みんな抱えているXMの疑問点を調査|会社の信頼性や安全性はどう?

初心者妖精
XMってめちゃめちゃ人気あるけど、ぶっちゃけ会社としてはどうなの?
信頼性とか安全性は?

あどまん
確かにXMは人気あるね!ただ、なんでもそうですが「人気があるイコール信用できる」というわけではないので、ここであらためてXMの会社について調べてみよう!

 

海外FX業者として日本人にダントツの人気を誇る、XM。

皆さんもXMの口座持ってますか?

今回は慎重派の人のために、みんなが気になるXMの基本的な会社情報やCEO、将来性について調べてみました。

ちゃんと会社の事を知って、安心して取引を行いましょう!

想定読者

  • XMが人気があるのは知っているけど、なんとなく怖くて使えない
  • 記事で分かる事

  • XMに特に欠点がなく、安心してトレードができる会社である事
  • みんな抱えているXMの不安な点を調査|会社の信頼性や安全性はどう?

    xm

    XMについて徹底的に調べてみました。

    まず、下記は基本的な情報です。

    法人名TRADEXFIN LIMITED
    本社のある国セーシェル共和国
    住所F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
    ライセンスFSA(セーシェル金融庁)
    ライセンスNo.SD010

    これらの情報は、下記XMの公式ホームページの上部にある「当社について」をクリックし、「規制」をクリックすると見る事ができます。

    XMTradingに関して XMTRADING COMとは

    XM(XMトレーディング)の本社はセーシェル共和国

    セーシェルきょーわこく、、?
    初めて聞いた笑

    XMの本社がある、セーシェル共和国とはどのような国なのでしょうか?

    調べてみました。

    セーシェル共和国はインド洋に浮かぶ常夏の島

    調べてみると、セーシェル共和国はリゾート地のようです。

    基本情報は下記の通りです。

    国名セーシェル共和国
    国旗250px Flag of Seychelles svg
    首都ビクトリア
    人口86,000人
    地理1920px SYC orthographic svg

    外部リンクセーシェル - Wikipedia

    島国のようで、115の島から成っているそうです。

    リゾート地としても人気があるみたいで、下記サイトを見ていると行きたくなっちゃいますね!

    XMの社員の方は毎日リゾート気分なのでしょうか、、笑

    外部リンクセーシェルは遠いようで近い!まだ多くの日本人が知らないインド洋の楽園へ | セーシェル | LINEトラベルjp 旅行ガイド

    XM(XMトレーディング)がセーシェル共和国に作った理由

    なぜ、XMはこんな島国に会社を作ったのでしょうか、、

    もう、ピンときてる人がいるかもしれませんね。

    実は、セーシェル共和国はタックスヘイブンとして有名な国なのです!

    外部リンクインド洋の真珠セーシェルでオフショア法人設立!そのメリットは?

    タックスヘイブンとは、Wikipediaにもあるとおり税金が安い地域の事です。

    XMはこのタックスヘイブンの1つであるセーシェル共和国に会社を作る事で、税金を安くしているのです。
    よく行われる手法なので、別に違法ではないですよ。よく言えば節税ですね!

    タックス・ヘイヴン(英語: tax haven)とは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことであり、租税回避地(そぜいかいひち)とも、低課税地域(ていかぜいちいき)、とも呼ばれる。

    XM(XMトレーディング)会社情報

    元々、XMの運営会社は「Tradeing Point」という名前でした。

    それが、今は「TRADEXFIN LIMITED」という名前に変わっています。

    TRADEXFIN LIMITEDの会社情報です。

    正式名称TRADEXFIN LIMITED
    本社所在地1F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
    従業員数180名以上
    資本金非公開
    会社設立年2009年

    公開されている情報はありませんが、200名近くの従業員がいるという事なので、それなりに規模が大きい事が伺えます。

    XM(XMトレーディング)の世界の事業所

    世界の事業所がどこにあるかは非公開ですが、言語としては下記22個の言語に対応しており、XMが世界で展開している事がわかります。

    対応言語

    • 日本語
    • 英語
    • ギリシャ語
    • 中国語
    • マレーシア語
    • インドネシア語
    • ハンガリー語
    • ロシア語
    • フランス語
    • スペイン語
    • イタリア語
    • ドイツ語
    • ポーランド語他

    また、XMではアメリカ、カナダ、イスラエル、イランなどの国の居住者についてはサービスを提供してない事も明言しています。

    XM(XMトレーディング)の金融ライセンス

    海外FXの信頼性を測る上で、欠かせない要素の一つが金融ライセンスです。

    海外FXと言っているだけあって、彼らは日本での金融ライセンスは取得できていないのですが、ほとんどの業者でどこかの国のライセンスは持っています。

    その金融ライセンスも、どの国のライセンスを持っているか?て信頼性は大きく異なってきます。

    XMはと言うと、XMを運営している会社自体は、セーシェル共和国と言う比較的審査の緩い金融ライセンスしか持っていないのですが、XMの親会社「XM.com」は、世界最強の金融ライセンスFCAを取得しています

    このあたりのライセンスの情報は、下記記事でも説明しているのでもしご興味があれば読んでみて下さい。

    海外FXの業者の選びの際に、金融ライセンスの知識はマストですよ!

    XM(XMトレーディング)の経営陣

    続いては、XMの指揮をとっている経営陣はどんな方達なのでしょうか?

    ここでは、XMを経営しているTrading Pointグループのホームページで紹介されている経営陣のメンバーを紹介します。

    (ホームページではTRADEXFIN LIMITEDではなく、まだTrading Pointとなっているようです)

    外部リンクConstantinos Cleanthous – Founder – Trading Point Group

    なお、それぞれの方の個人のTwitterやFacebookページを探したのが見当たりませんでした。。
    やってないんでしょうか。

    Constantinos Cleanthous氏

    XMのグループの創設者です。

    15年以上の金融業界の経験を持つとのことで、かなりこの業界には詳しいようです。

    ロンドンスクオールオブエコノミクス(LSE)という、ロンドン大学のカレッジの1つで学んだとのこと。

    LSEは下記のサイトでも紹介されていますが、金融学や社会学で世界トップクラスの教育を提供しており、16人のノーベル賞受賞者を輩出してるなど、名実ともにイギリスを代表する大学の一つとのことです。

    16人ってのはすさまじいですね!!

    外部リンク[LSE ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(ロンドン大学)の特徴・学費・偏差値|大学・大学院留学のbeo](https://www.beo.jp/program/schools/detail/20080720133925.html)

    Tasos Anastasiou氏

    Trading PointグループのCEOです。

    やはりCEOというだけあり、Trading Pointグループの戦略の全体に責任があるとのことで、Trading Pointのこれから先の動向を知るにはこの方の言動が一番ネックのようです。

    Constantinos氏と同様、LSE大学を卒業したとのことです。

    元々大学で知り合ったということなんでしょうか?

    Ilias Mavrommatis氏

    Trading Pointグループの創設者であり、経営ディレクターでもあります。

    XMの戦略はIlias氏に責任があるとのことで、XMの将来の動向を知るにはこの方に注目するのが良さそうです。

    XM(XMトレーディング)の将来性について

    XMでは、今後も様々な取り組みや活動が行われる予定であり、その積極的な姿勢から、将来性は非常に高いと感じています。

    一例として、いくつか紹介しておきます。

    タイでXMトレーディングセミナー開催

    XMはタイでトレーディングセミナーを積極的に開催しており、2020年にタイで開催される予定です。

    外部リンクStarting in 2020: New XM Forex Trading Seminar Series in Thailand

    インドネシアでチャリティイベント開催

    XMトレーディングはチャリティにも力を入れており、2019年12月にインドネシアでチャリティイベントが予定されています。

    外部リンクFor Children’s Welfare – XM Charity Event in Indonesia

    フィリピンでトレーディングセミナーを無料開催

    XMは2020年にはフィリピンでもトレーディングセミナーを開催予定です。しかも無料!

    外部リンクStarting in 2020: XM Free Forex Seminars in the Philippines

    ポルトガルとスペインでファイナンシャルフォーラム開催

    XMは2019年11月には、ポルトガルとスペインで大規模な金融関連のイベントが開催されました。

    そこにXMトレーディングとしても参加しています。

    外部リンクXM Participated at Finance Forums in Portugal and Spain

    YouTubeでXMの特徴や金融ライセンスについて解説しています

    当マガジンではYouTubeによる動画配信も行っています。

    下記のように、XMの特徴や金融ライセンスについても紹介していますので、テキストより動画がいい!という方はこちらもチェックしてみて下さい。

    良かったらチャンネル登録も宜しくお願いしますね!

    【海外FX初心者向け】XMトレーディングの13の特徴を分かりやすく解説します

    XMの特徴を13個にまとめて紹介しています。

    【海外FX初心者向け】信頼性で海外FX業者を選ぶならここ!FCAライセンスを取得した業者3選

    XMの親会社が取得しているFCAについて紹介しています。

    まとめ

    今回は、海外FX業者として日本人にダントツの人気を誇る、XMについて会社やCEO、将来性などの色んな視点で調べてきました。

    いかがでしたでしょうか?

    あどまん
    こうやって多角的に見てみると、XMは特に欠点は見当たらず、安心してトレードできる会社である事が伺えます。
    慎重派の人も満足いただけましたか?やはり人気No.1の裏には、こういった安心感もあるようですね。
    何事も100%ということはありませんが、こういった安定感のある業者はじゃんじゃん使っていきましょう!

     

    【2020年5月版】海外FX中級者以上の方はこちらもチェック!

    HOTFOREX 為替FX おすすめ

    HotForex(ホットフォレックス)は2009年から運営が始まり、すでに9年以上の業界実績があるFX会社。
    特にヨーロッパ、東南アジアで知名度が高く口座総開設数は150万口座以上。
    新規口座ボーナスは無いが優れた入金ボーナス、キャッシュバックプログラムが他の業者と比較してダントツ。
    今後XMを超える可能性大!無料でできるのに賞金がでるデモトレード大会も開催中なので要チェック!

    \100%入金ボーナス実施中/

    Anzo Capital 為替FX おすすめ

    海外FX業者で2016年にシンガポールで設立され、2018年6月に日本進出した新興FX業者!
    口座開設&LINE公式アカウントフォローで5,000円の証拠金が貰えるキャンペーン実施中。
    スプレッドが狭く、入金ボーナスキャンペーン等も積極的に行っており、これから話題になること間違いなし!

    \新規口座開設で5000円ボーナスがもらえる/

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう