ザオプションのスプレッドとは?通常取引との違いやスプレッド取引の攻略法を解説!

みんみん
ザオプションのスプレッド取引ついて詳しく知りたいミン。

あどまん
他の業者と比べたときのスプレッド取引の仕様は気になるところだよね。今回はザオプションのスプレッドについて詳しく解説するよ!

スプレッドとは、取引したときの買値と売値の差のことです。

スプレッドの大きさはバイナリーオプション業者によって差があるので、有利に取引を進めるために覚えておきたいポイントになります。

今回は、ザオプションのスプレッドやスプレッド取引の内容ついてまとめました。

最後まで読むと、スプレッド取引のリスクや攻略方法が分かるので、ぜひ最後まで読んでください。

\口座開設はこちらから/

ザオプションのスプレッドとは?

スプレッドは「広がる」という意味の言葉ですが、FXやバイナリーオプションでは通貨を取引するときの「買値と売値の差」を表しています。

バイナリーオプションにおいてスプレッドの大小は勝率に大きな影響を与えるので、必ず理解しておきましょう。

スプレッドについて知っておきたいことは主に下記の3つです。

スプレッドの基本まとめ
  • スプレッドは大きくなると不利
  • スプレッドは通貨ペアや時間で違う
  • スプレッドには発生する原因がある

あどまん
まずはスプレッドの基本についてそれぞれ順番に解説します。

スプレッドは大きくなると不利

スプレッドについて知っておきたいことの1つ目は、スプレッドは大きくなると不利だということです。

バイナリーオプションで取引するときは、エントリーした価格とスプレッド幅によって勝敗が決まります。

101.000円で買いエントリーした場合…
スプレッドがゼロのとき
→100.001円以上で勝ち
スプレッドが±0.3pipsのとき
→100.004円以上で勝ち
スプレッドが±0.7pipsの場合
→100.008円以上で勝ち

上の例を見ると分かりますが、スプレッドが広がると勝つための条件が厳しくなります。

スプレッドが広ければ広いほど取引側としては不利なのです。

あどまん
スプレッドは広い(大きい)ほど勝ちにくく、不利になるものだと覚えておきましょう。

スプレッドは通貨ペアや時間で違う

スプレッドについて知っておきたいことの2つ目は、スプレッド幅は通貨ペアや取引時間で変わるということです。

通貨ペアや取引時間によって値動きの起こりやすさは違います。

つまり、全ての通貨や取引時間で同じスプレッドを設定してしまうと、明らかな有利不利が生まれるのです。

取引時間で変わる
5分取引と1時間取引だと、1時間取引のほうが判定時刻になったとき大きく値動きしている可能性が高いので、スプレッド幅は広くなる
通貨で変わる
ユーロ円よりポンド円のほうが値動きが大きくなりやすいので、スプレッド幅は広くなる

ザオプションで取引するときは、スプレッドの小さい取引時間・通貨ペアで取引すると勝ちやすいです。

あどまん
少しのスプレッドの差でも、何度も取引を繰り返しているうちに大きな差になってくるので注意しましょう。

スプレッドが発生する原因

スプレッドについて知っておきたいことの3つ目は、スプレッドには発生する原因があるということです。

為替相場は経済指標が発表されたり、国の重要人物の発言などによってときに大きな値動きが起こることがあります。

取引をする人が一気に増えるとサーバーに負担がかかり、注文の処理が間に合わずにレート配信に誤差が生じてしまうことがあるのです。

ザオプションでは通常取引にはスプレッドはありませんが、注文が一気に増えるタイミングではスプレッドが発生してしまうこともあります。

みんみん
いきなりスプレッドが発生するのは怖い…

あどまん
スプレッドが広がりやすい時間帯は、できるだけ取引を避けたほうがいいということだね。

ザオプションのスプレッド取引について

ザオプションにはスプレッド取引というものがあります。

通常の取引にはスプレッドがありませんが、スプレッド取引はスプレッドが追加されることで勝ちにくくなっているので、上級者向けだといえるでしょう。

ザオプションの取引方法と取引時間は以下の通りです。

通常取引HIGH/LOW5分、60分、7時間、22時間、23時間
短期1分、2分、3分、5分
スプレッド取引HIGH/LOW5分、60分
短期1分、2分、3分、5分
通常取引とスプレッド取引で選べる取引時間は変わりません。

あどまん
取引時間は長ければ長いほど値幅を取りやすくなるので、同じペイアウトなら長い取引時間の方が有利ですよね。

通常取引とスプレッド取引の違い

通常取引とスプレッド取引はルールはまったく同じです。

しかし、この2つは勝ちやすさや稼ぎやすさに大きな差があるので、よく理解して取引を行いましょう。

具体的な違いは以下の2つだけです。

通常取引とスプレッド取引の違い
  • スプレッドが違う
  • ペイアウト率が違う

あどまん
どちらも取引に大きな影響を与えるから、それぞれ順番に見ていきましょう!

スプレッドの違い

通常取引とスプレッド取引の違いの1つ目は、スプレッドの差です。

通常取引には基本的にスプレッドがないのに対し、スプレッド取引には始めからスプレッドが設定されていて、より勝つことが難しくなっています。

スプレッド取引のスプレッドは以下の通りです。

HIGH/LOW
5分±0.3pips
10分±0.3pips
15分±0.3pips
1時間±0.5pips
短期
30秒±0.1pips
1分±0.2pips
2分±0.3pips
3分±0.4pips
5分±0.5pips
100.000円でエントリーした場合
通常取引だと100.001円以上になれば勝ち!
スプレッド取引(スプレッド幅±0.3pips)だと、100.004円以上にならないと勝てない!

あどまん
何回も取引しているとスプレッド差で勝敗が決まることもあるから、小さく見えるけどバカにできない差ですね。

ペイアウト率の違い

通常取引とスプレッド取引の違いの2つ目は、ペイアウト率です。

通常取引とスプレッド取引のペイアウト率を比較してみました。

HIGH/LOW取引1.80〜1.85倍
HIGH/LOW短期取引1.81〜1.96倍
スプレッド取引2.00倍
スプレッド短期取引2.00倍

スプレッド取引は通常取引よりもペイアウトが高く、勝ったときの利益の回収率は大きくなっています。

実際に取引したときの差を比べてみましょう。

掛け金が10,000円の場合
通常取引(1.8倍)だとペイアウトは18,000円
スプレッド取引(2.0倍)だとペイアウトは20,000円

同じ取引でも、通常取引とスプレッド取引では2,000円の差が生まれます。

あどまん
ちなみに、ザオプションのペイアウト率の高さはバイナリーオプション業社の中でもトップクラスです。

ザオプションでスプレッド取引をするメリット

他の業者ではなくザオプションを利用すべき理由は、スプレッドの狭さです。

ザオプションはスプレッド取引のペイアウト率だけで見ると、ハイローオーストラリアよりは低くなっています。

比較すると下記の通りです。

業者名ペイアウト率
ハイローオーストラリア2.00〜2.30倍
ザオプション2.00倍

しかし、スプレッド幅の安定性はザオプションが勝ります。

例えば、ハイローオーストラリアは相場の値動きの大きい時間帯だと10pips近くスプレッドが変動することもありますが、ザオプションはあまり相場の値動きに影響されません。

相場の動きが小さいときはほぼ同じくらいなので、スプレッド幅と勝ちやすさを考えると、ザオプションのスプレッド取引の方が利益が出しやすいともいえます。

あどまん
スプレッド取引をやるなら、ペイアウト率の高さだけでなくスプレッド幅も狭いザオプションがおすすめです。

スプレッド取引の攻略方法

ザオプションのスプレッド取引の攻略法について解説します。

スプレッド取引は通常の取引よりも大きな値動きを必要とするため、やや値動きが大きいタイミングを選ぶと良いでしょう。

具体的には、下記のようなことを意識して取引するのがおすすめです。

スプレッド取引の攻略法
  • より長い取引時間を使う
  • 市場開始・終了を狙う
  • トレンドの転換を狙う
  • 経済指標などを狙う

あどまん
スプレッド取引は値動きがないときにエントリーしても不利です。しっかりトレンドを見極めることが大切になります。

より長い取引時間を使う

スプレッド取引のポイントの1つ目は、できるだけ長い取引時間を使うことです。

スプレッド取引のペイアウト率は、短期取引でも通常取引でもまったく変わりません。

取引時間は長いほど値動きが大きくなりやすいので、同じペイアウト率なら長い取引時間を選んだほうが勝率が高くなりやすいのです。

あどまん
短期取引で勝つ難易度はかなり高いので、あえて短期で取引する必要はあまりないでしょう。

市場開始・終了を狙う

スプレッド取引のポイントの2つ目は、市場の開始や終了時刻を狙う方法です。

バイナリーオプションでは市場の開始時間は、取引を待っていた人がみんな参加してくるので、値動きが大きくなりやすいです。

主な市場時間は下記の通りとなります。

東京市場9時〜17時
ロンドン市場16時〜翌日1時
ニューヨーク市場22時〜翌日6時

開始と終了時間だけでなく、それぞれが重なるタイミングも有効です。

市場時間が重なっているときは、値動きが活発なだけでなくトレンドの判断もしやすいので、値幅を狙いやすくなります。

あどまん
どの時間に勝負するかは、自分のライフスタイルに合わせると良いでしょう。

トレンドの転換を狙う

スプレッド取引のポイントの3つ目は、トレンドの転換を狙う方法になります。

トレンドの転換は経済指標や市場開始と違って誰にでも分かるポイントではないですが、そのぶん転換点が分かると大きなアドバンテージです。

トレンド転換を読むには様々な方法があります。

もっとも簡単なものを紹介するなら、ゴールデンクロスやデッドクロスです。

ゴールデンクロス
短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けることです。
ゴールデンクロスが現れると上昇傾向になりやすいため、買いのサインになります。
デッドクロス
短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けることです。
デッドクロスが現れると下落傾向になりやすいため、売りのサインになります。

あどまん
サインが出たからと言って、必ずトレンド転換するとは限りません。あくまで判断基準のひとつとして捉えておきましょう。

経済指標などを狙う

スプレッド取引のポイントの4つ目は、経済指標などのタイミングを狙う方法です。

経済指標とは、各国の経済状況を表すための数字のことで、発表されるタイミングはあらかじめ決まっています。

経済指標は「予測値」があり、これを参考して取引することも可能です。

経済指標の例
  • 米・雇用統計
  • 政策金利発表
  • 消費者物価指数
  • ISM製造業景況指数
  • ISM非製造業景況指数

この他にも、取引している国の経済指標は目を通しておきましょう。

経済指標などの為替取引に役立つニュースは、FX業者のリリースしているアプリなどで無料で使えるので、バイナリーオプションをやっている人もぜひ活用しましょう。

あどまん
経済指標はみんな見ているから、大きな値動きが生じやすいですが、スプレッドも広がりやすくなるので注意しましょう。

ザオプションのスプレッドまとめ

スプレッドとは買値と売値の差のことです。

バイナリーオプションにおいてスプレッドが狭いと取引で勝ちにくくなるため、できるだけスプレッドが狭い業者を選ぶことが重要になります。

ザオプションではスプレッド取引が用意されていて、通常の取引との違いは以下の通りです。

通常取引とスプレッド取引の違い
  • スプレッドが違う
  • ペイアウト率が違う

スプレッド取引はスプレッドが広くて勝ちにくい代わりに、勝ったときのペイアウトも上がるというシステムで、よりハイリスクハイリターンな取引を楽しめます。

これからスプレッド取引を始める人は、ザオプションでの取引がおすすめです。

ザオプションはペイアウト率が平均的ですが、スプレッド幅が狭いので初心者でも勝ちやすくなっています。

まずは無料でできるデモトレードから練習してみましょう。

\口座開設はこちらから/

海外FX・海外仮想通貨で損しないための攻略本を無料公開中

海外仮想通貨ロードマップ

仮想通貨が盛り上がっているとか、億り人が続出しているとか、そういうニュースを見るたびに、あなたも仮想通貨投資をやりたい!と思っているのではないでしょうか?
でも、いざ調べてみるとアルトコインやら取引所やら販売所やらハードウォレットやら、、色んな聞き慣れない単語が多くて、挫折してしまった方も多いと思います。
実際に、私も慣れるのにかなりの時間を要しました。なので、私もそんな方々の気持ちが死ぬ程分かります。
そこでここでは、仮想通貨初心者の方のためのロードマップと称して、ここから始めてみましょう!という流れが分かるようにまとめてみたので、是非ご活用下さい。

海外FXロードマップ

昔はFXってレバレッジが数100倍もあったし、なんか夢があったなぁって思いにふけっている方もいるんではないでしょうか。(私もそのうちの一人です)
最近では、レバレッジも25倍だしボーナスキャンペーンもあまり魅力的なものもないし、仮想通貨の盛り上がりを見て仮想通貨取引に鞍替えしている方も多いのではないでしょうか。
でも、ちょっとだけ待って下さい!FXには「海外FX」という、第二の選択肢があるのです!
海外FXは国内のFXと違ってレバレッジが桁違いに大きく、またボーナスキャンペーンも豊富にあります。
そして、海外とは言いつつほとんどのブローカーは日本語で利用できるし、日本語サポートも充実しているんです。
ここでは、海外FX初心者の方のためのロードマップを作成したので、これから始める方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう