FXをするにあたって一番の魅力と言っても過言ではない「レバレッジ」

レバレッジをかけて取引することで、実際にある資金の何倍、何十倍、何百倍の金額分の通貨を動かせるようになります。

しかし、投資未経験者や投資初心者ほどレバレッジに関して間違った認識を持っている事が多すぎるように感じます。

そこで今回はレバレッジに関して自分がトレードする上で実感したことや、メリットデメリットについて紹介していきたいと思います。

FXをするならハイレバレッジで取引できる海外FX業者がオススメ!

関連記事日本国内FX業者と海外FX業者の特徴を比較|メリットデメリットからわかる海外FX業者がオススメの理由

レバレッジとは?

レバレッジの概要

現物取引とFXの大きな違いがこの「レバレッジ」です。

例えば現物取引では10万円を元手に取引をすると10万円分の取引しかできませんが、FXでは「レバレッジ(倍率)」をかけて取引ができます。

つまり、レバレッジ10倍だと元手10万円×10倍で100万円分の取引ができるということです。

FX業者毎によって最大レバレッジは異なる

レバレッジは各FX業者によって上限が違います。

僕が以前紹介した海外FX業者のis6com(アイエスシックスコム)では最大レバレッジ1000倍なので1万円の資金で1000万円分の取引をすることも可能です。

海外では最大レバレッジが1000倍ですが、日本国内のFX業者は個人口座だと最大が25倍と決められています。

 

レバレッジに対して勘違いしている人が多い

レバレッジ取引に対して様々なイメージがあると思います。

良いイメージ

高いレバレッジだと少ない資金で多額の取引ができて儲けるチャンスがある

悪いイメージ

高いレバレッジだと大きく負けやすいので危険がある

世間でのイメージは良いイメージよりも悪いイメージが先行しすぎて、ほとんどの人がFXで高いレバレッジをかけるのはハイリスクだからやめた方がいい、と思っています。(そもそもFX自体やめた方がいいという意見も多数)

しかし、これは大きな勘違いっていうことを気づいてない人が多すぎると思っています。

高いレバレッジをかけることが危険?低いレバレッジなら安全?こんな勘違いをしてしまうのは

正しい知識が無いからです!

FXをするうえで絶対に知っておくべき知識をいくつか紹介します。

それらを踏まえて、本当に「高いレバレッジ=危険」なのかを考えてみましょう!

FXをするうえで絶対に知っておくべきこと

拠出金について

取引をする際にまず知らないといけないのがこの「拠出金」です。

取引をする(ポジションを持つ)際に自分が担保にするお金のことを拠出金と言います。例えば、FX口座に10万円入れている場合、自分が拠出金にできる金額は最大10万円ということになります。

では、レバレッジが100倍のFX業者で100万円分の取引をしようとした場合の拠出金(必要拠出金)はいくらでしょうか?

拠出金、レバレッジ、取引金額は下のような関係になっています。

拠出金×レバレッジ=取引金額

今回の場合で計算すると

【拠出金×レバレッジ100倍=取引金額100万円】

つまり今回の取引に必要な拠出金は1万円ということがわかりますよね。

拠出金維持率について

拠出金に関しては先ほど説明しましたが、それよりももっと重要なのがこの「拠出金維持率」です。こちらに関しても先ほどの例をもとに説明していきます。

FX口座内総資産10万円、拠出金1万円でレバレッジ100倍、100万円分取引した場合

拠出金維持率というのは自分の取引に使っている拠出金に対する、FX口座内資産の割合を表したものです。計算式で表記するとこのようになります。

・拠出金維持率(%)=FX口座内総資産÷拠出金×100

今回のポジションを持った瞬間で計算すると

・拠出金維持率(%)=FX口座内総資産10万円÷拠出金1万円×100

つまり今回の拠出金維持率は1000%ということになります。

ただし、この計算ではポジションを持った瞬間で計算しているので、実際には取引による損益が発生した状態で計算しないといけません。

損益が発生した場合の拠出金維持率の計算も簡単にご紹介しておきます。

拠出金1万円でレバレッジ100倍、100万円分取引し、利益が2万円発生した場合

今回の条件でで計算すると

・拠出金維持率(%)=(FX口座内総資産10万円+利益2万円)÷拠出金1万円×100

つまり今回の拠出金維持率は1200%ということになります。

拠出金1万円でレバレッジ100倍、100万円分取引し、損失が3万円発生した場合

今回の条件でで計算すると

・拠出金維持率(%)=(FX口座内総資産10万円-損失3万円)÷拠出金1万円×100

つまり今回の拠出金維持率は700%ということになります。

何度も言いますが、この拠出金維持率というのが本当に重要で今回の記事の大きなポイントですのでしっかり覚えておいてください!

ロスカットについて

拠出金維持率の次に知っておかないといけないのが「ロスカット」です。

拠出金維持率が一定数を下回った際に、強制的にそのポジションが決済されることをロスカットと言います。

ロスカットになる拠出金維持率の設定はそれぞれのFX業者によって違いますが、だいたい拠出金維持率が50%~100%を下回るとロスカットが発生します。

悪いイメージばかりのロスカットですが、急な変動により自分の資産がすぐに0になってしまわない為のシステムなので、FX取引の際になくてはならないものなのです。

しかし、このロスカットシステムがあっても、一瞬で大きな値動きが発生するとすぐに0になってしまうことはもちろん、下手をすればFX口座に入っている資産以上の損失を出してしまい借金になってしまうこともあります。

追証(追加証拠金)について

先程最後に借金になってしまうことがあると言いましたが、それはこの「追証(追加証拠金)」によって発生します。

急な値動きによって大きな損失が出た際、そのポジションに必要である拠出金よりもFX口座内総資産が下回ってしまう場合があります。この場合、FX会社から拠出金に足りていない金額の追加入金を求められます。これが追証(追加証拠金)です。

この追証(追加証拠金)の恐ろしさを具体例を用いて説明します。

追証の具体例

FX口座内総資産10万円、拠出金1万円でレバレッジ100倍、100万円分取引した場合

ロスカット発生が拠出金維持率100%以下だとすると、損失が9万円になった時点で本来であればロスカットが発生します。

しかし、急な値動きが起きて損失が9万5千円になってしまった場合、FX口座内総資産が5000円となり、取引に必要な拠出金である1万円を下回ってしまいます。

FX口座内総資産5000円-拠出金1万円=追証(追加証拠金)5000円

こうなるとFX会社に5000円の追加入金をしないといけません。

さらに極端ですが、実際に起こり得るパターンがこちらです。

一瞬でとんでもなく大きな値動きが起きて損失が50万円になってしまった場合、FX口座内総資産が-40万円となり、取引に必要な拠出金である1万円を下回るどころか、資産がマイナスになってしまいます。

FX口座内総資産マイナス40万円-拠出金1万円=追証(追加証拠金)41万円

FX会社に借金をした状態になり、追加で多額の入金をしなければいけない場合も実際に起こることがあります。

この追証(追加証拠金)は追加入金、またはポジション決済による利益でしか解消されません。またFX会社から定められた期間内に追証(追加証拠金)を支払うことができないと保持しているポジションがすべて強制決済され、それでも不足している場合は一括で返済を請求されます。

追証が多発した過去の事例

実際に2015年スイスフランショックと呼ばれる大暴落が発生して追証(追加証拠金)によって多額の借金を抱える人が大勢いました。

数十分間で40%近い急下落が発生したため、取引がストップ。これによりロスカット機能が正常に働かず、本来のロスカットラインから大幅に下がった価格でロスカットが発生してしまいました。

スイスフランショックとは?

スイスフランショックとは、2015年1月15日、スイス国立銀行(中央銀行)の政策変更によって引き起こされた、外国為替市場の世界的な大混乱のこと。


他にも2011年の東日本大震災や2010年のギリシャショックでも追証(追加証拠金)が多発した事例もあります。

追証があるのは日本国内FX業者だけ

日本国内FX会社は追証(追加証拠金)システムを採用しないといけないと、法律で定められています。

逆に海外ではこの追証(追加証拠金)システムに対をなす「ゼロカットシステム」が採用されています。

急な値動きによってロスカットが正常に働かず、FX口座内総資産より大きい損失が発生した際に、どれだけのマイナスでもゼロ以下にはならない。

というのがゼロカットシステムです。

日本国内のFX業者は借金のリスクがある、海外のFX業者は借金のリスクがない。

まずFXを始めるうえでこのことが一番知っておいてもらいたい事です!

じゃあ国内のFX業者使う意味なくない?と思う方がいると思います。

国内のFX業者と海外のFX業者にはそれぞれメリットデメリットがあるので比較しながら紹介していきます。

国内FX業者と海外FX業者の特徴を比較

スプレッド

国内FX業者と海外FX業者では注文方法が大きく異なります。

国内FX業者では「DD方式(固定スプレッド)」が多く、海外FX業者では「NDD方式(変動スプレッド)」が多い為、「国内FX業者ではスプレッドが狭く、海外FX業者ではスプレッドが広い」という違いが生まれます。

スプレッドに関しては国内FX業者の方が使いやすいです。

あどまん
とはいえ、為替FX業者はどこもスプレッドが狭いので、仮想通貨投資出身の僕からすると海外でも十分狭いと感じています。それよりは借金のリスクがある国内FX業者を使う気にはなりません。

関連記事FX業者の取引方式DD方式とNDD方式の違い|メリットデメリットを知ればスプレッドの違いも納得

 

レバレッジ

国内FX業者では個人口座のレバレッジは最大25倍と定められていますが、海外FX業者では制限がなく数百倍~数千倍というレバレッジが一般的です。

国内FX業者ではレバレッジが低く、海外FX業者ではレバレッジが高いので、少ない拠出金で大きい金額を動かせる海外FX口座の方が使いやすいです。

関連記事海外FX業者12社を4つの項目(取扱銘柄/スプレッド/レバレッジ/ロスカット水準)で徹底比較|自分に合ったFX業者を選ぼう!

税率

FXでの利益が発生した場合にかかる税金が国内FXと海外FXでは大きく異なります。

国内FXでは一律20.315%の税率が発生した利益に対してかかります。一方、海外FXでは利益額によって税率が15%~55%に変動する累進課税となっております。

利益が330万円を超える場合は海外FXの方が税率が高くなりますが、逆もしかりなので利益額によってどちらが良いかは変わってきますね。

関連記事為替FXや仮想通貨にかかる税金を詳しく解説|投資をするなら絶対に知っておこう!

 

信憑性

海外のFX会社のごく一部では運営元が不透明で、出勤申請をしても出金ができないような事例が報告されています。

そういった点では日本国内のFX業者は信憑性が高く、また何か起こった際には日本語での問い合わせもできるので安心感が違います。

海外のFX業者を利用する際は信頼できる業者を選ぶことが、とても重要になってきます。

信頼性の目安として金融ライセンスを所持しているかで判断することができます。

関連記事金融ライセンスを取得しているオススメ海外FX業者9選【安全性・信頼性が高い】

プラットフォーム

日本国内FX業者では独自のプラットフォームでの取引が一般的ですが、海外FX業者ではMT4やMT5といった取引ツールを使って取引ができるのが一般的です。

MT4やMT5を使えばスマホでも簡単に取引をすることができるので、圧倒的にMT4やMT5を使いことができる海外業者が使いやすいです。

関連記事【完全版】MT4/MT5の特徴や使い方をご紹介 | スマホでのトレードはMT4/MT5が一番おすすめ!

 

追証とゼロカット

これに関しては先ほども説明したように、日本国内FX業者では追証(追加証拠金)によって借金のリスクがあり、海外FX業者ではゼロカットシステムによって借金のリスクがありません。

あどまん
やっぱり国内FX業者は追証があるのがかなりリスキーですね。余剰金で投資を楽しむのはいいですが、それ以上の借金を背負うのは勘弁願いたいので、僕は借金リスクのない海外FX業者を利用したいと思います。

まとめ

これらの特徴を総合的に判断して、自分がオススメするのは

絶対的に海外FX業者です。

そもそも借金のリスクがあるものを自分は絶対に選びません。スイスフランショックのような大暴落が発生してしまうとレバレッジが高い低いに関係なく、ロスカットラインから大幅にマイナス乖離した決済を避けることができません。

このような事態に遭遇しても入金額以上の損失が発生しない海外FX業者を選ぶことが一番のリスク回避だと思うからです。

ここまで読んでいただいたので最初の話に戻りますが、低いレバレッジ(日本国内FX業者)が安全で高いレバレッジ(海外FX業者)が危険という認識は本当に正しいでしょうか?

高いレバレッジ(海外FX業者)が危険は間違い

僕が言いたいことはもう伝わったと思いますが、高いレバレッジの海外FX業者が危険というのは間違いですよね!むしろ借金のリスクがないので安全と言ってもいいくらいです。

そもそも高いレバレッジで維持率を気にせず低い拠出金維持率で取引をするから、ちょっとした値動きでロスカットをくらってしまうのです。高いレバレッジでもしっかりと拠出金維持率を管理して、逆指値を入れて取引していれば早々一発退場なんてことは起こりえません。

FXをこれから始める人、まだ始めて間もない方は、FXは一発勝負のギャンブルではなく、しっかりとした資金管理が超重要なマネーゲームということを忘れないようにしてください。

これからFXを始める人へ

FXを始めるのであれば、まずこの記事を読んでください!FXに関する最低限の基本情報が総まとめになっているので、これを読めばすぐにFXがどのようなものかわかると思います!

関連記事副業でFXを始めるならこれさえ読めば大丈夫 | 投資初心者向けFXの始め方

まだFX口座の開設をしていない方は新規口座開設ボーナスが貰える業者を選んで口座開設する事をオススメします。新規口座開設ボーナスが貰えるFX業者をまとめた記事も良ければ参考にしてみてください。

まとめ記事口座開設ボーナスが貰えるおすすめ海外FX業者8選【3分で出来る】

最大3万円の新規口座開設ボーナスGEMFOREX(ゲムフォレックス)の特徴や口座開設方法をご紹介 | 最大3万円の新規口座開設ボーナスが貰える為替FX初心者向け業者

自分で入金してからFXを始めたい方は入金ボーナスが充実しているFX業者を選んで口座開設する事をオススメします。入金ボーナスを実施しているFX業者をまとめた記事も良ければ参考にしてみてください。

まとめ記事【完全版】入金ボーナスキャンペーン実施中のおすすめ海外為替FX業者10選を紹介

最大200%の入金ボーナスis6com(アイエスシックスコム)の9つのメリットと2つのデメリットをご紹介 | 特徴や評判を解説

初心者にオススメの海外FX業者

XM 為替FX おすすめ

海外FX業者で日本人の口座開設者数No1!
口座開設するだけで3,000円の証拠金が貰えるだけでなく+100%の入金ボーナスキャンペーンも実施中。
日本語にも対応しており、FX初心者にも利用しやすいおすすめ業者!

\新規口座開設で3000円ボーナスがもらえる/

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう