販売所 取引所 違い

仮想通貨取引所を介して仮想通貨を売買する場合、仮想通貨取引所では2種類の取引方法があります。

1つが取引所形式と呼ばれる取引方法、もう1つが販売所形式と呼ばれる取引方法です。

この2つの違いについて、ちゃんと知っておかないと知らないうちに損をしてしまう場合があります。

そこで今回は、取引所形式、販売所形式それぞれのメリットデメリットを比較して違いをご説明したいと思います。

取引所形式の仮想通貨売買

まずは取引所形式についてご説明していきます。

取引所形式とは?

取引所形式とは、その仮想通貨取引所が提供してくれた取引場所を利用して、ユーザー同士が直接取引をする方法の事です。

仮想通貨 取引所 販売所

取引所形式のメリット

スプレッドが狭く取引にかかる手数料が安く済む

ユーザー同士の売値と買値が一致した際に取引が行われます。

その為、スプレッドが極めて狭くなります。

仮想通貨取引所によっても異なりますが、売買時に少額の手数料がかかる場合がありますがそれでも微々たるものです。

指値注文、成行注文などの注文方法がある

販売所形式での取引には注文方法がいくつかあります。メインが以下の3つです。

3種類の注文方法
  • 指値注文:価格と数量を先に決定し、その価格になったら購入/売却が決済される注文方法
  • 成行注文:価格は決めずに数量だけを決め、今の価格からその数量分がその時点で決済される方法
  • 逆指値注文:指値注文と仕組みは同じですが、損切りをする際に利用する注文方法

チャートを見られない時間でも指値を入れておけば自動で決済されるのが取引所形式のメリットの一つです。

取引所形式のデメリット

取引高がないと思った価格で売買できない

販売所形式は売り手と買い手がいないことには取引できません。

例えば、自分が1BTC1,000,000円で売りたいのに、1BTC500,000円で買いたい人しかいない場合は取引ができません。

BTCのようなメジャーな仮想通貨ではほとんどそのような事はありませんが、マイナーアルトコインでは結構起こりうることです。

注文失敗する場合がある

急な価格変動が起こった場合、取引が集中しすぎて自分の注文が正常に通らない場合があります。

注文が通る場合でも、自分が注文価格を入力している間にその価格から離れてしまって決済できなくなってしまうこともあります。

急な値動き時に注文を通したい場合には、成行注文がオススメです。

指値価格のミスが起こりうる

指値注文を入れる際に、桁を1桁間違えてしまう場合があります。

例えば1BTC100万円で売るために指値注文を入れるときに、誤って10万円で入力してしまったとします。

この時の買い注文の最高値が50万円だった場合、成行決済となり1BTC50万円で決済されてしまいます。

注文を入れる場合は間違いがないかしっかり確認する必要があります。

あどまん
取引所形式は仮想通貨取引にちょっと慣れ始めてから使う人が多いのですが、最初から使えると手数料の節約にもなるので早いうちから使えるに越したことないです!

販売所形式の仮想通貨売買

販売所形式とは、その仮想通貨取引所と直接売買をする方法です。

仮想通貨 取引所 販売所

販売所形式のメリット

注文がすぐに通りいつでも売買できる

取引所形式とは違い、仮想通貨取引所が設定した値段でいつでも売買できます。

売値買値は変動しますが、メンテナンスなどでない限りいつでも注文でき、即座に約定されます。

ほとんどワンクリックで売買可能

取引所形式とは異なり注文方法の種類はなく、価格数量を入力すればワンクリックで売買できます。

とても簡単なので初心者の人が最初にする取引方法ですね。

販売所形式のデメリット

スプレッドが広く短期売買に不向き

いつでも売買ができる分、スプレッドかとても広く設定されています。

スプレッドとは
売値と買値の間に生じた値幅の事
スプレッドが広い状態で短期売買をすると大きく損をしてしまいますので、この販売所形式は短期売買には適していません。

販売所形式になれていると海外取引所で取引できない

日本国内仮想通貨取引所では取引所形式、販売所形式2種類の取引方法があるところがほとんどです。

しかし、海外仮想通貨取引所では販売所形式がほとんどないため、取引所形式になれていないと利用が難しく感じてしまいます。

仮想通貨スキルを上げるためには徐々に取引所形式になれるのがいいと思います。

あどまん
僕も最初は簡単なので販売所形式から始めましたが、手数料の面でも損することが多いのですぐに取引所形式に慣れて、海外仮想通貨取引所を使うようになりました。

販売所形式取引手数料の方が安くなる場合

これらの違いを比較すると、基本的には取引所形式の方が手数料的にもお得ということがわかると思います。

しかし、ごく一部の例外時には販売所形式で売買した方がお得になる場合もあるんです。

その場合というのが多額の売買するときです。

多額の売買をした場合、取引所形式では買い板または売り板がかなり食われてしまい、買う場合には最初の値段よりも平均するとかなり高い額で買うことに、売る場合だと最初の値段よりも平均するとかなり安い額で売ることになってしまいます。

しかし、販売所形式では値段が一定なので、こちらで売買する方が結果的にお得になることもあるのです。

あどまん
とはいえ、この例外が該当するのは1億円以上を売買した場合だと思いますのでほとんどの方には該当しないと思います。

取引所形式の違いまとめ

販売所形式での取引から取引所形式での取引になることが、仮想通貨初心者から中級者へのステップアップだと僕は思います。

投資の世界はいかに自分が損をしないかが重要になりますので取引方法一つでも損をしない方法をしっかり学ぶことはとても大切な事です。

まだまだ学ぶことは多いと思いますが、僕のブログでも初心者が知っておくべき情報発信を今後もしていきたいと思います。

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

海外FX・海外仮想通貨で損しないための攻略本を無料公開中

海外仮想通貨ロードマップ

仮想通貨が盛り上がっているとか、億り人が続出しているとか、そういうニュースを見るたびに、あなたも仮想通貨投資をやりたい!と思っているのではないでしょうか?
でも、いざ調べてみるとアルトコインやら取引所やら販売所やらハードウォレットやら、、色んな聞き慣れない単語が多くて、挫折してしまった方も多いと思います。
実際に、私も慣れるのにかなりの時間を要しました。なので、私もそんな方々の気持ちが死ぬ程分かります。
そこでここでは、仮想通貨初心者の方のためのロードマップと称して、ここから始めてみましょう!という流れが分かるようにまとめてみたので、是非ご活用下さい。

海外FXロードマップ

昔はFXってレバレッジが数100倍もあったし、なんか夢があったなぁって思いにふけっている方もいるんではないでしょうか。(私もそのうちの一人です)
最近では、レバレッジも25倍だしボーナスキャンペーンもあまり魅力的なものもないし、仮想通貨の盛り上がりを見て仮想通貨取引に鞍替えしている方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっとだけ待って下さい!FXには「海外FX」という、第二の選択肢があるのです!
海外FXは国内のFXと違ってレバレッジが桁違いに大きく、またボーナスキャンペーンも豊富にあります。
そして、海外とは言いつつほとんどのブローカーは日本語で利用できるし、日本語サポートも充実しているんです。
ここでは、海外FX初心者の方のためのロードマップを作成したので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう