初心者妖精
ミンミン
海外FXやる上で、やっぱり金融ライセンスってやっぱり大事だよね!
今使ってる業者は信頼度抜群のニュージーランドライセンスだから大丈夫よ!

あどまん
ちょっと待ってミンミン!
ニュージーランドライセンスには2つの種類があるよ!ちゃんとチェックしないと。

 

皆さんは海外FXのブローカーを選ぶ時、何を気にしていますか?

「信頼性」を真っ先に答える方も多いと思います。

下記記事にもあるように、金融ライセンスは国の数だけあるのでとてもたくさんの種類があり、それぞれでやはり信頼性も異なってきます。

一般的に最も難しいと言われているのがイギリスのFCAですね。

そしてニュージーランドのFMAも難易度という意味ではかなり上位に入ります。

しかし!実はニュージーランドにはこのFMAと、取得が容易な別の名称のライセンスがあるので注意してください。

あなたの業者がニュージーランドで取得してるとしたら、それは金融ライセンスはFMAでしょうか?

ここでは、その違いについて説明していきます。

海外FXをやってる方は要注意!ニュージーランドのライセンスは2種類あります

さて、それでは早速2種類のライセンスについて見ていきましょう。

FMA

Financial_Markets_Authority_New_Zealand___FMA

外部リンクFinancial Markets Authority New Zealand | FMA

FMAはニュージーランドの公式な金融監督機関です。

日本の金融庁にあたるものですね。

FMAに登録されると、ニュージーランド政府によって信頼性が担保された形となります。

FMAは透明性が非常に高い

ホームページ内の下記文言にあるように、FMAでは自分たちが何者か、という点と今までにどのような活動を行なってきたか?を公に公開しています。

怪しい監督機関がある中で、この辺りの透明性は非常に高くて安心感が持てますね。

What_we_do___FMA

FMAの監査項目にはどういう項目があるか

FMAのホームページでは下記の通り、登録するための方法についても公開されています。

全てのFMAに登録しているプロバイダー(ブローカー)は、この要求に従わないといけないと明記していますね。


Registration

All financial service providers must comply with the requirements of the Financial Service Providers (Registration and Dispute Resolution) Act 2008.

This includes a requirement to be registered on the Financial Service Providers Register.

そしてその要求内容はこちらになります。
Financial_Service_Providers__Registration_and_Dispute_Resolution__Act_2008_No_97__as_at_26_November_2019___Public_Act_Contents_–_New_Zealand_Legislation

外部リンクLicensing and registration - Compliance | FMA

実際に登録方法に関して書いてあるのはPart2の「Registration」のところです。

ざっと目次を並べておきます。

Part 2 Registration

  • 9 Purpose of this Part
  • 10 Registration and deregistration
  • Subpart 1—No holding out or being in business of providing financial service unless registered and member of approved dispute resolution scheme

  • 11 No being in business of providing financial service unless registered and member of approved dispute resolution scheme
  • 12 No holding out that in business of providing financial service unless registered and member of approved dispute resolution scheme. Subpart 2—Registration of financial service provider
  • 13 Qualifications for registration as financial service provider
  • 14 Disqualified person
    Application for registration as financial service provider
  • 15 Application to be registered as financial service provider
  • 15A Purpose of FMA’s powers relating to registration
  • 15B FMA may prevent registration of financial service provider
  • 15C FMA may prevent registration regardless of whether applicant is otherwise qualified to be registered
  • 16 Registration of financial service provider
    Changes relating to financial service provider
  • 17 Duty to notify changes relating to financial service provider Deregistration of financial service provider
  • 18 Deregistration of financial service provider
  • 18A Purpose of FMA’s powers relating to deregistration
  • 18B Consideration of deregistration of financial service provider by FMA
  • 18C FMA may direct deregistration regardless of whether section 18(1) applies
  • 19 Notice of intention to deregister
  • 20 Objection to proposed deregistration of financial service provider
  • 21 Notification of deregistration of financial service provider
    Reregistration of financial service provider
  • 22 Reregistration of financial service provider
    Responsible financial service provider
    [Repealed]
  • 23 Responsible financial service provider [Repealed] Subpart 3—Register of financial service providers
    Register established
  • 24 Register of financial service providers
  • 25 Operation of and access to register
  • 26 Purposes of register
  • 27 Contents of register
  • 28 Annual confirmation
  • 29 Registrar must amend register in certain circumstances
  • 30 Registrar may refuse to accept document Searches of register
  • 31 Searches of register
  • 32 Search purposes
  • 33 When search breaches information privacy principle
    Information sharing
  • 34 Sharing information with other persons or bodies Registrar of Financial Service Providers
  • 35 Appointment of Registrar
  • 36 Power of Registrar to delegate
    Subpart 4—Registrar’s inspection powers
  • 37 Registrar’s inspection powers
  • 38 Disclosure of information and reports
  • 39 Exercise of powers under section 37 not affected by appeal
    Subpart 5—Miscellaneous
  • 40 Offence also committed by director
  • 41 Offence to make false or misleading representation
  • 42 Appeals from Registrar’s decisions and FMA directions
  • 43 Decisions or directions continue in effect until appeal
  • 44 Regulations under Part 1 and this Part
    Review and report on operation of this Part
  • 45 Ministry must review and report on operation of this Part
  • 46 Territorial scope [Repealed]

これを見ても分かるように、かなりの監査項目数がある事が分かりますね。

私も専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、いくつか特徴的なものだけ紹介しておきます。

例えば「28 Annual confirmation」では、下記のように毎年詳細ドキュメントを提供しなければいけないとありますね。
Financial_Service_Providers__Registration_and_Dispute_Resolution__Act_2008_No_97__as_at_26_November_2019___Public_Act_28_Annual_confirmation_

また、「29 Registrar must amend register in certain circumstances」では、下記のようにドキュメントの内容が実際の値と異なると内容を修正しなくてはいけないとありますね。
ただ受け取るだけではなく、中身もちゃんと見ている事なので、ブローカーをやはり厳しくチェックする姿勢が伺えます。
Financial_Service_Providers__Registration_and_Dispute_Resolution__Act_2008_No_97__as_at_26_November_2019___Public_Act_28_Annual_confirmation_–_New_Zealand_Legislation

という事で、FMAはやはり世間でも言われている通り、かなり厳しくかつ公正にブローカーをチェックしているという事で高い信頼性を持っているという事が言えると思います。

FMAに登録している海外FXブローカーは?

それでは、FMAに登録している海外FXブローカーはどこがあるのでしょうか。

と思って調べてみたのですが、全く見当たりませんでした

私のリサーチ力不足でしょうか?

それとも、やっぱりかなり難易度として高いという事なのでしょうか。

このあたりは引き続き調査中ですので、アップデートがあり次第記事を更新したいと思います。

NZFSP(FSPR)

Financial_Service_Providers_Register

外部リンクFinancial Service Providers Register

一方で、NZFSPはいかがでしょうか。
(なお、NZFSPはFSPRとも呼ばれたりしますが、この記事ではNZFSPとして統一しています)

ちなみにNZは「ニュージーランド」で、FSPは「Financial Service Providers Register」の略です。

海外FXブローカーでは良く、レギュレーションのひとつとして提示されています

NZFSPはニュージーランドで金融サービスを行う場合は必須

上記ホームページ内にある通り、金融サービスをニュージーランドで行う場合は登録が必須と書かれていますね。


Who must register as a financial service provider (FSP)

Everyone in New Zealand in the business of providing a financial service, whether in New Zealand or overseas, must be registered on the Financial Service Providers Register (FSPR) before they can legally provide financial services.

ここでポイントなのは、「登録」が必須という点です。

どこにも監査するとは書かれていません

一応、下記の通りFSPに登録したブローカーは毎年詳細情報を確認してねとありますが、「提出」ではなく「確認」にとどまってますね。
Filing_an_annual_confirmation___Financial_Service_Providers

この違いは大きく、あくまでFSPは監査するわけではなくて、健全に運営してもらうための最低限のラインを要求しているだけです。

結局は、あとはどう運営するかはブローカー次第という事ですね。

ただ、ちゃんと情報としては公表しているため「透明性」という観点からは問題はないように思います。

NZFSPの監査項目にはどういう項目があるか

上記で記載した通り、NZFSPは監査はありません。

下記にFSPに登録するまでのフローチャートがあったので参考までに載せておきます。

FSP_-_Registration_flowchart

外部リンクFSP - Registration flowchart

これで注目すべき点は、赤い枠で囲ったところです。

ライセンスは別にいらないよ、と言うブローカーの場合、無条件でFSPへの登録が完了してしまっています。

フローチャートの開始から赤い枠までの間、審査や書類提出らしきものはありません。

つまりは、FSPの取得自体は審査や書類提出をせずできてしまうのです。

FSPはライセンスではなく、あくまで金融サービスを行うための登録行為である事は心に留めておきましょう。

当然、業者によってはゆくゆくはFMAなどのライセンスを取る計画があるのかもしれませんが、世間一般的に言う「NZFSP(FSPR)=ニュージーランドのライセンス」という認識は間違っている可能性が高いので、注意しましょう。

*繰り返しますが、私は専門家ではないのでこれはあくまでも私の見解です。最後はご自身でご判断頂ければと思います。

NZFSPに登録している海外FXブローカーは?

それでは、NZFSPに登録している海外FXブローカーはどこがあるのでしょうか?
いくつか紹介します。

NZFSPに登録している海外FXブローカー

  • GEMFOREX
  • (TitanFX)現在は未登録
  • (LANDFX)現在は未登録

現在、NZFSPを取得しているのはGEMFOREXですね。

他にも過去にはTitanFX、LANDFXも登録していましたが、現在は既に解除されています。

LANDFXは現在は世界で最も厳しいと言われているイギリスのFCAで登録されているので、より高いレベルのライセンスを取ったからNZFSPは不要になったという事でしょうか?
(あくまで私の憶測です)

FMAとNZFSPの違い比較

以上をまとめたのがこちらになります。

違いとしては、やはり監査があるかないかという点ですね。

金融ライセンスで選ぶならFCAを取得している業者を選ぼう!

金融ライセンス

金融ライセンスが一番大事!と思われてる方には、やはりイギリスの金融ライセンスFCAを取得している下記をオススメします。

詳しくは、他の記事で紹介していきたいと思います。

FCAを取得している海外FX業者

主要な海外FX業者の中から、FCAを取得している業者を紹介します。

金融ライセンスを重視する方はまずこちらから検討してみましょう。

FCAを取得している海外FX業者一覧

  • XM
  • HotForex
  • LANDFX
  • FXpro

まとめ

以上、今回はあまり知られていないニュージーランドの2種類のライセンスについて紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

あどまん
この2種類のライセンスは信頼性において似て非なるものです。
個人的には、NZFSPを取得しただけで、監査がないのを知っていながら「ニュージーランドのライセンス取得しました!」と大々的にアピールしているようなFX業者は避けた方が良いと考えています。
このあたりはご自身でも慎重になって調べる事をオススメしますので、ぜひ本記事もご参考にして頂ければ幸いです。

 

【2020年3月版】一味違った海外FX業者が良い方はこちらもチェック!

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう