仮想通貨

仮想通貨取引所のセキュリティ「2段階認証」をお忘れなく。設定方法のご解説

今回は仮想通貨投資をやっている100人中100人が必ず設定しているであろう「2段階認証」の設定方法についてご紹介したいと思います。

今や誰もが設定している2段階認証ですが、非常に大切なことですので、改めて記事にしようかなと。

2段階認証を設定していないと自分の大切な資金をハッキングで失ってしまう可能性もありますので、必ず設定しておきましょう。

2段階認証とは?

普段インターネットをよく利用していたら、ログインするために、「ID」と「PASS」が求められますよね?

仮想通貨はIDとPASSだけだとハッキングのリスクがあるので、それに加えて毎分ログインパスワードが変更される「2段階認証」というものが設定できます。

例えば、以下「BINANCE」のログイン画面ですが、このようにアドレスとPASSを入力したあとに2段階認証の入力が求められます。

この2段階認証を設定していると、セキュリティ面での安全性はかなり向上します。IDやパスワードがハッキングできても、毎分変化していく2段階認証の数字をハッキングすることはできないですからね。

では、設定方法のご説明です。

2段階認証の設定方法

まずはこちらの「Google Authenticator」をインストールしてください。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

今回はbitbankで設定することにします。

「セキュリティ」をクリックすると、以下の面になるので、二段階認証の「設定」を押してください。

すると、このようにQRコードが表示されますので、GoogleAuthenticatorを起動します。

起動しますと「バーコードをスキャン」を選択してください。

また、スマホで2段階認証の設定をしている場合、QRコードをスキャンすることができないので、その場合は手動で入力を選んで、コピペで大丈夫です。

QRコードを読み取り、このように数字が表示されましたら登録完了です。
お疲れ様でした~。

以後、ログインをするたびに2段階認証が求められるので、GoogleAuthenticatorを起動してこちらに表示される数字を入力する必要があります。

追加したい場合は右上の「+」からできます。

スマホが壊れた時の対処法

GoogleAuthenticatorをインストールしているスマホが突然起動しなくなったり、紛失していますと取引所にログインできなくなってしまいます。

また、GoogleAuthenticatorはバックアップをとることができないため、スマホを機種変する時も注意が必要です。

突然壊れた時の対処法

複数のスマホでQRコードを読み込んでおきましょう。

2台持っていたら、必ずもう一つのスマホで2段階認証しておくことをオススメします。

とは言え、あまり2台以上スマホを持っている人は少ないと思うので、タブレットが有力かなと思います。

QRコードをスクリーンショットで控えておく

もし複数のスマホを所持していなければQRコードをスクショで控えておきましょう。

設定時に表示されたQRコードさえあれば新しいスマホからでも読み込むことができるので、もしものために印刷なりスクショなりしておくことを推奨します。

Google フォトはスマホの中に画像が保存されるのではなく、自動的にクラウド上に反映されるので非常に便利です。

Google フォト上にQRコードのスクショを保存しておけば、万が一スマホが壊れたり、無くなってしまっても最悪の事態は免れます。

Google フォト
Google フォト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

 

機種変をする際に

機種変をする場合は必ずGoogleAuthenticatorで設定している取引所の2段階認証設定をoffにしておきましょう。

2段階認証をoffにして機種変後改めてGoogleAuthenticatorをインストールして設定することでスムーズに進めることができますね。

おわりに

2段階認証は仮想通貨投資をやっている人全員がマストで設定しなければならないことなので、取引所を開設したらすぐに設定するクセをつけておきましょう。

自分の資産は自分で守る。これが鉄則です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で