仮想通貨セキュリティ

初心者妖精
ソフトウェアウォレットとかハードウェアウォレットとか、色んな種類のセキュリティ対策があってよくわかないランラン、、

ナルキスト
りょーかい!今回は仮想通貨のセキュリティ対策をまとめるよ。

 

基礎知識:秘密鍵とは

まずは必ず抑えておきたい用語として、秘密鍵というものがあります。

これは、簡単に言うと家の鍵みたいなもので、その鍵の所有者が、すなわち家(ビットコイン)の所有者という事を証明するものです。

なので、この鍵は絶対に人の手に渡らないようにしておかなくてはいけません!

また、この秘密鍵を保管している場所をウォレットと言います。

ウォレットとは、仮想通貨そのものを保存しているわけではなく、秘密鍵の保存場所という事は覚えておいた方がいいです。

仮想通貨のセキュリティ対策の種類

ウォレットには何種類もありますが、端的にいうと秘密鍵の保管場所と、管理方法によって分類されます。

下記表にまとめておきます。

ウォレットの種類秘密鍵セキュリティ管理者
各取引所非開示取引所管理者
ウェブウォレット開示運営管理者
ソフトウェアウォレット開示ユーザ
ハードウェアウォレット開示ユーザ
ペーパーウォレット開示ユーザ

ハードウェアウォレット

過去の記事で、ハードウェアウォレットの内容について記載してあるので紹介しておきます。

関連記事仮想通貨の保存ならハードウェアウォレットで!オススメ機種2選 | ADORGET

さいごに

このように、仮想通貨のセキュリティ対策と一言で言ってもたくさんの種類があることが分かります。

利便性や自分の理解度に応じて、使い分けてみましょう。

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう