兼ねてより当ブログでオススメしているCOINCOMEが日本向けベータ版をリリースされたようです。

あ、要するに実際に使えるようになったということです。

COINCOMEはなにか商品を購入したり、クレジットカード等を申し込みをした際、キャッシュバックを仮想通貨で受け取ることができます。

しかも、既存のキャッシュバックサービスよりも還元率が高く、価格の変動する仮想通貨を使用していることから、今後要注目のサービスです。

節約をしている方やQR決済のキャッシュバックキャンペーン等でこのようなサービスに興味を持った方々はぜひ選択肢の一つとして頭の片隅に入れてもらえると嬉しいです。

そんな今回は、仮想通貨銘柄というよりはキャッシュバックサービスにおけるCOINCOMEの魅力であったり、利点について説明をしていこうと思います。

キャッシュバックサイト「COINCOME」とは?

キャッシュバックサービス”COINCOME”はMakersFarm社が企画開発したサービスであり、2019年6月3日に日本向けの子会社

Makers Farm Japan 会社概要

称号Makers Farm Japan株式会社
(Makers Farm Japan , Inc.)
代表者代表取締役 東本 和人
(Makers Farm Pte. Ltd. CFO 兼任)
取締役金光 善浩(Makers Farm Pte. Ltd. CEO 兼任)
齊藤 育枝
監査役森 和孝(弁護士 / 法律事務所「ONE ASIA LAWYERS」Head Fintech & ICO team所属)
所在地〒150-6018 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
設立年月日2019年6月3日
主な事業内容COINCOME 日本国内向け運営・サポート
https://cimcome.jp/ オープンベータ版-2019年6月18日現在
資本構成Makers Farm Pte ltd. 100%出資
WEBhttps://makersfarm.jp

COINCOME

とは?

COINCOMEとはキャッシュバックサービスであり、COINCOME経由で商品を購入すると「CIM」と呼ばれる仮想通貨を受け取ることができます。Amazonや楽天市場などの大手ECショップとも提携予定であり、7月からサービスが開始されました。
仮想通貨銘柄CIMも仮想通貨取引所に上場間近

キャッシュバックサービスはすでに存在しており、ハピタス・モッピー・GetMoneyが有名です。

COINCOMEとは?

キャッシュバックの仕組みは非常にシンプルで、キャッシュバックサイトを経由でショッピングすればお金に換金できるポイントが付与されます。

以下、簡単に図でまとめてみました。

COINCOMEとは?

このような仕組みであることから、企業は売りたい商品を広告として出すことができますし、ユーザーは購入するとキャッシュバックとしてお金をもらうことができるため、双方にメリットがあります。

よくネットを利用している人ならキャッシュバックを一度は受けたことがあると思います。楽天なら楽天ポイントで、Yahoo!ショッピングならYahoo!のポイントでキャッシュバックでポイントが貰えますよね。

そのようなポイントと同じで仮想通貨のトークンとしてキャッシュバックが配布されるサービスです。

あどまん
キャッシュバックサービスはすでにサービスとして確立されていますし、世の中の何をやるためなのかわからない通貨と異なり、使われるイメージがしやすいですね。
ここからはCOINCOMEを使うべきメリットについて紹介していきます。

COINCOME(コインカム)を利用すべきメリット

「通常のお買い物にちょっとのお得」を感じることができる

Coincomeのキャッシュバックを受け取る方法は極めて簡単です。

Amazonやdショッピングなどのネットショッピングで何か購入するときに「COINCOME」を経由するだけで貰うことができます。

それだけで、購入額の数%がCIMとして還元されます。はい、強い。

しかも、既存のキャッシュバックサービスはキャッシュバック率が非常に低いことが課題であり、COINCOMEは既存サービスの5倍多く貰える仕組みを実現しようとしています。

あどまん
たしかに既存のキャッシュバックサービスは還元率の低さからわざわざ経由して購入するメリットを見出すことができませんでした。
昨今のQR決済サービスの実例から見ていくと還元率20%のpaypayや70%のメルペイ等、還元率が高ければ高いほど、多少めんどくさくてもユーザーは利用してくれることがわかりました。
ということで、COINCOMEがユーザーに利用してもらえるかどうかは、今後の還元率が重要になってくるな~と思っています。

ECサイト最大手「Amazon」「楽天市場」と提携も予定されている

COINCOMEのマジで凄いところは、凄いというか生き残るためのマスト条件でもあるんですけど、ECサイト最大手の「Amazon」「楽天市場」と提携も予定されています。

MMD研究所×スマートアンサーの調査結果によると国内のECサイト利用率でAmazonが1位で、実質Amazon、楽天の2強です。
次点で、Yahoo!ショッピングやゾゾタウンがランクインしています。

引用:https://netshop.impress.co.jp/node/6033

いくら還元率が良くても馴染みのないECサイトをわざわざユーザーは利用しないと思っています。(もちろん、還元率が20%とかなら話は変わってきますが)

そのため、誰もが普段から使っている「Amazon」「楽天」と提携し、今までと変わらないECショップでお買い物ができるようになると、使いやすくなりますね。

あどまん
僕自身、ネットショッピングするときは基本Amazonで購入しています。楽天カードを利用している方は楽天を使っていると思いますが、他を”愛用”している人を見かけたことがありません。
ドコモの料金と一緒に支払えるdショッピングも魅力的ではあるものの、利用するには至っていません。どうやって利益出してんだwってのが正直な感想です。
そのような現状を踏まえるとAmazon、楽天という誰もが利用する大手ECショップと提携することで、利便性が格段に向上するように思います。

現時点では、dショッピングが使える

現時点では、Amazonと楽天市場を利用することができません。

同じようなECサイトですと、dショッピングを利用することができます。

あどまん
僕がざっと見た感じだとdショッピングとドミノ・ピザと出前館が使えるなぁと思いました。
僕はdocomoユーザーなので、ポイントが結構つきやすかったり、携帯代と一緒に支払うことができるので、案外使えるんですよね。この機会に使ってみようかな。

キャッシュレス化の波にも乗れる

COINCOMEは貰ったCIMをそのまま支払いに使えるようになります。


以前僕がツイートしておりますが、メルペイが売上金をそのまま電子マネーとして支払ことができるように、COINCOMEもキャッシュバックで貰ったCIMをそのまま日常生活の決済手段として利用できるような構想があるようです。

その支払い方法がQR決済なのかQuickPayのような非接触型決済になるのかまだわかりませんが、CIMの入っているアプリやデビットカードを使えば支払いができるようになるようです。

あどまん
2020年の東京オリンピックまでに実現できるように動いているので、そう遠くない未来に仮想通貨決済が実現されるのかもしれません。
ディーカレットが2020年に向けて仮想通貨の実店舗や交通での利用を目指しているので、勢いは完全に来ていますね。もう実現化は目の前です。

 

価格が変動するのでCIMを保有するだけでウキウキワクワクする

ハピタスやモッピー、又はPayPay等でキャッシュバックを貰っても、日本円か同じ価値を持ったポイントです。

しかし、CIMは仮想通貨であり、価格が変動するので持っていると結構ウキウキします。

仮想通貨とはなんぞや?というかたは仮想通貨を始めるのは今からでも遅くない!0→1へステップアップする方法を伝授を読んでみてください。

あどまん
投資や仮想通貨にあまり馴染みのない方にとっては少し戸惑うかもしれませんが、持っているだけでお金が増える可能性があります。もちろん減ってしまう可能性もありますが、CIMをきっかけに投資について興味を持つことができれば一石二鳥です。
投資に興味を持ついいきっかけになるかもしれませんね。

COINCOMEはすでに利用できる!

実用化できずに、プロジェクトが進んでいるのかどうかもわからないものが多い中、COINCOMEはすでに利用することができ、実際にキャッシュバックを受けている報告がちらほら出てきました。

あどまん
ドミノ・ピザでピザをCOINCOME経由で購入すると2%還元されるようですね。まだサービスが始まったばかりで還元率は決して高いわけではありませんが、ただCOINCOMEを経由するだけで2%が返ってくるなら使うべきですね。ほんのちょっとだけお得な気分になれます。

あどまん
なるほど。商品を購入するだけでなく、クレジットカードを申し込むだけでもCIMを貰うことができるようです。しかも、11,250円とかなり高額です。
クレジットカードは自分のお金をかけることなくCIMを貰うことができるのでおすすめですね。

あどまん
502大佐は普段履くシューズを購入したようです。
クレジットカード+G-foot+COINCOMEの3つを組み合わせることで通常よりもかなりお得に購入することができたようです。

すでにサービスがローンチされ、実際に利用することができるので、もし興味をもったかたは利用してみてはいかがでしょうか。

今回はキャッシュバックサービス「COINCOME」を利用するメリットに焦点を絞って紹介しましたが、すでにサービスがローンチされて利用することができる点は、仮想通貨”CIM"がスキャムではないことを裏付けています。

COINCOMEへの登録で250円相当のCIMが貰える

今は登録するだけで250円相当のCIMが貰えます。
※8月までのキャンペーンなので、ご注意を。

本人確認まで行う必要がありますが、今後使うことを考えるとどうせなら今ちゃっちゃと登録しておきましょう。

COINCOMEまとめ

僕は昨年の10月くらいからずっと情報を追っており、仮想通貨を一般人に浸透させる大きな役割を担ったプロジェクトだと思っています。


既存のキャッシュバックサービスが主婦層や節約をしている人々に利用されていることを踏まえると、既存の5倍の還元率を目指すCOINCOMEも多くの利用者を見込むことができます。

僕自身は投資のCIMよりも、実際にキャッシュバックサービスとして利用されるであろうCOINCOMEに期待しています。

また、プロジェクトが進行していけば更新します。

関連記事【COINCOME】2019年期待の仮想通貨「COINCOME(コインカム)」の進捗状況を報告

初心者にオススメの海外FX業者

XM 為替FX おすすめ

海外FX業者で日本人の口座開設者数No1!
口座開設するだけで3,000円の証拠金が貰えるだけでなく+100%の入金ボーナスキャンペーンも実施中。
日本語にも対応しており、FX初心者にも利用しやすいおすすめ業者!

\新規口座開設で3000円ボーナスがもらえる/

HOTFOREX 為替FX おすすめ

HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

\100%入金ボーナス実施中/

Anzo Capital 為替FX おすすめ

海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

\新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう