上をキープしておく人もいます。

そのため、一概にどれくらいの証拠金維持率が適切かとは言えませんが、初心者の方なら最低でも300%ほどを維持しておくと相場の急変にも耐えられるはずです。

また、FX取引では自分で証拠金維持率を計算して「レートがいくらまで下がったら自分でロスカットをする」という設定も出来ます。

証拠金維持率が下がっていくのをただ眺めるのではなく、こうして「損切り」のラインを決めるのも重要な作業のひとつです。

初心者妖精ランラン
証拠金維持率が100%を下回って強制的に決済されるより、150%くらいで損切りをした方がダメージが少ないってことか。

実際に証拠金維持率を計算してみる

次に色々なパターンにおける証拠金維持率を計算していこうと思います。

初心者の方は自分が利用するFX業者の設定に当てはめながら参考にしてみてください。

それぞれのレバレッジごとに証拠金維持率を計算

ナルキスト
ここでは海外FX業者2社と国内FX業者、合計3パターンの証拠金維持率計算をしてみたいと思います。
もちろん比較するのは同じ条件です。

ここでは初心者トレーダーに向けた証拠金維持率計算をしていきますが、以下の条件でFX取引をするとしたら証拠金維持率は何%になるのか?を見ていきます。

証拠金維持率計算をするときの仮定条件
  • 自分の資金は20万円(クレジットはなし)
  • 取引はドル円、レートは分かりやすく100円とする
  • 注文量は1ロット(10万通貨)

この条件で、レバレッジが異なる海外FX業者2社と国内FX業者の合計3社を比較していきたいと思います。

ご覧のように同じ条件で取引をしたときにはレバレッジの差で証拠金維持率が変わります。

海外FX業者を利用すると、20万円を入金しておけば他のポジションも保有しやすくなります。

こうしたことからも海外FX業者の方が初心者におすすめと言えるわけですね。

証拠金維持率は取引プラットフォームで確認できる

証拠金維持率は常に変化をするので、自分で計算するのは大変です。

そのため、実際には使用している取引プラットフォーム内で証拠金維持率を確認することになります。

海外FX業者であればMT4やMT5といった取引プラットフォーム、国内FX業者であれば独自のプラットフォーム内で確認が可能です。

こうしたこともFX取引をする前には知っておきたい部分と言えるでしょう。

初心者妖精ランラン
自動的に計算してくれるのはありがたいね。
これなら初心者でも安心して取引が出来そう。

証拠金維持率を上げる方法とは?

最後に証拠金維持率を上げる方法をご紹介していきたいと思います。

証拠金維持率を上げる方法はいくつかありますので、そのときの場面で最適なものを選択してください。

証拠金維持率を上げる方法①現金を入金する

証拠金維持率は口座内資金が増えれば自動的にアップしますので、現金を入金するというのがもっとも分かりやすい方法と言えます。

なお、クレジットカードやオンラインウォレットが使用できる業者を利用していると非常に便利です。

というのも、クレジットカードやオンラインウォレットからの入金は即時反映されるからです。

相場が急変したときにも頼りになるので、なるべくクレジットカードやオンラインウォレットが使える業者を選ぶようにしましょう。

証拠金維持率を上げる方法②ボーナスや独自のロイヤリティポイントを利用する

海外FX業者の中には口座開設ボーナスや入金ボーナスを用意しているところや、独自のロイヤリティポイントを提供しているところがあります。

ボーナスはクレジットとして換算することが出来ますので、このボーナスを使って証拠金維持率を上げるというのもひとつの手です。

また、さらに便利なのが独自のロイヤリティポイントシステムを採用している業者です。

たとえば海外FX業者「XM」では、取引をするごとに現金やクレジットと交換可能なXMPというポイントが付与されます。

XMPはいつでも交換ができるので、ひとまず貯めておいて証拠金維持率がピンチになったら使うといったことも可能なわけです。

こうしたシステムがある業者を選ぶと証拠金維持率が低下したときに現金を入金しなくて済みますので、ぜひ覚えておいてください。

証拠金維持率を上げる方法③注文を決済する

複数のポジションを保有している場合は、いくつかの注文を決済することで証拠金維持率が上がります。

マイナスの損失を出しているポジションはもちろんのこと、利益が出ているポジションを決済しても証拠金維持率は上がりますので、そのときの場面で決断をしてみてください。

まとめ

これからFXを始めようとしている方に向けて「証拠金維持率」の基本的な知識についてご紹介してきました。

証拠金維持率は保有するポジションの損益と実行するレバレッジによって変わりますので、この点だけは覚えておきましょう。

また、証拠金維持率が下がっているときは無理に追加注文を出さず、保有するポジションをどのタイミングで決済するかなどを考えてみてください。

ということで証拠金維持率について理解したら、次にどんなブローカーがあるのか見てみましょう!

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう