「アイキャッチ」ビットコインの始め方!初心者にも簡単「3STEP」解説!

初心者妖精ランラン
最近ビットコインのニュースをよく聞くんだけど、ビットコインって何なの?
始めてみたいんだけど、どうやったらいいかもよくわからないんだ。

ナルキスト
最近の価格上昇でビットコインのニュースを見かけることも多くなったね。
最近、ビットコインを始めたい人に相談よくされるんだ。
そこで今回は、ビットコインを始めたい人に向けて、簡単なビットコイン解説からビットコインの始め方まで紹介してあげるね。

最近ではビットコインの価格が500万円を超えることもあり、ますます注目が集まっていますね。

その一方でビットコインについて、まだまだよくわかっていないという人も少なくありません。

そこで今は、初心者に向けたビットコインの簡単な説明から、ビットコインの始め方を「3STEP」で紹介していきます。

この記事を読んもらえれば、それだけでビットコインを始めることができるような作りなっています

また、最後に初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所の紹介もしています。

ビットコインが少しでも気になる人は、ぜひ読んでみてください。

\口座開設はこちらから/

そもそもビットコインってなに?

ビットコインってそもそもなに?

ビットコインというのは、仮想通貨という通貨の1つのことです

仮想通貨の中で最初に作られたのがビットコインであり、ビットコイン以外の仮想通貨も存在します。

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインといいますが、初心者が最初に知っておくべき仮想通貨はビットコインです。

なぜなら、ビットコインは一番に最初に作られたというだけでなく、仮想通貨全体に最も影響を与えているからです。

多くの場合には、ビットコインの価格の上下に連動して、その他のアルトコインの価格も上下しているのです。

 

ビットコインの仕組み

 

ビットコインとは銀行のような管理者を置かない、世界中で同時に分散管理されたデジタルデータのことです

ビットコインは、「ブロックチェーン」「P2P(ピアツーピア)ネットワーク」を利用し、偽造不可能なデータとして通貨のように利用されています。

「ブロックチェーン」というのは、「分散型台帳技術」とも言われます。

これは、最初のビットコインが生み出されてから今日までのすべての取引が記録されている台帳のことです。

そしてこの「ブロックチェーン」が、「P2Pネットワーク」を利用して安全に保管されています。

P2P

「P2Pネットワーク」とは個別のコンピュータ同士が分散してつながり合う仕組みにことです。

世界中の多くのコンピュータが相互につながりあり、そのどれもが同じビットコインの台帳を同時に管理しています。

そして、約10分ごとに世界中の取引情報を更新し、二重払いなどの不正がないか管理しているのです。

ビットコイン仕組みの下では、取引記録を不正に改ざんしようとする場合、世界中の台帳をすべて同時に改ざんしなければなりません。

そのようなことは事実上不可能なので、ビットコインのデジタルデータは非常に高い安全性があり、通貨のように利用されているのです

 

ビットコインの将来性(機能面)

ビットコインはフィンテック分野でもますます利用が進み、その価値・利用範囲もますます大きくなっていくと考えられています

ビットコインの大きな特徴
  • 送金の利便性
  • データ改ざんの不可能性

例えば銀行で海外送金をしようと思うと、数日かかってしまうこともあります。

しかし、ビットコインは自宅で手続きができ、数十分から数時間もあれば送金ができてしまいます

また、「データの改ざん不可能性」からビットコインに「スマートコントラクト」を導入しようという動きもあります。

「スマートコントラクト」とは、契約データも記録し自動的に契約の実行を行う仕組みのことで、保険など分野でも利用が始まろうとしています。

ビットコインは、このようなフィンテック分野での活用がますます期待され、今後はより多くの金融サービスに影響を与えると考えられています。

 

 

ビットコインの将来性(投資面)

ビットコインは今からでも大きな利益を受けることができる投資先だと考えられています

実際に稼働している仮想通貨の国内取引口座数は約200万程度です。

日本人の2%に満たない人しか、仮想通貨取引をまだ行っていないことになります。

今から仮想通貨投資を始めておけば、今後参入してくる人よりも優位な立場になれると考えられます。

なぜなら、世界中の機関投資家の多くはまだビットコイン投資に参入していません。

テスラのような企業の一部でビットコインを購入する動きはありますが、大手金融機関の参入はまだ始まっていないというのが現状です。

世界的には、ビットコインETF承認の動きが始まっています。

ビットコインETFとは?
ビットコインETFとは、ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託です。
実現すれば、大口の投資家が専門家にビットコイン投資に参戦すると予想されている。

そうなれば、長期的にビットコインへの流入金額は今とは比べ物にならないほど拡大することが予想できます。

つまり、今の時点で仮想通貨を購入していれば、今後も続くビットコイン価格の上昇の波に乗ることができると考えられるのです

 

ビットコインの始め方「3STEP」解説

3STEP

ではいよいよ、実際に仮想通貨を始める為に必要な「3STEP」を説明してきます。

ビットコインの始め方「3STEP」
  • 口座開設
  • 日本円の入金
  • ビットコインを買う

たった3つのSTEPを踏むだけビットコインは始めることができます。

口座開設からビットコイン購入までは、数日から1週間程度かかることもありますが、実際の作業は慣れていない人でも1時間もかからず完了してしまいます。

それほど簡単な作業なので、気軽に始めてしまいましょう。

 

STEP1:まずは口座開設をしよう!

まずビットコインを始める為には、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引所とは仮想通貨の証券会社のようなところで、この仮想通貨取引所を通じてビットコインを売買することができます。

仮想通貨取引所の口座開設は基本的にインターネットで行います。

銀行のように実際の店舗に行かなくても、ネット上で手続きが完結するのでとても簡単です

 

「口座開設」に必要なもの

仮想通貨取引所の口座開設をするのに必要なものはこんな感じです。

口座開設に必要なもの
  • スマートフォン(ガラケーでも可)
  • メールアドレス(Gmailなどのフリーアドレスでも可)
  • 銀行口座(開設後の送金の際に必要になります)
  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)

これらを手元に準備が出来たら、いよいよ実際の手続きに進みます。

 

「口座開設の流れ」

仮想通貨取引所はいくつもありますが、口座開設の流れはどこでもほとんど同じになっています。

口座開設の流れ

仮想通貨取引所の公式HPに行く
    ⇓
メールアドレスを登録する
    ⇓
送られてきたメールのURLから個人情報の登録を行う
    ⇓
スマートフォンのショートメールでSMS認証を行う
    ⇓
本人確認書類の提出を行う(郵送とデータの2パターン)
    ⇓
ハガキなどで送られてくるパスワードで最終認証を行う

少し時間がかかるのは個人情報の本登録ですが、銀行の口座を開いたことがある人であればほとんど問題なく記入できる内容ばかりです。

また、本人確認書類の提出は、郵送とデータで提出するパターンの2種類があります。

データでの提出はネット上で完結し、郵送の時間もかかりません。

本人確認書類をスマホで撮影するだけなので、少しでも早く口座開設を済ませたい人は、データでの提出をおすすめします。

これらをすべて完了すると、晴れて仮想通貨取引所にビットコイントレード用の口座が完成します。

 

STEP2:仮想通貨取引所に日本円を入金しよう!

仮想通貨取引所に口座が開設できたら、次は取引用の口座に日本を入金しましょう。

口座への入金方法は大きく分けて3種類あります。

口座への入金方法
  • 銀行口座からの入金
  • コンビニからの入金
  • クイック入金(おすすめ)

以下ではそれぞれの特徴について簡単に説明していきます。

 

銀行口座からの入金

自分の銀行口座から仮想通貨取引所の口座へ振り込む方法です。

仮想通貨の取引所のHPやスマホのアプリにログインをおこない、振込先口座は確認し、表示された振込先口座に自分の銀行口座からお金を振り込めば入金完了です。

土日や祝日など取り扱いができない時間帯には入金が遅れることや、銀行の翌営業日まで入金されないことがあるので注意が必要です

振込の際には、振込手料を各自で負担しなければいけないので、その点も注意してください。

 

コンビニからの入金

コンビニのレジにでお金を払う形で入金する方法です。

まずは、仮想通貨の取引所のHPやスマホのアプリにログインをおこない、入金したい金額や支払うコンビニを選んで手続きを行います。

後はコンビニのレジに行き、支払い終えれば入金完了です。

コンビニでの支払いの際には、入金したい金額とは別に手数料も支払う必要があります。

仮想通貨取引所にもよりますが、500円前後の手数料がかかってしまうので注意してください。

 

クイック入金(おすすめ)

クイック入金とは、ネットバンキングを利用して銀行口座から24時間リアルタイムで入金することができる方法です。

事前にネットバンキングなどの口座情報などを登録しておくことで、いつでも・どこからでも簡単に仮想通貨取引所の口座に入金することができます。

また、仮想通貨取引所によっては特定の銀行口座からの入金にかかる手数料が無料になっていることも多いので、無駄な手数料を支払いたくない人にもおすすめです。

 

STEP3:仮想通貨取引所でビットコインを買おう!

取引所の口座に入金が完了したら、あとは実際にビットコインを買うだけです。

仮想通貨取引所でビットコインを購入する方法は大きく分けると「販売所」と「取引所」の2つがあります

それぞれに特徴があるので、これも簡単に説明していきます。

「販売所」の特徴(初心者におすすめ)

「販売所」とは仮想通貨取引所とビットコインを直接売買するサービスです。

 

仮想通貨を始めたばかりの初心者でも簡単にビットコインが購入できるようになっています。

「販売所」の提示する価格で売買できるので、普段通りの買い物の感覚でビットコインを買うことができます。

ただし、販売所ではスプレッドという事実上の手数料のようなものがあります。

このスプレッドとはビットコインの「購入価格」と「売却価格」の差額のことです。

つまり、「販売所」ではビットコインが少し高く売られており、売るときは少し安くなってしまうということです

売買がしやすい反面、このスプレッドが実質的に高い手数料になってしまうので慣れてきたら、「取引所」利用することをおすすめします。

 

「取引所」の特徴(中級者におすすめ)

「取引所」とは仮想通貨取引所を通じて、個人間で仮想通貨を売買する方法です。

取引所のイメージ

 

初心者のうちは、相場感がないので取引所で取引するのは少し難しく感じるかもしれませんが、慣れてくれば特に難しさを感じることもないと思います

「取引所」で売買をする場合には、売買手数料を支払う必要があります。

しかし、ほとんどの場合「販売所」のスプレッドよりも、実質的に安く済みます。

なので、積極的に「取引所」を利用してみてください。

 

おすすめのビットコインの買い方

ビットコインを買うときは「ドルコスト平均法」を使うことをおすすめします

「ドルコスト平均法」を説明する前にビットコインを購入するために必要な金額を確認しておきましょう。

最近ではビットコイン価格は500万円を上回ることも珍しくありません。

しかし、ビットコインは500万円ないと買うことができないわけではありません。

多くの仮想通貨取引所では0.001BTC(BTCとはビットコインの通貨単位)から売買することができます。

つまり、5,000円もあればビットコインを買うことができるので、少額から分散して購入することができます。

そこで「ドルコスト平均法」を利用していきましょう。

ドルコスト平均法とは、簡単に説明すると「決まった金額で決まった期間ごとにビットコインを購入する投資方法」のことです

ドルコスト平均法のメリット
  • ビットコインの高値掴みを避けられる。
  • 下落相場でも恐れず買い増しができる。
  • スポット購入のための資金を残しておける。

相場に慣れないうちにビットコインを大量に買ってしまうのとても危険なことです。

高値掴みしてしまい、ビットコインの価値が下がってしまい大きな損をしてしまったり、価格が下がったので買おうとしたときに資金が残っていないことで、大きなチャンスを逃してしまこともあります。

そうならないように、例えば「毎週火曜日の朝8時に、2万円分のビットコインを買って半年で50万円程度を購入する」などのルールをきめて、ドルコスト平均法を実践しましょう。

「ドルコスト平均法」を利用することで、極端な高値掴みや買いのタイミングを逃すことがなくなるので、初心者のうちはこの方法をおすすめします。

もし、何かの拍子にビットコイン価格が急落した時には、残しておいたビットコインで一気に購入するというのも悪くありません。

 

初心者おすすめの仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

コインチェックは、初心者にも使いやすい操作の簡単なスマホアプリが強みです。

仮想通貨アプリダウンロード数No.1で、見やすさやユーザーインターフェースが他のアプリとは一線を画します

また、取扱通貨数が多いことも魅力の1つで、ビットコインのトレードに慣れてきてアルトコインのトレードもしてみたい人にはおすすめです。

\口座開設はこちらから/

 

DMMビットコイン

DMMBitcoin

DMMビットコインは、365日の充実したサポート体制がその魅力です。

初心者にはLINEを使ってすぐに問い合わせができるので安心です

またアプリもシンプルで使いやすく、販売所形式のみ対応なので、とりあえず仮想通貨を始めてみたいという人にはおすすめです。

\口座開設はこちらから/

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインは、東証一部上場企業GMOインターネットのグループ傘下の企業で、GMOクリック証券などが同じグループに所属しています。

そのためFXなどの金融分野に強みを持ち、金融サービスに抜群の安定感があります

将来的には、仮想通貨FXなどもやってみたい人にもおすすめです。

\口座開設はこちらから/

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

ビットフライヤーは日本初の仮想通貨取引所で、国内最大の取引量誇り、多くのユーザーが利用しています。

過去に盗難・ハッキング事件が一切発生したことがありません。

アメリカの仮想通貨取引所格付け会社sqreenに世界No.1と評されるほどで、セキュリティを気にする初心者にはおすすめです。

\口座開設はこちらから/

 

初心者のための仮想通貨取引所の選択基準

初心者が仮想通貨取引所を選ぶ基準は「操作性」「安全性」の2つです。

操作性を重視したい人は、見た目やユーザーインタフェースが優秀な「コインチェック」やシンプルで使いやすい「DMMビットコイン」をおすすめします。

安全性を重視したい人は、世界No.1と評されたこともある「ビットフライヤー」や東証一部上場グループ傘下の「GMOコイン」をおすすめします。

より安全に仮想通貨取引をしたいと考えている人はこの記事も参考にしてみてください。

ビットコイン取引にも慣れ始め、アルトコインや信用取引、FXなどに興味を持ったのであれば、次は「手数料」で仮想通貨取引所を選んでみるといいでしょう。

手数料については、何を重視するかによって選ぶべき取引所が変わってきます。

興味があればこの記事も参考にしてみてください。

まずは気になった仮想通貨取引所をいくつか選んで口座開設をしてみるといいでしょう。

実際に使ってみて、その中から自分に合った取引所を利用していきましょう。

 

ビットコインの始め方まとめ

今回はビットコインを始めてみたい人に向けて、1からビットコインの始め方について紹介してみました。

今回の記事をきっかけに、一人でも多くの人がビットコインを始めていただければと思っています。

ナルキスト
ビットコインはまだ発展途上で、これからもますます成長していくと思っています。
日本ではまだ、わずか2%の人しかビットコイン投資を始めていません。
機関投資家の参入を考えれば、アーリーアダプターとしての先行者メリットはまだまだ享受できる可能性が高いと考えられます。

\口座開設はこちらから/

 
なお、海外の取引所では、残念ながら詐欺や出金拒否などが頻発しています。
何も分からない状態からトレードを初めて、資金が10倍になった!と喜んでいたら出金拒否。
そのまま資金がなくなってしまうなんていう事もあります。

私もまだ取引を始めたばかりの頃は、苦い経験をしてきました。
自分の失敗を無駄にしないためにも、せめてこのサイトの読者だけでも勝って欲しい!のです。

そこで、弊メディアでは初心者向けに、海外仮想通貨や海外FXをマスターするためのロードマップを用意しました。
ぜひご覧下さい↓

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう