【これで完璧】Defiの始め方!どれくらい稼げる?仕組み・使い方紹介

ミンミン

今話題のDefi(ディーファイ)を始めてみたいな!

でも始め方が分からないよ・・・それにDefiって稼ぐ方法はあるの?

ナルキスト

Defiは初めて行う時はわからないよね。

Defiは分散型金融と言う意味で、大きく2種類の稼ぎ方があるんだよ!

じゃあ今回はDefiの仕組みと稼ぎ方、始め方を紹介していくね!

 

本記事は「Defiってそもそも何?」「Defiを活用して稼ぐ方法はあるの?」「どれくらい稼げるの?」という疑問が解決するような内容となっています。

ちなみにDefiを行うには、バイナンスが必須です。

始める前に口座開設をしておきましょう。

また、その前に仮想通貨の取引に自信がない方はこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨取引の失敗・成功のイロハが分かる記事となっていますので、初心者の方はこちらから読んでおくと理解が深まりますよ。

この記事のまとめ
  • Defiを行うには、バイナンスが必須
  • Defiの稼ぎ方は「関連銘柄への投資」「Defiを活用した流動性マイニング」などがある
  • 初心者はバイナンスとPancakeSwapを活用すると始めやすい

Defiを始めるならここ!/

Defiとは

Defiは分散型金融と言われ、様々なサービスをブロックチェーンを活用して提供する「金融サービスシステム」を指し、銀行や取引所、通貨の交換なども行うことが可能です。

Defiは従来の仮想通貨と違って、中央で人が管理せずに、それぞれ取引を行うことができるシステムとなっています。

今までは銀行を中心とした中央集権型のシステムを採用して資金を管理しており、銀行などに安全性・信頼性を担保してもらっていました。

しかし、ブロックチェーン技術の発達により、仮想通貨のやりとり・管理を人の介入なしで行うことができるようになったのが、Defiを始めとする「非中央集権型システム」となっています。

Defiはこの非中央集権型システムを活用し、金融資産など複雑に管理できるようにスマートコントラクトシステムを採用しています。

用語解説
スマートコントラクト:あらかじめ決められたプログラムを自動的に実行する機能。

スマートコントラクトを採用することで、銀行等が一切関与せずとも資金の複雑な移動が可能になりました。

ナルキスト

あらかじめ決められたプログラムを自動的に実行し、仮想通貨のブラックブロックチェーンシステムで信頼性を担保したのが、Defiってことだね!

Defiのメリット・デメリット

Defiのメリットとデメリットは以下の通りです。

始める前にDefiについて今一度、確認をしておきましょう。
Defiのメリット
  • 資産管理、やりとりなどが自分で行える
  • 第三者の介入がなく、取引も素早くなる
  • 手数料などを抑えることができる
Defiのデメリット
  • 第三者の介入がないため操作ミスは自己責任
  • 補填等はしてくれない
  • パスワードなどを忘れてしまうと、自分の管理する資産が消えてしまう可能性も

 

Defiの一例

Defiの1つとして挙げられるのが、DEXと呼ばれる分散型の取引所です。

通常バイナンスなどの仮想通貨取引所では運営会社が管理して仮想通貨を取引・売買するようになっていますが、DEXではDefiの技術を使うことで、取引所の内部に管理者を置かずに、匿名性を保ったまま個人間で取引できるようになっています。

DEXはPancakeSwapUniswapも分類され、DEXでは仮想通貨の売買だけでなく、仮想通貨を貸し出すレンディングサービスを利用してお金を稼ぐこともできます。

DEXについてはこちらから!

Defiで稼ぐ方法

Defiで稼ぐ方法は大きく以下の2種類に分けることができます。

  • Defi関連銘柄への投資
  • Defiサービスを利用して稼ぐ

ではそれぞれ詳しく解説していきます。

Defi関連銘柄への投資

Defiの関連銘柄は、2020年以降に話題を呼び、価格も急騰しています。

関連銘柄名サービス名上昇率(最安値と最高値比較) 
UNIUniswap14,900% 
CAKEPancakeSwap380%
SUSHISushiSwap4,885% 

ランラン
上昇率がとんでもないことに!
投資できてれば、すごい利益だったんだろうな・・・

 

価格の高騰は2021年の春頃に最高値更新している銘柄が多く、現在は価格が少し下がっている銘柄も見受けられます。(2022年2月現在)

ただ、利便性や安全性、匿名性が評価され、今後価格が上昇していくことも十分考えられます。

なので、Defiの関連銘柄を値下がりしている間に買っておくことで、急騰時、一気に利益を得ることも期待できます。

言い換えれば価格が下がっているときは、安く買うチャンスともいえるでしょう。

ナルキスト

関連銘柄を買って、価格が上がっていた時に売るのが、Defiで稼ぐ方法の1つだね!

仮想通貨の選び方のコツは、「将来性」や「話題性」を加味して選んでおくと選びやすいんじゃないかな?

 

仮想通貨の銘柄選びでお困りの方はこちらをご覧ください。

今話題のNFT銘柄を選ぶ際のポイントなどを解説しており、Defi銘柄を選ぶ際にも使えるコツが満載です。

 

Defiサービスを利用して利息で稼ぐ

こちらは、Defiサービスに資金を預け入れることで様々な利益を得る方法です。

サービスを活用することで、トレードをせずに資金を投入しておくだけで手数料がもらえるというメリットがあります。

銀行とDefiサービスの手数料は?

銀行:ユーザーが取引した手数料は、銀行がもらう仕組み

Defiサービス(PancakeSwapなど):ユーザーが仮想通貨を預けたときの手数料は、ユーザーで全員分配できる仕組み

つまりDefiサービスを利用して、自分の持っている仮想通貨を銀行のように預けることで、手数料を稼ぐことができるのがDefiの魅力といえます。

ミンミン

そっか!今までは銀行が信用を担保していて、手数料は管理する銀行が全てもらっていたけれど、Defiサービスでは管理者が私たち全員になるから、手数料がもらえるというわけね!

 

流動性マイニングの利回りは高額

DEXなどにコインを預け入れれば、市場に流動性を提供してくれたお礼として、配当がもらえます。

実際に、2022年2月時点で、PancakeSwapで提供されている年換算利回り(APR)をご紹介します。

  • USDT-BUSD 4.42%
  • USDT-BNB 23.24%
  • CAKE-BNB 36.85%

非常に高い利回りが提供されており、高いものだと200%を超えているペアもあります。

ミンミン

資金を増やすために慣れないトレードをやって、資金を減らすリスクが回避できるんだね!

ナルキスト

ただ、預け入れるコインの価格が変動することに注意が必要だね!

仮想通貨自体の価格が値下がりしてしまうと、受け取れる利益も減ってしまうからね!

これから始めるなら、最初はUSDTなどのメジャーな通貨を使ったものから始めるのがいいかもね!

Defi関連銘柄への投資方法

では、関連銘柄への投資方法をご紹介していきます。

始める前の準備として、

  • 国内取引所の口座
  • 海外取引所の口座

上記2つを用意しておきましょう。

STEP1:国内取引所で仮想通貨を購入

bitFlyer

最初に国内取引所で口座を開設しておきましょう。

取引所はこちらのサイトでもご紹介しているように、コインチェックや、ビットフライヤーなどがおすすめです。

口座開設ができれば、入金を行い、ビットコインなどを購入しましょう!

今回はビットコインで説明していきますが、イーサリアムやリップルなどでも可能です。

ただ関連銘柄の多くはビットコインで買えるものが多いため、最初はビットコインでの購入がおすすめです。

 

STEP2:バイナンスへ送金

次に、バイナンス口座を用意し、国内取引所で買ったビットコインを送金しましょう。

  1. バイナンスのビットコイン入金画面に表示されるアドレスを、国内取引所の出金画面に貼り付けます。
  2. 送金したい数量を入力し、送金ボタンを押せば完了です。

 

STEP3:バイナンスでDefi関連銘柄を購入

ビットコインが着金したら、関連銘柄を購入していきましょう。

銘柄を検索して「CAKE/BTC」などのビットコインとペアになっている通貨を選択し、数量を入力すればOKです。

主要な関連銘柄
  • UNI
  • COMP
  • CAKE

ミンミン

後は、値上がりしたら売却しようかな!
案外簡単だったから、一度慣れたらこれからはできそう!

 

Defiサービスを利用して稼ぐ方法

次にDefiサービスを利用する方法を、ここではPancakeSwapを使ってご紹介していきます。

他のサービスでも問題ないのですが、イーサリアムをメインで使っているものが多く、手数料が割高の場合が多いです。

PancakeSwapではガス代をイーサリアムではなくBNBで支払うため、手数料を比較的安く抑えられるというメリットがあります。

ナルキスト

ちなみにBNBは、バイナンスでしか売られていないよ!

必然的にバイナンスを使うことになるから注意してね。

 

STEP1:バイナンスへビットコインを入金する

先ほどと関連銘柄への投資方法と最初は同じです。

国内取引所でビットコインを購入し、バイナンスへ送金します。

 

STEP2:バイナンスでBNBを購入

先ほど関連銘柄を購入した方法と同じように、バイナンスへログインし、銘柄検索欄で「BNB」と入力して、購入したい数量入れて注文出せばOKです。

 

STEP3:MetaMaskでBNBを受け取るための環境を構築

ではMetaMaskを用意します。

この作業を行うことで、BNBが送金できるようになるため、必ず行っておきましょう。

MetaMaskはネット上でも利用でき、アプリもリリースされており、Defiなどを行う際に必須となるウォレットです。

  1. ダウンロードし、ウォレットを開設できたら、右上の①部分をクリックします。
  2. 「カスタムRPC」を選択し、以下の情報をそのままコピーして貼り付けます。

    • ネットワーク名¦BSC mainnet
    • RPC URL¦https://bsc-dataseed1.binance.org/
    • チェーンID¦56
    • 通貨シンボル¦BNB
    • ブロックエクスプローラーURL¦https://bscscan.com/
  3. 保存ボタンをおせば、BNBを送るためのネットワーク(Binance Smart Chain)が自動的に構築されます。

 

STEP4:MetaMaskへBNBを送金

環境が構築できたら、バイナンスからMetaMaskへ送金します。

  1. バイナンスへログイン後、「ウォレットの概要」→「BNB」→「出金」の順でクリックします。
  2. 下記、2点に注意しながら、出金したい数量を入力し、出金しましょう。
    • ネットワークは必ず「Binance Smart Chain」を選択
    • 受取人はMetaMaskのウォレットのアドレスを貼り付け

なおMetaMaskにログインすれば、アドレスが確認できますので、そちらをコピーしておきましょう。

 

STEP5:PancakeSwapとMetaMaskを接続

MetaMaskに着金していれば、最後にPancakeSwapとMetaMaskを接続しましょう。

接続が終われば、PancakeSwapで様々な機能が利用できるようになります。

  1. PancakeSwapへアクセスし、「Conect Wallet」ボタンからMetaMaskをクリックします。

  2. MetaMaskの確認画面をクリックし、接続完了です。

無事に接続が完了すると、PancakeSwap側の右上にMetaMaskのアドレスが表示されるようになります。

 

STEP6:PancakeSwapで様々なサービスを利用する

接続まで完了できれば、後はプールや流動性マイニングなどのサービスを利用し、仮想通貨を稼いでいきましょう。

PancakeSwapの詳しい使い方は、DEXの解説記事内でご紹介しています。

ナルキスト

どうだったかな?慣れていけば、すぐにDefiを始められるようになるよ!

PancakeSwapでは手数料のBNBが必要だから、メタマスク内のウォレットに少しBNBを残してサービスを利用してね!

 

Defiでどれくらい稼げる?

ミンミン

実際にどれぐらいDefiで稼げるのかな?

イメージがつかないよ・・・!

ナルキスト

じゃあ例としてPancakeSwapを使った場合の利益を計算してみよう!

1年間100万円を投資した場合、以下のように増加します。

  • USDT-BUSD(APR4.42%)→ 約4万円の利益
  • USDT-BNB(APR23.24%)→ 約23万円の利益
  • CAKE-BNB(APR36.85%)→ 約36万円の利益

 

もちろん投資する額によって、増加する金額は異なりますが、それでも銀行に預けるよりもはるかに高い利子で受け取ることができます。

ただし利回りは変動していくため、必ずしもこの通りになるわけではありません。

おすすめDefi銘柄

では関連銘柄のおすすめをご紹介していきます。

UNI

日本人からも親しまれ、取引量もトップクラスのUniSwapというDEX(分散型取引所)内で使える通貨となっています。

UNIは2020年9月に登場したコインで、一時は1,500円の値段をつけ、その後4,000円近くまで上昇している勢いのある銘柄です。

UniSwapについてはこちらの記事でご紹介しています。

 

 

CAKE

PancakeSwap内で使える通貨で、PancakeSwapは年率も高く、UniSwap同様人気のDEXとなっています。
手数料が安く、初心者も始めやすいことからCAKE自体の需要も高まっていく可能性がある通貨です。

 

Defi関連銘柄が取引できるおすすめ取引所

では、Defi関連銘柄が取引できるオススメの取引所をご紹介していきます。

バイナンス(Binance)


バイナンスは最も知名度の高い海外仮想通貨取引所です。

日本語にも対応しており、取り扱い銘柄数は圧倒的で、今も増え続けています。

アプリもリリースされ、仮想通貨初心者でも非常に使いやすく、始めやすい取引所と言えるでしょう。

ナルキスト

Defiの活用時、避けて通れない取引所といえるね。

様々な仮想通貨プロジェクトはバイナンスを経由して参加することも多いんだ!

bybit

bybitは出金面など安全性に配慮された、人気の海外仮想通貨取引所です。

ほぼ毎月ボーナスキャンペーンが行われており、ボーナスを活用したトレードができるというメリットがあります。

また日本語のサポートも充実しており、「国内取引所と同じような感覚で取引ができる」と言われるほど使いやすい取引所です。

bybitのボーナスについてはこちら

Q&A

Defiは稼げる?
手数料を抑えて取引を行えば、年率などが高いため、稼げるチャンスが多い分野といえます。
ただし、まだ発展途上の分野ですので、少額から始めることをおすすめします。
リスクはある?

仮想通貨と同様に、通貨の価値が下がるリスクがあります。その他に操作ミス等を起こしてしまうと、資金が取り出せなくなる可能性もあるため、必ず操作方法などを確認してから始めるようにしましょう。

操作方法などが不安な方は、こちらの記事などで紹介している方法を確認して行いましょう。

Defiの始め方まとめ

今回はDefiの始め方についてご紹介していきました。

Defiは2020年から一気に話題となった分野です。

今後もさらに発展して行く可能性の高い分野ともいえるため、この機会にDefiを始めてみてはいかがでしょうか?

Defiを始めるならここ!/

当サイト経由の口座開設で、オリジナルEAを無料プレゼント中【数量限定】

EAの1年間のバックテストの結果

  1. 月利13%(2020年4月から2021年4月までの1年間の実績。100万円開始で、1年間の利益は150万円。獲得したpipsは11,151pips)
  2. 11年間高勝率で安定的に資金が増加(2010年8月〜2021年4月実績)
  3. 5万円から動作(ただし20万円以上を推奨)
  4. 13種類の通貨ペアで動作
    AUDCAD, AUDJPY, AUDUSD, EURGBP, EURJPY, EURUSD, GBPCAD, GBPJPY, GPBUSD, NZDJPY, NZDUSD, USDCAD, USDCHF
  5. 1日平均16回の取引(2020年の総取引数の実績は4,000回)。取引回数が多いので、XMのポイントがかなり貯まります

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう